薬剤師が転職で後悔しないための8つの注意点【転職で後悔した薬剤師も大丈夫】
womensuit2nayami

転職したことを後悔している薬剤師

この前転職したのですが、前の薬局の方がまだよかったと後悔しています。

完全に転職に失敗しました。

私はこれからどうすれば良いのでしょうか?

q

転職で後悔したくない薬剤師

薬剤師の友人が転職したことを後悔していて、本当につらそうです。

転職で後悔しないためにはどうすればよいのでしょうか?

薬剤師になったことを後悔していて、薬剤師を辞めたいと思っている方はこちらをどうぞ。

薬剤師が転職を後悔する原因は様々。

  • 転職したものの、思っていたのと違った・・・。
  • 転職活動中に聞いていた話と全く違う・・・。
  • 入社時の約束が全く果たされていない・・・。
  • ゆったり勤務できると聞いていたのに激務・・・。

このような理由で転職したことを後悔している方もいるのではないでしょうか。

実は、転職したことを後悔している薬剤師は、次の転職で大成功するというジンクスがあります。

なぜなら、一度転職に失敗している薬剤師はそこから多くの事を学んでいるからです。

同じ失敗をしないようにすれば、次のあなたの転職は成功することでしょう。

pharma

私も1回目の転職は大失敗で後悔しました。

2回目にはあらゆる点に気を付けて転職活動をした結果、転職に成功しました。

そして、今の薬局で働き続けています。

また、これから初めて転職をするという方は、絶対に後悔はしたくないと思っていることでしょう。

pharma

この記事で解説する『薬剤師が転職で後悔しないための8つの注意点』を知っておけば、あなたは転職で後悔することは無いでしょう。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

 本記事の内容
この記事では次のことがわかります。

この記事を読んで正しい転職活動方法を理解していただければ、あなたの次の転職は必ず成功します。

結論
転職したことを後悔しているあなたが今すぐやるべきことは、次の転職の準備です。

これから初めて転職をするあなたは、この『薬剤師が転職で後悔しないための8つの注意点』を意識して後悔の無い転職を成功させましょう。

  • あなたの希望条件に優先順位をつける
  • 絶対に嫌という条件にも順位をつける
  • この条件をぶらさない
  • なるべく多くの求人に触れる
  • なるべく多くの職場を見学する
  • 今の職場と転職先を冷静に客観的に比較する
  • 思い込みを排除して徹底的に確認する
  • 約束事は文書で。口約束は絶対ダメ

薬剤師が転職で後悔しがちなこと

薬剤師が転職で後悔しがちなこと

転職した薬剤師が後悔するのはどういった点が多いのでしょうか。

これから転職をするあなたにとって、薬剤師が転職で後悔しがちな事を知っておくのは大事なことです。

薬剤師が転職で後悔しがちなことは主に次の4つ。

薬剤師が転職で後悔しがちなこと

  • 求めていたものが転職をしても得られなかった
  • 今まであったもの(事)が無くなった
  • 当初希望していないことが転職後に不満として出てきた
  • 転職した後に状況が変わった

転職に求めていたものが得られなかったから

転職を後悔している薬剤師の最も多い理由は、


『求めていたものが転職をしても得られなかったから』です。

転職することで解決しようとしていた問題が、全く解決しなかったということです。

例を挙げてみましょう。

  • 年収アップを目的に転職したのに、実は給料が思ったよりもらえなかった
  • 休みが取れなくて困っていたから転職したのに、実は休日出勤が多かった
  • 長時間労働が嫌で転職をしたのに、実は転職先でも残業が多かった
  • 人間関係が嫌で転職をしたのに、転職先の管理者や先輩薬剤師の癖が強く、人間関係が悪かった
  • 未経験・ブランク有でも可と言っていたのに、仕事を全然教えてくれない

