【薬剤師の給与交渉】転職時の条件交渉で年収がアップする理由
q

給与交渉をしてほしい薬剤師

今の薬局の給料って絶対に他よりも安いと思います。
転職するときに給与交渉をすれば今より年収アップしますか?

給与交渉ってどうすれば良いのでしょうか。

苦労して薬剤師になったのに、思ったより年収が低い。

病院や調剤薬局に勤めている薬剤師なら、一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

pharma

実は、若い薬剤師が転職をすると、簡単に今よりも年収が上がります。

そして交渉をすることで、さらなる上乗せが期待できます。

相場よりも安い賃金で忙しく働かされていませんか?

本当は、もっと給料をもらっても良いのになと思いながら仕事をしていませんか?

20代、30代の若い薬剤師なら転職による年収アップは意外と簡単です。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
転職未経験の20代、30代の薬剤師なら、給与交渉により簡単に年収がアップします。

しかも給与交渉は自分でやる必要はなく、転職コンサルタント・エージェントに任せることができます。

加えて、あなたに薬剤師としての強みがあれば、さらなる年収アップも難しい事ではありません。

転職時の給与交渉で薬剤師の年収がアップする理由

薬剤師の転職は、数年前と比べれば厳しくなってきています。

とはいえ、薬剤師が不足している薬局がまだまだ多いのも事実。まだまだ転職で年収アップを狙うことは十分可能です。

その理由は、相場よりも安い給料で働いている薬剤師が圧倒的に多いからです。

薬剤師の年収相場は以下の要因によって決まります。

 薬剤師の年収相場を決定する要因

  • 職種(病院、薬局、ドラッグストア、企業等)
  • 調剤経験年数
  • 希望勤務地
  • 転職先の薬剤師の不足度合い
  • 直近の転職者の年収実績

これらの情報があれば、転職希望の薬剤師の年収がどのくらいまで可能なのか、すぐにわかります。

ところが、転職未経験の薬剤師の年収には、『薬剤師の不足度合い』と『直近の転職者の年収実績』は反映されていません。

新卒で入った病院や薬局で、「今年は薬剤師が足りないからみなさんの給料を上げます」ということはなかったでしょう。

「年収600万円の薬剤師が転職してきましたので、皆さんも同じく600万円にします」ということもなかったはずです。

『薬剤師の不足度合い』と『直近の転職者の年収実績』が反映されていないのですから、転職未経験の薬剤師が相場よりも安い賃金で働かされているのは当然のことなのです。

転職時には『薬剤師の不足度合い』と『直近の転職者の年収実績』が反映されますから、給与交渉により年収がアップしやすいということです。

 薬剤師個人では年収相場はわかりづらい

あなたは薬剤師の年収相場を即答できるでしょうか?

  • 調剤経験3年の20代後半薬剤師が調剤薬局に転職したときの年収相場
  • 管理薬剤師経験がある33歳の薬剤師が一般職として調剤薬局に転職したときの年収相場
  • 1人薬剤師でもバリバリこなせる30代後半の薬剤師が調剤薬局に転職したときの年収相場

答えられなくても大丈夫です。この答えを持っている人がいますので。

それは、薬剤師の年収相場を決定する要因のすべて知りえる立場にある、薬剤師転職サイトの転職コンサルタント・エージェントです。

彼らは薬剤師の年収相場を知り尽くしていますので、「病院で3年働いた20代の薬剤師がこの薬局に転職すれば年収50万円アップはほぼ確実」という事を自信をもって言えるのです。

 相場を知っているから給与交渉の余地がわかる
もし、あなたが薬剤師の年収相場よりも低い賃金で働かされているのであれば、転職することで相場まで年収をアップさせることは簡単です。

自分の年収が相場よりも安いのか高いのかわからなくても大丈夫。

薬剤師転職サイトの転職コンサルタント・エージェントがしっかりと教えてくれます。

給与交渉で年収がアップしない例

給与交渉で年収がアップしない例もありますので見ておきましょう。

  • 現在の年収がすでに相場以上に高い
  • 年収アップを希望しているにも関わらず、その他の条件が厳しい
  • 給与交渉に使える武器がほとんどない

このような場合、給与交渉をしても年収がアップしないことがあります。

例えば製薬会社勤務で40代以上の場合、すでに結構な年収をもらっているはずですから、薬局やドラッグストアへ転職しても年収はアップしません。

また、次の様な条件を付けてしまうと年収アップの可能性は低くなります。

  • フルでは働けない
  • 土日は絶対休みにしてほしい
  • 残業は無理

給与交渉に必要な薬剤師の強み(武器)とは

勤務地と薬剤師の不足度によってはさらに給与交渉の余地が増えます。

○○市内でしか働けないという薬剤師と、全国どこでも離島でも山奥でもOKですという薬剤師がほぼ同じ経験年数であった場合、どちらの薬剤師の方が年収アップの可能性が高いでしょうか。

当然後者の薬剤師ですね。

ほかにも、管理薬剤師経験、在宅・無菌調剤の経験、保有する専門資格、人柄、やる気で給与交渉の結果が変わってきます。

あなたの強みが多ければ多いほど、コンサルタント・エージェントが転職先と交渉するときの武器となります。連絡を密にとって、戦略を練って交渉に臨んでもらいましょう。

給与交渉をするのはあなたではなく担当者

給与交渉をするのはあなたではなくコンサルタント・エージェントです。

だからといって「年収○○万円が希望ですのでお願いします」とエージェントに丸投げをしてはいけません。

私はこんなことやあんなことが得意です、どこでも働けますというように、転職コンサルタント・エージェントにどんどん武器を渡しましょう。

強力な味方に武器を持って給与交渉をしてもらえれば、相場以上の年収アップの可能性が高まります。

 あなたの強力な味方はここにいます。

薬剤師転職サイトに登録するメリットはまだまだたくさんあります。