薬剤師転職サイトを使わない転職活動はNG【失敗する3つの理由】
q

転職を考えている薬剤師

薬剤師転職サイトや転職エージェントを使わないで転職することもできますか?

わざわざ使わなくても転職できるなら、その方が自分のペースで転職活動できるかなと思って。

電話とかメールのやり取りも面倒そうだし……

pharma

薬剤師転職サイト・エージェントを使わなくても転職はできますが、その転職は確実に失敗します。

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトへの登録は必須です。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
薬剤師転職サイトを使わない転職方法もありますが、その転職は確実に失敗します。

なぜなら、もっと良い条件の求人を見逃しているから。

情報不足は転職失敗の最も大きな要因です。無料でたくさんの情報を得られる薬剤師転職サイトを使って転職することをおすすめします。

私自身がそうでしたので、断言できます。あなたには転職に失敗して欲しく無いので強めに言ってますよ!

転職で後悔したくない方はこちらもご覧ください。

薬剤師転職サイト・エージェントを使わない転職活動がNGである3つの理由

薬剤師転職サイト・エージェントを使わない転職活動がNGである3つの理由

薬剤師転職サイト・エージェントを使わない転職活動はNGです。

その理由は3つあります。

薬剤師転職サイト・エージェントを使わない転職活動はNGである3つの理由

  • 求人情報を収集する力が圧倒的に足りない
  • 応募先の情報が不足しているので後悔しやすい
  • 不採用になる可能性が高い

一つずつ詳しく説明していきましょう。

求人情報を収集する力が圧倒的に足りない

薬剤師転職サイトを使わないで転職活動をすると、求人情報を集める力が圧倒的に不足します。

というのも、あなたがネット検索等で触れられる求人数には限度があるからです。

ネットで検索して、良さそうだなと思って応募という流れでも転職はできるでしょう。

でもその求人はあなたにとって、本当に理想通りのものでしょうか。

他にもっと多くの、ネット上には出ていない求人がたくさんあるのをご存じですか?

こういったネット上に出ていない求人(非公開求人)に触れていない転職活動は確実に失敗します。

応募先の情報不足

Webサイトや求人票の情報を信じて転職すると失敗します。

その情報は実情が反映されていないからです。

気になる求人を見つけたら、その職場についてどのように調べますか?

おそらく、この程度の調査で終わってしまうのではないでしょうか。

  • 薬局のWebサイトを見る
  • 本社(親会社)のWebサイトを見る
  • 口コミを検索する
  • 薬局機能情報で検索する
  • 薬局の近くを周ってみる

それで本当に大丈夫だと思いますか?

本当に知りたいことがわかるでしょうか?

  • 薬剤師の男女比
  • 薬剤師の年齢層
  • 事務の人数
  • 毎月の残業時間
  • 有給休暇取得率
  • 薬局の雰囲気

これはどこにも書かれていません。

自社のWebサイトにマイナスの事は書きませんよね?

それを真に受けて信じてしまうと、あとから痛い目を見ます。

求人票についても同じこと。

求人票に書かれていることは嘘ではないが、正しくもないというのが本当のところです。

 

不採用になる可能性が高い

薬剤師転職サイト・エージェントを使わないと、面接や試験で不採用になる可能性が高まります。

その理由は、募集している薬局ではどんな薬剤師を必要としているかがわからないから。

例えば、即戦力が欲しいという薬局に調剤経験の無い薬剤師が応募しても落とされます。

現在のスタッフと近い年齢の薬剤師が欲しいと思っている薬局に年齢から外れた薬剤師が応募しても落とされます。

Webサイトの薬剤師採用情報や薬剤師求人票には書けないこともたくさんあるのです。

現状、採用する側がどんな薬剤師を欲しがっているのかを知るには薬剤師転職サイトの利用するしかありません。

薬剤師転職サイト・エージェントを使わないと転職に失敗しやすい

薬剤師転職サイト・エージェントを使わないと転職に失敗しやすい

薬剤師が転職を成功させたいなら、転職サイトを利用すべき。私の体験から断言します。

1回目の転職では薬剤師転職サイトを使いませんでした。

その結果、こんなことが起こりました。

薬剤師転職サイト・エージェントを使わないで転職をしたら起きたこと(実際の体験)