問題を解決させるために転職をしたのに解決されなかったら、誰だって転職したことを後悔しますね。

今まであったもの(事)が無くなったから

後悔した理由の2つ目は、今まであったもの(事)が無くなったからです。

あらかじめ無くなることがわかっているなら後悔はしないはずですね。

しかし、『どこの会社転職したってきっとそれはあるはず』と思い込んでしまうと、薬局見学などで確認をすることはしないでしょう。

転職先で働き始めてから失って初めて気づく大切さを知り、『こんなはずではなかった』と後悔をするのです。

「それ」の具体例についてはこちらをご覧ください。

当初希望していなかった点が不満として出てきた

当初希望していなかった点が不満として出てきた

次に多い後悔のパターンは、『当初希望していなかった点が不満として出てきた』です。

具体例を挙げてみましょう。

  • 年収アップや残業なしを希望して転職。その点は実現できたものの、薬局内の人間関係が悪くて後悔している。
  • 人間関係が嫌で転職。転職先の人間関係はとても良いが、業務が忙しすぎて後悔している。

これについては、転職してから気づく部分です。事前にあらゆる希望を挙げておかないと後悔してしまう例です。

転職した後に状況が変わった

転職後に状況が変わってしまい後悔をしている

もう一つは、『転職後に状況が変わってしまい後悔をしている』パターンです。

こちらも具体例を挙げてみます。

  • 転職後に別の会社と合併して制度が大きく変更されてしまった
  • 転職後に管理者が変わってやりづらくなった
  • 転職後に薬剤師が異動してきて人間関係がおかしくなった
  • 転職後に薬剤師が続けて退職して忙しくなった

転職活動中ではわからなかったことですから、こればかりは避けようがありません。

仕方ない、運が悪かったと割り切るしかないでしょう。

転職を後悔している薬剤師が今やるべきこと

転職を後悔している薬剤師が今やるべきこと

転職を後悔している薬剤師が今すぐやるべきことはこの3つです。

 転職を後悔している薬剤師が今すぐやるべきこと

気持ちを切り替える

いつまでも転職したことを後悔をしていても仕方ありません。

気持ちの切り替えが必要です。

なぜなら、後悔したまま今の仕事をしてもあなたのためにはならないから。

前の職場の方が良かったと、いつまでも後悔しても何も得をしませんね。

もう後悔するのはやめて、次の転職で成功するというイメージを持つようにしていきましょう。

ちなみに、転職するなら早い方が良いです。

  • せっかく転職したのだから、1年くらいは頑張らないといけない
  • すぐ転職するのは申し訳ない

短期間のうちに転職をするのは良くないと思っているのなら、その考えはすぐに捨ててください。

後悔しているような職場で1年もの時間を無駄にするのは、あなたのためにはなりません。

正しい転職活動方法を理解する

すでに転職で後悔している方は、同じ方法で転職をするのはやめて、正しい転職方法を行いましょう。

また、初めて転職をするという方も正しい方法・手順で転職活動を行ってください。

薬剤師のための正しい転職方法はこちらにまとめました。

転職活動を開始する

正しい転職活動の方法がわかったら、次は転職活動を始めます。

前回利用した薬剤師転職サイトを使うのはやめましょう。

その転職サイトはあなたのニーズに合致した求人を紹介できなかったという事。

希望の聞き取りがまずかったのか、求人の紹介がまずかったのかはわかりませんが、同じ薬剤師転職サイトを使ってはいけません。

別の転職サイトに新たに登録して転職活動を始めましょう。

当サイトイチオシの薬剤師転職サイト

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

薬剤師が転職で後悔しないために必要な8つの注意点

薬剤師が転職で後悔しないために必要な8つの注意点

薬剤師が転職で後悔しないために必要な8つの注意点

  • あなたの希望条件に優先順位をつける
  • 絶対に嫌という条件にも順位をつける
  • この条件をぶらさない
  • なるべく多くの求人に触れる
  • なるべく多くの職場を見学する
  • 今の職場と転職先を冷静に客観的に比較する
  • 思い込みを排除して徹底的に確認する
  • 約束事は文書で。口約束は絶対ダメ

