薬剤師の評価表は暗記必須!評価項目で昇給・賞与を増やす方法
q

評価されたい薬剤師

昇給額やボーナスの額を増やすには高評価を獲得しなければいけません。

でもどうやったら高い評価を上司からもらえるのでしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 高評価を得るためにやるべきこと
  • 評価対象項目に注力する
  • 結果をアピールする
【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

頑張っているのに評価されない。

あの人はあまり仕事をしていないのに評価されている。

こんな風に思ったことはないでしょうか?

薬局の薬剤師は、事前に決められた評価表の評価項目を基にして、上司から評価されます。

評価項目に沿った形で目標を設定するよう指示が出ている会社もあるでしょう。

今回は、どうすれば『評価される薬剤師』になれるのか、その方法について解説していきます。

結論
高評価を得るためにまず必要なのは、薬剤師の評価表を暗記すること。

何が評価対象なのかをしっかり見極め、そこに注力しましょう。

そこで結果を出すことができれば、あなたは上司から高い評価が得られます。

だって、上司は評価表を見ながら評価を付けるのですから。

評価されるためには薬剤師の評価表を暗記しておくことが必要

評価されるためには薬剤師の評価表を暗記しておくことが必要

まずは、薬剤師がどの部分で評価をされるのか、その項目を頭に叩き込みましょう。

どんなに頑張って仕事をしても、評価項目外の部分で評価されることは基本的には無いからです。

評価表には、会社が薬剤師に頑張って欲しいと考えている事が全て書かれています。

そのため、評価表に記載されている内容を達成した薬剤師には、当然高い評価が与えられるわけです。

評価されない部分をいくら頑張っても、残念ながら高評価にはつながりません。

そういう仕組みなのです。

pharma

評価項目外の通常業務もしっかりと行ったうえで、評価表の内容に取り組んでください。
評価項目に書いていないから一切手を付けないといった非協力的な行動をとると、それ自体がマイナス評価につながってしまいます。

薬剤師は評価項目に沿った目標を立てること

薬剤師は評価項目に沿った目標を立てる
多くの薬局で導入されている、目標管理制度。

期初に目標を立てて、その達成度によって評価されるシステムです。

目標を立てる時には評価項目に沿ったものにしましょう。

薬剤師の目標の立て方については、別の記事にまとめてありますのでご覧ください。

目標設定ではなく、会社からノルマが課されている場合にはノルマ達成に向けた行動を取りましょう。

日々の薬局業務において、目標を達成するための行動をする

期初の立てた目標に沿って行動する
通常業務もやりつつ、期初に立てた目標を達成するための行動を取りましょう。

基本的には業務に関連した目標になっているはずですから、通常業務の延長線上に目標があるというイメージになっているかと思います。

ノルマであれば、ノルマを達成するための行動をとります。

患者さんのために仕事をすることはもちろんの事ですが、会社や上司から何を求められているかを常に意識して仕事をすることが年収アップには必要です。

薬剤師のほとんどは患者さんのために仕事をしていますが、会社への貢献を意識して仕事をしている薬剤師は多くありません。

会社への貢献というポイントを常に意識するだけで、他の薬剤師に大きく差をつけることができるはずです。

目標を達成して成果をアピールする

目標を達成して成果をアピールする
目標を達成したら、しっかりと成果をアピールしましょう。

目標を達成してもアピールしない薬剤師は結構多いです。

せっかく頑張ったのですからもっとアピールしていきましょう。

上司は細かいところまで見ていない(見えていない)可能性がありますので、アピールしないのは大きな損失です。




あなたは上司(薬局責任者)や会社から評価されていますか?

評価される薬剤師と評価されない薬剤師の違い

評価される薬剤師と評価されない薬剤師の違い

あの薬剤師は暇そうにしているのになぜか評価が高い。
私は頑張って仕事をしているのに全然評価されない。

頑張って仕事をしているのにどうして評価されないのでしょうか?