  • 自分の知っている範囲での薬局しか候補にあがらなかった
  • 給与交渉や条件交渉がうまくできなかった
  • 年収など、条件の相場観がわからないままだった
  • 転職先を効率的に探せなかった
  • とにかく情報不足だった
  • 求人票に書かれているが、本当のところがわからなかった(実は嘘だった)
  • 相談する人がいない
  • 自分が本当は何を求めているのかがわからなかった

薬剤師転職サイトを使わないで転職した結果はもちろん、大失敗。

そこで何とか1年ちょっと我慢しましたが、もう無理。

2回目の転職を決心しました。

2回目の転職の時には、真っ先に薬剤師転職サイト・エージェントに登録をしました。

薬剤師転職サイトに登録して転職に成功した

薬剤師転職サイトに登録した翌日だったでしょうか。

さっそく、電話が来ました。

どんな薬局で働きたいのか、希望年収、勤務時間、勤務地などの希望条件をおおまかに聞かれます。

するとまずはメールで10件程度の求人を紹介してくれました。

さらに、直接会って面談をしに事務所まで出向き、約1時間程度面談をしました。

これで、自分が目指す薬局の方向性が見えた気がしました。

pharma

コンサルタントと直接会って話すのってほんとうに大事ですね。

面談で初めて知ったのですが、一番大変であろう「給与の交渉」などもすべて転職コンサルタントが代理で行ってくれると聞いてびっくり。

残業の有無や有給の取りやすさなど、聞きづらいけど絶対に確認しておかなくてはいけないことも転職コンサルタントが代わりに聞いてくれました。

pharma

1回目の転職の時から使っておけば良かったと、今でも思います。

もちろん転職は大成功。今でもその会社で働き続けています!

薬剤師転職サイトの利用は、転職を考えている薬剤師全員にオススメです。

薬剤師転職サイトに登録するためには、個人情報を入力が必要ですが、プライバシーマークを取得して薬剤師転職サイトなら安心です。

 プライバシーマークを取得している薬剤師転職サイト

\保有求人数最大/

\あなたの希望をしっかり聞いてくれる/

\転職サポート27年の実績/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。


 薬剤師転職サイトに登録して希望の薬局を紹介してもらうときの注意点
自分の希望通りの薬局がすぐにみつかるとは限りません。

転職しようかどうか迷っているのであれば早めに登録しておきましょう。

登録を後回しにすると、求人の紹介も後回しになってしまいます。

条件の良い求人情報はすぐに採用者が決まってしまいます。早いうちから動いておくことが転職を成功する秘訣です。




薬剤師転職サイトへの登録は下記のリンクから。
約60秒ほどで登録が完了します。登録はすべて無料。情報提供時や転職後に費用請求されることは一切ありません。

転職希望の薬剤師は全て無料です。

\保有求人数最大/

\あなたの希望をしっかり聞いてくれる/

\転職サポート27年の実績/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

q

薬剤師転職サイトに登録したほうがいいのはわかりました。

でも使わないで転職する方法も一応教えてください。

pharma

どうしても薬剤師転職サイトを使わないで転職したいなら、以下の方法があります。

薬剤師転職サイト・転職エージェントを使わないで転職する7つの方法

薬剤師転職サイト・転職エージェントを使わないで転職する7つの方法。オススメしません。

先程も書いたように、薬剤師転職サイト・転職エージェントを使わなくても転職はできます。

ですが、情報不足による失敗や後悔をする可能性がありますので、私はおすすめしませんが一応7つ紹介しておきます。

薬剤師転職サイト・転職エージェントを使わないで転職する7つの方法

  • 薬剤師が自ら持っている人脈に頼って転職先の薬局を探す
  • 各薬局のホームページから求人情報を探してエントリーする
  • ハローワークで薬剤師の求人情報を探す
  • 医薬品卸の担当者から薬局の情報をもらって転職先の薬局を探す
  • 新聞の求人折り込みで転職先の薬局を探す
  • 新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探して転職する
  • 薬学系雑誌に掲載されている求人情報から転職先の薬局を探す