この8つのポイントが転職で後悔しないためには絶対に必要です。

あなたの希望条件に優先順位をつける

薬剤師の転職希望条件には優先順位をつけること

転職先の希望条件はたくさん上がると思いますが、そこにしっかりと優先順位をつけましょう。

優先順位は人それぞれです。

休みの取りやすさを希望する人もいれば、残業の少なさを優先させる人もいるでしょう。

優先順位をしっかりと決めておくという事が大切です。

希望条件優先順位の例。

  1. 人間関係の良さ
  2. 休みのとりやすさ
  3. 残業の少なさ

これだけで転職の後悔を避けられるという人もいるかもしれませんが、それだけでは足りません。

その逆も必要です。

絶対に嫌という条件にも順位をつける

転職する時に希望する条件はほとんどの薬剤師が考えるのですが、これだけは嫌と言う条件を考える薬剤師は少数派です。

ここは妥協できないという点についてもしっかりと考えておきましょう。

希望条件だけでなく、これだけは絶対に嫌という条件も優先順位をつけて挙げてください。

具体的には、こんな感じです。

  1. 年収ダウンは嫌
  2. 通勤時間30分以上は嫌
  3. 全国転勤・異動があるのは嫌
  4. 1人薬剤師は嫌
  5. 女性の管理薬剤師は嫌

希望する条件を満たしていたとしても、これだけは嫌という条件も同時に満たしてしまうとその転職は確実に後悔します。

希望条件・避けたい条件を転職活動中にブレないようにする

転職活動をしていると、当初決めていた条件から違う方向に行ってしまうことが良くあります。

あの薬局はこんなことに取り組んでいる。

この薬局の研修はとても魅力的。

薬局見学をしていくと目移りしてしまうのは仕方のないことです。

ですが、本当にあなたが求めている条件でなければ思い切って切り捨てる勇気が必要です。

本当に求めていることが満たされない転職は、必ず後悔するからです。

あなたが本当に求めている条件、これだけは絶対に嫌という条件。

この条件を転職活動終了までぶれずに貫きとおすこと。

なるべく多くの求人に触れる

なるべく多くの求人に触れる

3薬局の求人から選ぶのと20薬局の求人から選ぶのとでは、あなたの希望条件通りの薬局が見つかる可能性はどちらが高いでしょうか。

もちろん20薬局の求人から選ぶ方ですね。

より多くの薬剤師求人に触れた方が希望通りの薬局が見つかるのは間違いありません。

自力で薬剤師求人を探すより、保有求人数が多い薬剤師転職サイト・エージェントから紹介してもらったほうが多くの求人に触れることができます。

希望条件に沿った求人を厳選して紹介してくれますので、忙しい中でもあなたは求人を探さなくても大丈夫です。

あなたの希望に沿った求人をたくさん紹介してくれる薬剤師求人サイト

なるべく多くの職場を見学する

転職で後悔したくないならば、なるべく多くの職場を見学しましょう。

3つ程度の薬局を見学したくらいでは全く足りません。

時間が許す限り、なるべく多くの職場を見学しましょう。

なるべく多くの求人に触れることも大事ですが、求人票や募集要項だけではわからないこともあるはず。

薬局責任者はどんな人なのか、他に働いている薬剤師はどんな人なのか。

調剤室はどのくらいの広さで、何品目くらいの医薬品を在庫しているのか。

求人票ではわからないことも、職場見学をすれば一発でわかります。

今の職場と転職先を冷静に客観的に比較する

今の職場と転職先を冷静に客観的に比較する

多くの薬剤師求人に触れることができたら、次は今の職場との比較です。


大切なのは、今の職場と転職先とを冷静かつ客観的に比較することです。

私もそうでしたが、今の会社や職場が嫌いだとそのすべてが悪く思えてしまいます


でも実は給料が意外と良かったりしませんか?福利厚生が充実していたりしませんか?