頑張っているのに、なぜ評価されないのか。

その理由は、会社や上司に求められていることをできていないから。

これに尽きます。

あなたの評価は、会社や上司が求めていることをできているかどうかで決まります。
  • 会社や上司から何が求められているかを考えながら仕事をして、結果を出している
    評価される薬剤師
  • 会社や上司から求められていることと、ズレが生じているので結果が出ない
    評価されない薬剤師
評価されない薬剤師は、求められていることとやっていることがズレています。
求められていないことを頑張っても評価されないのは理解していただけると思いますが、実際にやっちゃっている薬剤師が少なくありません。
具体的な例を挙げてみましょう。
  • 残業を減らすよう指示が出ているのに、遅くまで残業をして薬歴を丁寧に書く
  • 在庫金額を減らすよう指示が出ているのに、欠品を防ごうと在庫を増やす
それで評価を上げて欲しいと言っても無理な話。
評価される薬剤師と評価されない薬剤師。

あなたはどっちの薬剤師になりたいですか?

評価される薬剤師になるには、会社や上司が求めていることを理解する。

そして、そのことに力を入れていくしかありません。

会社や上司があなたにして欲しいと思っている薬剤師の仕事とは

会社や上司は薬剤師のあなたに何を求めているか

調剤薬局は民間企業です。

会社存続のためにもしっかりと利益出さなくてはいけません。

一般薬剤師は会社の利益についてあまり考えたことが無いかもしれません。

ですが、管理薬剤師などの役職つくと、どうやって利益を増やしていくかで頭がいっぱいです。

なぜなら、薬局の責任者の評価は、薬局の利益や売上に大きく影響されるからです。

 
利益を出すことのできる薬剤師が評価されるのは当然ですね。
 

会社や上司が求めるのは利益→利益を出せる薬剤師が最も評価される

利益重視の薬局なんて患者さんに冷たそう・・・。

決してそういうわけではありません。

患者さんに対してしっかりと服薬指導、服薬フォローを行い、やったことに対しては加算を算定して正当な対価をいただく。

評価される薬剤師とは、保険調剤の決まりの中で利益を出せる仕事に注力して結果を出している薬剤師です。

では、利益を出せる仕事とは何でしょうか。

利益を出せる仕事とは薬学管理料の算定です。
 

薬剤師として評価されたいなら、その専門性を生かして薬学管理料を確実に算定し、正当な対価をいただくことに注力しましょう。

薬剤師が算定に注力すべき薬学管理料

  • 重複投薬・相互作用等防止加算
  • 調剤管理加算
  • 麻薬管理指導加算
  • 特定薬剤管理指導加算1
  • 特定薬剤管理指導加算2
  • 乳幼児服薬指導加算
  • 小児特定加算
  • 吸入薬指導加算
  • 調剤後薬剤管理指導加算
  • かかりつけ薬剤師指導料
  • 服用薬剤調整支援料1
  • 服用薬剤調整支援料2
  • 服薬情報等提供料1
  • 服薬情報等提供料2
  • 服薬情報等提供料3
  • 在宅患者訪問薬剤管理指導料
  • 在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料
  • 在宅患者緊急時等共同指導料
  • 在宅患者重複投薬・相互作用等防止管理料
  • 経管投薬支援料
  • 退院時共同指導料

このあたりの加算を薬剤師個人レベルでどれだけ算定できるか。

しっかりと実施して、もれなく算定していける薬剤師が最も評価されます。

算定要件をしっかり理解して確実に算定していきましょう。

また、他の薬剤師が算定しやすくなるようにすることも高評価を得られるポイントです。

  • 指導例、算定事例を他の薬剤師と共有
  • 指導用ツールを整備する
  • 医師への情報提供書のフォーマットを作成する
あなたが努力することで他の薬剤師の算定件数が上がれば薬局全体の利益が増えます。

当然あなたは高評価を得ることができるでしょう。

こういった努力を全く評価してくれない薬局なら、今すぐ転職して去るべきです。

\マイナビ薬剤師への登録はこちらから/

保有求人数最大級
20代から40代の転職に特に強い

\ファルマスタッフへの登録はこちらから/

正社員・パート・派遣全てお任せ
じっくり相談したい薬剤師におすすめ
薬剤師転職支援22年の実績!全国12拠点

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

出張面談対応だから地方在住でも安心
薬剤師転職サポート27年の老舗で実績十分

\薬キャリエージェントへの登録はこちらから/

薬剤師登録者数No.1
即日最大10件求人紹介!