薬剤師が自ら持っている人脈に頼って転職先の薬局を探す

薬剤師が転職先を探すときに、自らの人脈に頼りすべて自力で行うという方法があります。

 こういう薬剤師に向いています
友人・知り合いが多い薬剤師、行動力のある薬剤師、近隣の薬局に転職を考えている薬剤師

たとえば大学の同期に薬局に勤めている人はいませんか?連絡を取ってみて、薬局の評判を聞いてみるのも良いでしょう。

また、薬剤師会主催の勉強会や集まりで知り合いになった近隣薬局の薬剤師に話を聞いてみるのも良いと思います。

SNS(facebookやTwitterなど)で薬剤師の知り合いがいれば情報をもらえることもあるでしょう。

 人脈に頼って転職先を探すときの注意点
その薬局の薬剤師に強く誘われるときには要注意です!!

自分が辞めるつもりで後釜を探している可能性や、だれか入社させるともらえる報奨金目当ての場合もあります。

信頼できる仲である場合のみ話を聞きましょう。

また、すべて自力で行った場合は情報を得られる範囲が限られてしまいます。近隣の薬局に転職を考えているのであれば有用な方法にもなりますが、別の地方の薬局を探すには向いていない方法です。

各薬局のホームページから求人情報を探してエントリーする

自力で各薬局のホームページから情報を得て、エントリーするという方法もあります。

 こんな薬剤師に向いています
大手・中規模チェーン調剤に転職を考えている薬剤師、ネットを用いた情報収集が得意な薬剤師、自己アピールがうまい薬剤師、交渉術に長けている薬剤師

パソコンやスマートフォンで自分の好きな時に情報を検索することができ、自分のペースで転職活動を進めることができます。面接まではどこかに出向くといったことがないため、仕事でなかなか休みが取れない薬剤師でもこの方法は使えます。

 ホームページから求人情報を探してエントリーするときの注意点
自力で薬局各社のWEBサイト(ホームページ)から情報収集していくのは大変労力と時間がかかります。また、WEBサイトを作成していない薬局の情報は得られません。

WEBサイトはその会社(薬局)が作成しています。さすがに嘘は書かれていないでしょうが、表面上の情報しか得られない場合が多いので注意が必要です。

薬剤師の給与に関しては、「※経験及び当社規定により優遇」といった記載が多く、本当のところどうなの?といった生の情報はWEBサイトだけでは得られないでしょう。

エントリーすれば、連絡が来て面接という流れになると思いますが、詳細な条件提示や給与の交渉、聞きづらいことは面接時にすべて自分でクリアにしていかなければなりません。

すべて自分で交渉できる薬剤師ならこの方法が良いと思います。

ハローワークで薬剤師の求人情報を探す

ハローワークに通って自分の希望の薬局の求人情報を探すという方法があります。
薬剤師を採用したい場合、多くの薬局はまず最初にハローワークに求人を出します。

そして応募があった時に(パート薬剤師の場合はある程度の人数になったところで)面接を行い、採用するという流れになります。採用者が決まり次第、ハローワークの求人は取り下げます。

 こんな薬剤師に向いています
近所の薬局で働きたい薬剤師、すぐにでも働き始めたい薬剤師、常勤ではなくパートで働きたいと考えている薬剤師。

あなたがお住まいの地域の薬局を探す場合で、特に早く職場を決めたい場合はハローワークの求人情報が一番強いと思います。

 ハローワークで薬剤師の求人情報を探すときの注意点
自分が働きたいと思ったときに、条件を満たす求人があるかどうかはハローワークに行ってみないとわからない。

給与の交渉は難しい(求人情報に掲載された内容通りになる)。経験等で優遇となっていれば交渉できるがすべて自分で行わなくてはいけません。

医薬品卸の担当者から薬局の情報をもらって転職先の薬局を探す

医薬品卸の担当者から薬局の情報をもらって転職先の薬局を探す、もしくは卸さんに薬局を紹介してもらう

卸さんは直接その薬局に出入りしているため、そこではどういう薬剤師が働いているか、薬局雰囲気はどうか、忙しさはどんな感じかなどの「生の情報」を得ることが可能です。

さらに、卸さんは各薬局の支払い状況を把握しています。経営が危ない場合は、支払いサイトを短くするか、売掛金の額に制限をかける場合があります。

薬局の大まかな経営状態を把握していることも強みでしょう。

 こんな薬剤師に向いています
今働いている薬局の近くで転職先を探そうと考えている薬剤師

 医薬品卸の担当者からの情報で転職先の薬局を探すときの注意点
紹介してくれた薬局が実はその卸が経営している、もしくは傘下の薬局という場合もあります。セールストーク(勧誘)には十分気を付けてください。

