薬剤師転職サイト - 病院への転職に強い薬剤師求人サイト
q

病院に転職したい薬剤師

今は調剤薬局で働いているのですが、病院薬剤師への転職は可能でしょうか?

もし病院に転職するなら、どこの薬剤師転職サイトに登録すればよいでしょうか?

病院の求人数はかなり少ないです。調剤薬局やドラッグストアと比べて病院自体の数が少ないこともありますが、中途薬剤師を採用する病院も少ないです。

というのも、病院薬剤師は基本的には新卒を採用するからです。

病院が薬剤師を採用するのは、薬剤師が転職等で減ってしまい、足りなくなった時に補充する程度。少ない求人の中からあなたにピッタリの職場を見つけなければならないので、病院への転職はかなり大変です。

病院の見学や求人への募集には独自のルールが定められていることが多く、いきなり申し込みをしても門前払いになってしまうことも。病院見学の後にはお礼状が必要であるなど、薬局やドラッグストアへの転職とは異なり、いろいろ気を遣う部分があります。

pharma

病院それぞれの採用ルールを知らない薬剤師は、門前払いです。

病院への転職の難易度が高いのは事実ですが、病院に強いパイプを持っている薬剤師転職サイト経由で転職活動をすることにより、その難易度は大幅に下げることができます。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

 本記事の内容
この記事では次のことがわかります。

  • 病院薬剤師への転職は可能である
  • 病院薬剤師の中途採用求人はある
  • 病院薬剤師へ転職なら登録すべき薬剤師転職サイト3つ
結論

病院への転職に強い薬剤師転職サイトは、アポプラス薬剤師薬キャリファルマスタッフ

この中でコンサルタントと直接会って転職活動をすることができるのは、アポプラス薬剤師ファルマスタッフです。

※病院への転職に特化している「病院薬剤師転職ドットコム」もありますが、保有している病院の求人数が特別多いわけではありません。よって、当サイトでは推奨していません。

\登録は下記のリンクから今すぐ/

登録を後回しにすると、好条件の求人は別の薬剤師のところへ。今ここで登録を済ませておきましょう。

病院への転職に強い転職サイト・転職エージェントの選び方

どの薬剤師転職サイト・転職エージェントが病院への転職に強いのか、選んだポイントは以下の通りです。

病院への転職に強い薬剤師転職サイトを選ぶポイント

  • 転職サイトが保有している病院の求人数
  • 転職コンサルタントと直接面談ができるかどうか
  • 薬剤師へのサポート力

こちらの表をご覧ください。各転職サイトが保有している病院の薬剤師求人件数です。

薬剤師転職サイトが保有している病院・クリニックの求人数

ポイントの1つ目は、薬剤師転職サイトが保有している病院・クリニックの求人数です。

最も多いのはアポプラス薬剤師、薬キャリエージェント、ファルマスタッフ、マイナビ薬剤師と続きます。

\出張面談対応だから地方在住でも安心/
\職場見学への同行も可能/
\メールと電話でかんたん転職/

\紹介件数最多級・サポートも万全/

≫薬剤師転職サイト保有求人数ランキング

転職コンサルタントと直接面談ができるかどうか

ポイントの2つ目は、転職コンサルタントと直接面談ができるかどうか。コンサルタントと直接面談ができるかどうかは、転職成功のかなり重要な要素です。

というのも、電話やメールよりも直接会って話をした方が、あなたが希望する条件が相手にしっかり伝わるからです。しかも、薬局やドラッグストアとは異なり、病院には採用に関する独自のルールがたくさんあります。こういったことに詳しいコンサルタントと直接面談をして情報を仕入れていくことが最も重要です。

病院への転職を成功させるには、コンサルタントと直接会って話ができる転職サイトへの登録を強くおすすめします。

コンサルタントと直接面談ができて病院への転職に強い薬剤師転職サイト

\出張面談対応だから地方在住でも安心/
\職場見学への同行も可能/

\紹介件数最多級・サポートも万全/

pharma

病院に行くのは病院実習以来という方でも大丈夫。コンサルタントから事前に病院に連絡してもらえるから、あなたはその時間に行くだけです。

必要に応じてコンサルタントの同行してもらうことも可能ですので、安心感が違います。

アポプラス薬剤師

面談会場は全国10か所(札幌、仙台、大宮、東京、横浜、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡)。

