薬剤師の賞与(ボーナス)の金額はどのくらい?薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント
q

ボーナス(賞与)がどれくらいもらえるのか気になる薬剤師

他の薬剤師ってどのくらいボーナスもらっているのでしょうか?

すごく気になります。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師のボーナス支給額調査結果
  • もらえるボーナス(賞与)の金額を増やす方法
  • 転職時のボーナス注意点
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
転職2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。

転職に失敗する薬剤師をゼロにしたいという思いで、自らの経験を基に記事を作成しています。
詳しい自己紹介

結論
薬剤師のボーナス(賞与)額は業種や年齢、会社の給与体系によって大きく異なります。転職の際には、賞与や月給だけで比較することはせずに年収で比較しましょう。また、賞与は○カ月分と書かれていてもそれは過去の実績であって、今後その金額がもらえるわけではありませんので気を付けてください。

薬剤師のボーナス支給額調査

薬剤師はどのくらい賞与(ボーナス)がもらえるのでしょうか?

当サイトで過去に薬剤師のボーナス調査を行いました。

その結果は以下の通りです。

薬剤師の賞与金額調査結果

ボーナス支給額調査中

過去の調査では、薬剤師の賞与の金額は0~141万円と幅がありますが、40万円から60万円が多い回答でした。

基本給も異なりますし、何か月分というのも不明ですが金額としてはこのくらいが相場でしょう。

もらえるボーナス(賞与)の金額を増やす方法

  • 基本給を高くする
  • 会社の業績を良くする
  • 自身の評価を高める

支給されるボーナスの計算方法

ボーナス(賞与)支給額=基本給×(業績による○カ月分評価による加算●カ月分


基本給が高いほど、業績が良いほど、あなたの評価が高い程支給されるボーナス額は増加します。


では、ボーナスの金額を増やすために何をすれば良いのでしょうか。

基本給を高くする

ボーナスの支給額を増やすために必要なこと1つ目は、基本給を高くするです。


基本給を上げるにはどうすべきかはこちらにまとめましたのでご覧ください。

会社の業績を良くする

ボーナスの支給額を増やすために必要なこと2つ目は、会社の業績を良くするです。


地域支援体制加算、後発医薬品調剤体制加算、調剤基本料1の算定ができれば薬局全体の収入がアップします。


これを全薬局で行えば会社全体の業績が良くなり、賞与の金額が増えることが期待できます。

自身の評価を高める

ボーナスの支給額を増やすために必要なこと3つ目は、自身の評価(賞与評価)を高めるです。


多くの薬局では、薬剤師個人で目標を設定し、その目標の達成度合いに応じて賞与が増えたり減ったりする仕組みになっています。


あなたの賞与評価を高める方法はこちらにまとめましたのでご覧ください。


会社の業績に貢献するような働き方をして自身の評価を高め、ボーナスアップを勝ち取るということです。


薬剤師だって利益に関してある程度考えていかなければなりません。


調剤薬局やドラッグストアに勤務しているのであれば、稼げる薬剤師にならなければなりません。


患者さんのための仕事をするのはもちろんですが、それに対してしっかりと対価を得ていくことを考えていればおのずと稼げる薬剤師になれるはずです。

ボーナス(賞与)に関する転職時の注意点

  1. ボーナスを満額もらうことにこだわりすぎてはいけない
  2. 転職先の給与を比較する時には月給やボーナスだけで比較せずに合計で
  3. ボーナス○カ月分という数字に騙されてはいけない
  4. 基本給が異常に安いところは要注意

ボーナスを満額もらうことにこだわりすぎてはいけない

ボーナスをもらってから転職をしようと考える薬剤師は少なくありません。


どうせならボーナスをもらってから転職したほうが得だと考えるからでしょう。


でも実際は、そんなに得をしないことがほとんどです。

もっと年収の高い薬局へ、早く転職することが一番得だからです。


転職先の給与を比較する時には月給やボーナスだけで比較せずに合計で

あの薬局はボーナス4か月分出るらしい。


こっちの薬局はボーナスが年に3回支給される。


ボーナスだけで比較することは無いと思いますが転職をする時にはしっかりと年収で比較しましょう。


さらに、福利厚生や住宅補助の有無など総合的に比較することが大切です。




<h3ボーナス○カ月分という数字に騙されてはいけない

基本給が異常に安いところは要注意
ボーナス(賞与)支給額=基本給×(業績による○カ月分評価による加算●カ月分)です。


基本給を安く抑えておいて、ボーナス年間6か月分!などという薬局も中にはありますが、支給される金額が多いわけではありません。


基本給が安すぎるのはボーナスに関係するだけではありません。


基本給が安すぎると退職金も安くなってしまうのです。


退職金の計算にも基本給が用いられますから、基本給が高いということはとても良いことなのです。

 まとめ
ここまで、ボーナスの支給額を増やすことができる方法を見てきました。


まずは自分のボーナスの額がどのように計算されているのかを調べ、何が足りないのかを知ることから始めましょう。


ボーナス計算のうち人事評価の比率が高いのであれば、良い評価を上司からもらえるように頑張って働きましょう。良い評価をもらえるポイントを見抜く目も必要です。


上司が何を求めているのか、上司はどういう点を評価するのかを常に意識しておくことが大切です。


自分が高評価を勝ち取っても会社の業績が良くなければボーナスの金額を増やすことは難しいでしょう。


会社として経営的によくない兆候が見られる場合には早めに転職を視野に入れなくてはなりません。


業績が悪いことによるボーナスカットになってしまっては辛すぎます。

評価制度がしっかりしているかつ、業績が良くてボーナスが多くもらえる薬局を探すなら