現在仕事をしていない薬剤師にとっては卸さんとの付き合いはないでしょうからこの方法は使えないでしょう。

新聞の求人折り込みで転職先の薬局を探す

日曜日の新聞折り込みにはその地域の求人情報が入ると思います。その中で薬局の求人情報を探して転職する方法です。

 こんな薬剤師に向いています
近所の薬局で働きたいと思っている薬剤師

 新聞の求人折り込みで転職先の薬局を探すときの注意点
自分が希望する勤務地や条件の求人情報が載っている確率は低いです。

また、求人情報だけでは得られる情報が少なすぎるため、詳細は面接時に自分で確認しなくてはいけません。給与の交渉等すべて自分で行う必要があります。

新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探して転職する

新聞の広告欄にはごくまれに薬局の求人情報が掲載されていることがあります。この情報をもとに転職活動をする方法です。

 こんな薬剤師に向いています
特になし

 新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探すときの注意点
自分が希望する勤務地や条件の求人情報が載っている確率はゼロに等しいです。 この方法だけで転職先の薬局を探すことはほぼ無理でしょう。

薬学系雑誌に掲載されている求人情報から転職先の薬局を探す

薬剤師向け雑誌には薬局の求人広告が掲載されている場合があります。

この情報をもとに転職先の薬局を探す方法もあります。

その広告の情報から転職先の薬局を探してもよいですが、注意点があります。

それはあくまでも広告だということ。当然良い事しか書かれていません。

薬剤師向け雑誌から転職先の薬局をさがすのであれば「求人広告」ではなく、各薬局の取り組みなどの紹介記事を参考にしましょう。

これは広告ではなく本当の内容です。

求人広告よりもそちらの情報のほうが転職先を探すうえでは参考になると思います。

 こんな薬剤師に向いています
特になし。

非効率的なのでお勧めしません。

この方法で転職する薬剤師はどのくらいいるのでしょうか。

薬学系雑誌から転職先を探す際の注意点
自分が希望する勤務地や条件の求人情報が載っている確率はゼロに等しいです。

この方法のみで転職先の薬局を探すことは大変非効率です。

薬剤師の求人広告ではなく、薬局の紹介記事の方を活用しましょう。

薬剤師が使わない方がいいのは大手総合転職サイト

転職サイトを使った方が良いのですが、どこでも良いというわけではありません。

使うべきは薬剤師のみの求人を扱っている専門の転職サイトです。

リクルートエージェントやdodaなどの大手総合転職サイトは使わない方がいいです。

大手総合転職サイトを使わない方がいい理由

  • 薬剤師求人の選択肢は限られる
  • 担当者は薬剤師業界に詳しくない

薬剤師求人の選択肢は限られる

リクルートエージェントやdodaなどの大手総合転職サイトは、あらゆる職種の求人を扱っています。

全体の求人数は多いのですが、薬剤師に限ると多いとは言えません。

というのも、薬剤師を採用したいと考えている薬局や病院、ドラッグストアは大手総合転職サイトには求人を出さないからです。

求人を出すのは薬剤師専門の転職サイト。

だから薬剤師が転職するなら、薬剤師専門の転職サイトに登録すべきなのです。

担当者は薬剤師業界に詳しくない

大手の総合転職サイトにも薬剤師の求人が無いわけではありません。

仮に、そこから申し込もうとしても担当者は薬剤師の業界に詳しい事はまずないでしょう。

薬剤師の求人の割合は少ないからです。

扱う件数自体も少ないでしょう。

詳しい情報を知りたいと思っても求人票に書かれている以上のことはわからないのが実情です。

薬剤師の求人について詳しい情報を知りたいなら、薬剤師業界に精通したコンサルタントが在籍している薬剤師専門の転職サイトを使いましょう。

使わない方がいい薬剤師転職サイトの特徴

薬剤師専門の転職サイトを使いましょうと書きましたが、薬剤師専門の転職サイトならどこでも良いというわけではありません。

薬剤師が使わない方がいい薬剤師転職サイトもあります。

その主な特徴は以下の通りです。

  • 保有している求人数が少ない
  • コンサルタントの質が悪い
