薬局の5S活動【絶対にやるべき7つの理由】メリットしかない
q

薬局が雑然としているのが嫌な薬剤師

うちの薬局整理整頓ができていないんですよ。

あるはずの薬がないとか、投薬瓶や分包紙の発注漏れとかあって余計な仕事が多い気がします。

何か良い方法は無いでしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 5S活動とは
  • 5S活動を薬局で行うメリット
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
転職2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。

転職に失敗する薬剤師をゼロにしたいという思いで、自らの経験を基に記事を作成しています。
詳しい自己紹介

忙しいとついつい整理整頓がおろそかになりがち。

でもそれは、仕組みが整っていない証拠。

仕組みが整っている薬局は忙しくてもきれいな状態が維持されています。

せっかくだったらきれいな薬局で働きたいですよね。

今回は、薬局がきれいになるだけでなく過誤や残業も減るという5S活動について書いてみたいと思います。

薬局で5S活動を行うメリット

5S活動という言葉は聞いたことがあるでしょうか。

5S活動とはこの5つの活動のこと。

  1. 整理(seiri
  2. 整頓(seiton)
  3. 清掃(seisou)
  4. 清潔(seiketsu)
  5. しつけ(shitsuke)

この頭文字の5つの頭文字のSを取って『5S』活動と呼ばれています。

具体的には、次のように定義されています。
整理(seiri):必要な物と不要なものを分けて、不要なものを捨てること
整頓(seiton):必要な物がすぐに取り出せるように置き場所、置き方を決め、表示を確実に行うこと
清掃(seisou):掃除をしてゴミ、汚れのないキレイな状態にすると同時に、細部まで点検すること
清潔(seiketsu):整理・整頓・清掃を徹底して実行し、汚れのないキレイな状態を維持すること
しつけ(shitsuke):決められたことを、決められた通りに実行できるよう習慣づけること

薬局内で5S活動をするとメリットがたくさんあります。

薬局で5S活動をするメリット

  • 間違いが減る
  • 物を探す時間が減る
  • 過剰在庫がなくなる(薬・事務用品)
  • 発注漏れが無くなる(薬・事務用品)
  • スペースが有効活用できる
  • 職場環境が良くなる
  • 調剤機器の故障が減る

5S活動にはこんなに素晴らしいメリットがあるのです。

間違いが減る

整理、整頓、清掃、清潔、しつけ

当たり前のことを当たり前にしていれば薬局内が汚れたり、物が無くなったりすることは無いはずです。

それなのに汚れたりものが無くなったりするのはなぜでしょうか。

物が勝手に散らかるわけはありませんので、薬局内の『人』が原因です。

片づけというルールを守れない人は調剤のルールや鑑査のルールもきっと守れないでしょう。

薬を充填する時は薬剤師2名で確認するというルールがあったとします。

薬局内の誰か1人でもそのルールを破ってしまったらどうなるでしょう。

1人で充填した薬が間違っていたら、多くの患者さんに健康被害が生じることだってあり得ます。

5S活動を通じて、当たり前のことを当たり前に実行するという文化を薬局内に浸透させるのです。

これができれば、調剤過誤は自動的に減少していきます。

物を探す時間が減る

調剤室や事務室は片付いているでしょうか。

必要なものをすぐに取り出せる状態になっていますか?

このようなことが薬局で起きていないでしょうか。

  • 薬局内のハサミがある一か所に集中している
  • あるべき場所に定規がない
  • あるべき場所に消しゴムが無い
  • あるべき場所にボールペンが無い
  • あるべき場所に輪ゴムが無い
  • あるべき場所に薬袋が無い
  • あるべき場所にコピー用紙が無い

5S活動を実践すればこのような事が一切なくなります。

物を探す時間ほど無駄なものはありません。

物を探す時間が無くなればイライラすることも無くなりますし、時間を有効に使うことができます。

過剰在庫がなくなる(薬・事務用品)

必要な物があるべき場所にきちんと収納されていれば、その物があとどのくらいで無くなるのかが一目でわかります。

でもそれができていなかったらどうでしょう。

もう在庫が無いと思って急いで発注してしまうかもしれません。

でも実は違う所に置いてあった。

このようなことが実際に起こっているのではないでしょうか。

過剰在庫はお金も場所も無駄にしてしまいます。

5S活動を実践することで過剰在庫を解消することができます。

発注漏れが無くなる(薬・事務用品)

過剰在庫の反対です。

あるべき場所に物を収納していないから、無くなりそうなことにも気づけない。

それによって欠品を起こしてしまった経験はありませんか?

あるべき場所に物がある状態でないと在庫の把握ができず、欠品をしてしまいます。

薬は自動発注なので大丈夫という薬局もあるでしょう。

でも分包紙やリボン、薬袋、コピー用紙、プリンターのトナーなどは自動で発注がかかる仕組みになっているでしょうか。

もしなっていないならすぐに改めるべきでしょう。

スペースが有効活用できる

薬局内に不要なものがたくさん埋もれていませんか?

不要なものを処分すれば、スペースが空きます。

スペースが空けば薬局内の動線が改善されるかもしれませんし、そこに最も必要な物を収納できるようになるかもしれません。

職場環境が良くなる

整理整頓ができていて薬局内もきれいだったらどうでしょう。

今よりも働きやすくなるのは間違いありませんね。

薬局のスタッフ全員に、この状態を維持できるしつけが身に付いていればもう以前のような雑然とした薬局に戻ることはありません。

調剤機器の故障が減る

調剤機器の故障の多くは清掃不足に起因しています。

掃除が行き届いていないために動作不良を起こす。

調剤機器が動作不良を起こすと業務が滞ります。

5S活動を実践することによって、調剤機器が常に清潔な状態に保たれていれば故障率が下がり、対処する時間の削減にもつながります。

このように、5S活動は良い事ばかり。

メリットしかありません。

ぜひあなたの薬局でも取り入れていただきたいと思います。

5S活動のメリット(まとめ)

  1. 5S活動を実践すると得られるメリットはこの7つは確実
  2. もっと多くのメリットが得られる可能性がある
  3. やるためにはスタッフ全員の協力が必要
pharma

とにかくやるという強い意志を管理者が持って、全員を巻き込んでいかないと5S活動は成功しません。

でも成功したら効果絶大です。

やると決めたらまずは『整理』から。

整理についてはこちらをご覧ください。

整理はすでに終わっているなら次は整頓です。

整頓の次は清掃。

清掃の次は清潔。


そして躾(しつけ)です。