薬剤師がボーナス(賞与)を満額もらってから転職する方法と3つの条件
q

転職をしたいがボーナスをもらってからにしたい薬剤師

ボーナスをしっかりもらってから転職をしたいのですがどうすれば良いですか?

できれば転職先でも次のボーナスをしっかりもらいたいのですが可能でしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • ボーナスを満額もらってから転職する方法と条件
  • 転職先でも次のボーナスをしっかりもらう方法
  • 次のボーナスも満額もらうための裏技

賞与が支払われるには一定の条件があることをご存知でしょうか。その条件を満たさないといくら頑張って働いても賞与は支払われません。

転職経験のある管理薬剤師の私が解説していきます

ボーナスを満額もらってから転職する方法と条件

理想:現職の賞与支給日以降を退職日とし、転職先にすぐに入社する。

ボーナスを満額もらうには次の条件があります。詳細は就業規則で確認が必要ですが、おおむね次の通りとなります。

  • 賞与の計算期間(算定期間)に在籍している
  • 賞与の支給日に在籍している

賞与支給日に在籍していないと賞与が支払われません。有給消化中であっても在籍していれば支払われるはずです。
退職日は賞与支給日の後にすることが絶対の条件です。

ボーナスの支給要件を確認し、退職日を決める

現職のボーナス支給の要件をしっかり確認しておきましょう。ボーナス支給日に在籍していないとボーナスが支払われない可能性があります。
その場合、退職日はボーナス支給日よりも後にする必要があります。
現在勤務している薬局がしっかりした会社であれば大丈夫かと思いますが、ひどい薬局だと退職の意向があるというだけでボーナスが減額されることがあります。就業規則等で賞与の支払要件をしっかりと確認しておきましょう。
私の体験談
7月賞与支払いの個人薬局にいた時の話です。
5月くらいから退職交渉をしていたら夏の賞与が前年の3分の1に減らされました。
大手の薬局で就業規則等がしっかり定められて入ればこのようなことはないのでしょうが、念のため注意してください。
振り返ってみれば賞与をもらってから退職交渉をすべきだったかもしれませんが当時はまさか減額されるなんて思いもよりませんでした。

転職先でも次のボーナスをしっかりもらう方法

退職後、なるべく間を置かずに転職先に入社する。

また、転職先のボーナス支給の要件の確認も必要です。ボーナス支給には算定期間というものがあり、この期間に勤務した日数が足りないと減額されてしまいます。
転職先での次のボーナスの算定期間の所属日数をできるだけ多くするためには退職後日にちを開けずにすぐに入社したほうが良いでしょう。

事例1)ボーナスをもらってから退職し、次の会社に入社。前職で満額ボーナスをもらえるように退職日を先延ばしにしたら、現職の賞与の算定期間が短くなってしまっため、転職後初めての賞与の金額が満額とはならなかった。

次のボーナスは基準よりどうしても少なくなってしまうはずです(算定期間内の途中から入社となる可能性が高いため満額は難しい)。

事例2)ボーナスをもらってから退職しようと目論んでいたが、(どうせ退職するからという理由で?)賞与の金額が抑えられてしまった。

 

転職前の薬局と転職後の薬局で満額の賞与をもらうのは大変難しいことです。

 

ボーナス満額もらうことももちろん大事ですが本当に大事なのは、次の薬局は本当に良い薬局かということです。

 

目の前の一回のボーナスを確保しようとして躍起になるくらいなら、じっくり転職先を探した方がよっぽど良い収入になります。

次のボーナスも満額もらうための裏技

  • 算定期間が異なる会社を探す
  • 給与交渉の条件に入れる

算定期間が異なる会社を探す

薬局によっては賞与の算定期間が異なる場合があります。

例えば

夏のボーナスの在籍算定期間が10月1日-3月31日で支払いが6月15日
冬のボーナスが在籍算定期間が4月1日-9月30日で支払いが12月15日

の薬局から

夏のボーナスの在籍算定期間が11月1日-4月30日で支払いが6月25日
冬のボーナスが在籍算定期間が5月1日-10月31日で支払いが12月25日

の薬局に転職したとします。

転職先の薬局の在籍算定期間が1か月後ろにずれていますね。

在籍算定期間が同じ薬局に転職するよりも1か月分算定期間が長くなるのでより多くのボーナスがもらえる可能性が高まります。

給与交渉の条件に入れる

ここからは薬剤師転職サイトのコンサルタントの力によるところが大きい話です。

給与交渉で、次回賞与満額という条件を入れてもらうという手もあります。

この方法はあくまでも裏技。成功可能性は高くありません。

まとめ
ここまでなるべく多くのボーナスをもらって転職する方法を解説してきました。

結局のところ、現在勤務している薬局からボーナスを満額もらうことや転職先の薬局からなるべく多くのボーナスをもらうことに力を入れるよりも、良い転職先の薬局を探すことに力を入れた方が結果に得することになると思います。

たった1回のボーナスよりも、これからの給与やボーナスがどうなるのかをよく見極めたほうがより多くの生涯賃金を得られます。

 おすすめした薬剤師転職サイト

 関連記事