  • 公開求人しか紹介してもらえない
  • SNSや口コミでの評判が悪い

保有している求人数が少ない

保有している求人数が少ない薬剤師転職サイトは使わない方が良いでしょう。

保有している求人が多い転職サイトと少ない転職サイトを比べたら、保有求人数が多い転職サイトのほうが希望に合う求人が見つかる可能性が高いのは明らか。

職種によっても求人が多い場合、少ない場合とがありますので、希望の職種の保有求人数が多い薬剤師転職サイトに登録しましょう。




コンサルタントの質が悪い

薬剤師転職サイトのコンサルタントの中には能力に疑問がつくような方もいます。

転職先についての希望を伝えても「ありません」と即答して、探そうともしないコンサルタントも存在しています。

探そうともしないコンサルタントにお願いする意味はありません。

コンサルタントを変えてもらうか、別の薬剤師転職サイトに登録しなおしましょう。


公開求人しか紹介してもらえない

薬剤師転職サイトの多くは非公開の求人を多数保有しています。

ネットの求人検索では出てきません。

好条件の求人は非公開になっていることが多いです。

公開されている求人しか紹介してもらえないような転職サイトは使わない方がいいでしょう。

 

SNSや口コミでの評判が悪い

SNSや口コミでの評判が悪い薬剤師転職サイトも使わない方がいいでしょう。

匿名なので信じすぎるのもよくないですが、火のない所に煙は立たぬとも言います。

SNSや口コミでの評判は参考程度に。


薬剤師転職サイト・エージェントを使わない方がいい薬剤師

薬剤師転職サイト・エージェントを使わない方がいい薬剤師とはどのような方を言うのでしょうか。

大部分の薬剤師は薬剤師転職サイト・エージェントを使った方がいいのですが、中には使わない方がいい薬剤師もいます。

薬剤師転職サイト・エージェントを使わない方がいい薬剤師

  • すでに転職先を決めている
  • 他社から誘われている(ヘッドハンティング)
  • 薬剤師転職サイトに求人を出していない会社へ転職したい

すでに転職先を決めている

すでに転職先を決めている薬剤師なら、わざわざ転職サイトを使わなくても大丈夫でしょう。

但し、その転職先に採用されるかどうかは別問題。

いくらこちらがその薬局へ転職したいと言っても、採用されなければ意味がありません。

他社から誘われている(ヘッドハンティングを受けている)

ヘッドハンティングというと聞こえが良いですが、要は直接他社の社長などから誘いを受けている場合です。

薬剤師会に入っているとよくある直接の勧誘。

信頼できる社長からの誘いなら転職エージェントを通さず転職しても問題ないでしょう。

ヘッドハンティングやスカウトを使って薬剤師を採用する会社は稀です。

薬剤師転職サイトに求人を出していない会社に転職したい

薬剤師転職サイトに求人を出していない会社もごくまれに存在します。

絶対この会社に転職したいと決まっているなら転職サイトを使う必要はありませんが、求人は出ているものの非公開になっていることもあります。

求人が出ていないからといって、すぐに直接応募するのはやめたほうがいいでしょう。

薬剤師転職サイトを使わない転職活動はNG【3つの理由】まとめ

薬剤師転職サイトを使わない転職活動はNG【3つの理由】まとめ

まとめ

  1. 薬剤師転職サイトを使わない転職は失敗する可能性が高い
  2. 薬剤師が転職するなら薬剤師専門の転職サイトをつかうこと。大手総合転職サイトは使わない。
  3. 薬剤師専門の転職サイトでも、コンサルタントの対応が悪ければ別の薬剤師転職サイトに変えた方が良い。
pharma

薬剤師転職サイトを使った転職をすることを強くおすすめします。

転職に失敗するときついですよ。

変な薬剤師と毎日一緒に働けますか?

もし、個人情報の登録が不安で薬剤師転職サイトを使いたくないと思っているなら、プライバシーマークを取得しているこの3社がおすすめ。

\保有求人数最大/

\あなたの希望をしっかり聞いてくれる/

\転職サポート27年の実績/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

どこかの個人薬局に履歴書を送るよりもよっぽど安全です。