会社が嫌いだと良い面が見えなくなっていますので注意が必要です。


客観的にかつ冷静に今の職場と転職先候補を十分に比較しましょう。

思い込みを排除して徹底的に確認する

思い込みを排除して徹底的に確認する

転職活動では思い込みを排除して徹底的に確認することが大切です。


○○だと思っていたのに実は違った、認識の違い、確認不足、自分の勝手な思い込みはすべて後悔の要因です。


きっと大丈夫だろうと安易に考えず、事前にしっかりと確認しておきましょう。

具体例を挙げてみましょう。


求人票には年収600万円以上可と書いてあったので、てっきりもらえるものだと思っていたが実際は違ったという後悔
給料などの条件は書面で提示してもらえます。

住宅補助が付くと言われていたのでずっと使えると思っていたが実は最初の5年間だけだったという後悔
人事担当者に条件をしっかりと確認しておきましょう。

今の会社の残業は1分単位でつくのでそれが当たり前だと思っていたら実は違ったという後悔
人事担当者に条件をしっかりと確認しておきましょう。

完全週休二日制と書いてあったから希望通りの日に休めると思っていたが実は違ったという後悔
実際の休み・勤務シフトはどうなっているのかをその薬局の責任者や薬剤師に話を聞きましょう。社長や人事担当者に聞いてもダメです。

まさかこんなに人間関係が悪いとは思わなかった
曜日や時間を変えて最低2回は薬局見学をさせてもらいましょう。
管理薬剤師と話をして人柄をつかんでおくことも必要です。

大手だからきっと大丈夫だと思っていたら実は中はめちゃくちゃだった。
薬局見学の際に、勤務している薬剤師に業務の流れを聞きましょう。

合併直後の薬局などシステムが統一されておらず混乱しているところもあります。

約束事は文書で。口約束は絶対ダメ

転職で後悔しないために、約束事は文書でもらいましょう。口約束は絶対にダメです。

口約束は絶対に信じてはいけません。

必ず書面にしてもらいましょう。

言った言わないの水掛け論になってしまいます。

雇用契約の最終段階まで絶対に気を抜いてはいけません。

  • 給与
  • 勤務時間
  • 休憩時間
  • 休日
  • 勤務場所
  • 加入保険
  • 異動の有無
  • 通勤手段
  • その他約束した内容

そのすべてが書面に記載されているでしょうか。

雇用契約書に書いていないことは、履行されないという事です。

口約束はトラブル&後悔の元。

約束事は絶対に書面にしてもらっておきましょう。

薬剤師が転職で後悔しないために必要な8つの注意点(まとめ)

薬剤師が転職で後悔しないために必要な8つの注意点(まとめ)
ここまで薬剤師が転職で後悔しないようにするための方法を書いてきました。

私のように転職で後悔することの無いよう、転職の際にはぜひ以下の項目を守っていただきたいと思います。

薬剤師のための後悔しないために必要な8つの注意点

  1. あなたの希望条件に優先順位をつける
  2. 絶対に嫌という条件にも順位をつける
  3. この条件をぶらさない
  4. なるべく多くの求人に触れる
  5. なるべく多くの職場を見学する
  6. 今の職場と転職先を冷静に客観的に比較する
  7. 思い込みを排除して徹底的に確認する
  8. 約束事は文書で。口約束は絶対ダメ

情報不足、確認不足は後悔のもと。

転職で後悔してしまわないように、薬剤師専門の転職コンサルタントの力を借りて転職活動を進めましょう。

 転職で後悔したくない薬剤師にオススメの薬剤師転職サイト

転職しようか迷っているあなたは、転職しなかったことを後悔しないためにも正しい判断を。


すでに転職を考えているあなたは、転職で後悔しないように正しい方法で転職活動を行ってください。

後悔しない転職ができる薬剤師転職サイト

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

私も1回目の転職で後悔したので、2回目の転職をしました。

そして今に至ります。

pharma

私が後悔したポイントは3つ
①最初の話と違って給料が思ったよりもらえなかったこと
②休みが取れると言っていたが実際は違ったこと
③管理者が社長の奥様で癖がありすぎ。人間関係が最悪だった

転職は最後に成功すればOK

転職で後悔したことを次の転職に活かせば大丈夫です!

さぁ、後悔するのはもうやめて新たな一歩を踏み出しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。