仕事中に薬局の調剤室であなたが普段やっていること。それは会社に利益をもたらしているでしょうか。

薬局内の仕事のムダを減らし、利益の出る仕事をしよう

薬局内の仕事のムダを減らし、利益の出る仕事をしよう

仕事だと思っていることが実はただの作業だったりしませんか?

頑張ってやっているその作業。実はただの無駄ではないですか?

薬局であたりまえのようにやっているさまざまなこと。

本当に全部意味があるのでしょうか。

一番ベストなやり方でしょうか。

一度すべてを洗い直してみましょう。

 

例えば、薬の箱を開封したら保管してある添付文書と差し替えるというルールがあったとします。
なぜこれをやっているのか、本当に意味があるのかを考えます。
添付文書を毎回差し替える必要があるのでしょうか。
常に最新版の添付文書があったほうがよい。添付文書の改訂を見逃したら大変だから必要。

きっとそのような理由で作られたルールなのでしょう。

15年前くらいなら必要であったかもしれませんが、現在では調剤室内にはインターネットにつながっているパソコンがあるでしょう。

電子薬歴を導入していれば常に最新版の添付文書の閲覧が可能です。

pharma

そろそろ、紙の添付文書が同梱されなくなりますから、このルールは自然に消えていきますね。

ここでの調剤は作業。

添付文書を差し替える時間は無駄に分類されます。

錠剤ケースに添付文書を入れておくと差し替える際に誤って薬のシートが挟まったまま捨てられてしまう危険性もあります。

医薬品の棚卸評価損というさらなる無駄が発生してしまいます。

忙しそうにひたすら錠剤のピッキングだけしている薬剤師。

他の人でもできるような作業しかしていない薬剤師が評価されることは決してありません。

これではただの作業です。

  • 仕事→付加価値をつける(利益を生む)
  • 作業→付加価値がつかない(利益は生まない)
  • 無駄→価値を減らしている(損失が発生する)

薬剤師は患者さんに対して薬の説明し、フォローをしていく。

そのことで薬に付加価値をつけることができます。

調剤報酬はその付加価値の対価を厚くするように変化してきています。

薬剤師は調剤している場合ではなく、対人業務に力を入れて付加価値をつけよということです。

薬局の中で探し物をする時間。これは全く利益を生まず、人件費の損失ですから無駄に分類されます。

今すぐやるべきは、業務を見直して無駄を減らし、付加価値を増やすことです。
無駄を省いて利益を出せる提案をして上司や会社に評価される薬剤師になりましょう。
利益を生む提案をしても全く評価されないのであればその薬局からは今すぐ転職して去りましょう。

 年収アップを目指すなら




目標設定をしてもどうせ給料上がらない。

目標を達成したとしても昇給額は微々たるもので、昇給や賞与にほとんど関係ない。

人事評価制度や査定に不満がある薬剤師は以下をどうぞ。

\マイナビ薬剤師への登録はこちらから/

保有求人数最大級
20代から40代の転職に特に強い

\ファルマスタッフへの登録はこちらから/

正社員・パート・派遣全てお任せ
じっくり相談したい薬剤師におすすめ
薬剤師転職支援22年の実績!全国12拠点

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

出張面談対応だから地方在住でも安心
薬剤師転職サポート27年の老舗で実績十分

\薬キャリエージェントへの登録はこちらから/

薬剤師登録者数No.1
即日最大10件求人紹介!