アポプラス薬剤師で特筆すべきは、出張面談に対応しているという事。上記10か所の面談会場まで遠い、行く時間が取れない場合と言う場合でも、コンサルタントがあなたの希望の場所まで出張してくれます。

出張面談に対応しているのはアポプラス薬剤師だけ。アポプラス薬剤師は、地方在住の薬剤師に最もおすすめできる薬剤師転職サイトです。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは全国12か所(札幌、仙台、大宮、船橋、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡)で面談が可能です。

ファルマスタッフの特徴は、職場見学にもコンサルタントが同行してくれること。

職場見学で見逃しがちなポイントもしっかりとチェックしてくれます。

マイナビ薬剤師

直接面談できる薬剤師転職サイトの中で、面談場所が最も多いのはマイナビ薬剤師です

全国15か所(札幌、仙台、さいたま、新宿、千葉、横浜、名古屋、石川、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡、鹿児島)で面談が可能です。

薬キャリエージェント

薬キャリエージェントの面談場所は東京のみ。基本的にメールと電話のみのサポートとです。コンサルタントと直接会うのは面倒という方は薬キャリエージェントがオススメです。

病院への転職に強い薬剤師転職サイト3選

保有している病院の求人数が多く、薬剤師に対するサポートが徹底している。かつ、直接面談が可能な条件を満たす薬剤師転職サイトは次の3社です。

病院への転職にオススメの薬剤師転職サイト・転職エージェント3選

\出張面談対応で地方在住の薬剤師におすすめ/

\職場見学にも同行可能/

\紹介案件最多級/

※全て無料で転職サポートが受けられます。
※どの病院も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師に取られてしまいます。登録は本日中に。

ここで推奨している3つの薬剤師転職サイトはいずれも大手。全国の病院の求人に対応しています。

pharma

全国の病院求人に対応していますので、地方に住んでいる薬剤師でも安心して登録できます。

ここで紹介した3つの薬剤師転職サイト・転職エージェントに登録しておけば病院からの求人を見逃すことはありません。

全て網羅できます。

3つの薬剤師転職サイトの中から複数の薬剤師転職サイトに登録しておくことで、より効率的な求人探しが可能に。少ない病院薬剤師求人の中からあなたの理想の職場が見つかる可能性がグンと高まります。

是非2社以上の薬剤師転職サイトに登録して転職活動を有利に進めましょう。

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

アポプラス薬剤師は転職サポート27年の実績。アポプラス薬剤師

「アポプラス薬剤師」は、なんと薬剤師転職サポート27年!実績No.1の老舗薬剤師転職サイトです。
 
転職には不安がつきもの。直接会って話せる、そして安心して転職活動を進めることができるのがアポプラス薬剤師の特徴です。
 
アポプラス薬剤師は出張面談に対応しています。だから、面談場所まで行くのが難しい地方在住の薬剤師にも安心。
 
アポプラス薬剤師は、しっかりと相談をしながら安心して転職活動を進めたい地方在住の薬剤師に、最もおすすめできる薬剤師転職サイトです。

公開求人数施設種類雇用形態
38,000件以上薬局、病院、ドラッグストア、企業正社員、パート、派遣
相談方法おすすめの薬剤師特記
基本は対面での面談(全国10会場)。遠方の場合は出張面談も可!20代~50代の薬剤師薬剤師転職サポート実績27年は最長クラス

\徹底サポートだから安心感が違う!/

ファルマスタッフ

ファルマスタッフロゴ

 
「ファルマスタッフ」は薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1!
 
正社員の転職はもちろん、パートや派遣薬剤師にも強い薬剤師転職サイトです。
 
給与アップ、スキルアップ、家庭やプライベートとの両立など多くの要望に沿った転職の実績あり。
 
今すぐの転職はちょっと・・という薬剤師も相談可。
 
直接会って話を聞いて欲しい、相談したい薬剤師に特におすすめの薬剤師転職サイトです。

公開求人数施設種類雇用形態
41,000件以上薬局、病院、ドラッグストア、企業正社員、パート派遣
相談方法おすすめの薬剤師特記
直接面談(全国12会場)、電話、メール、オンライン女性、20代、30代薬局見学にもコンサルタント同伴実績あり

\求人紹介件数最大級/

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師紹介

『マイナビ薬剤師』の強みはなんと言っても豊富な薬剤師求人と薬剤師専門アドバイザーの情報力・交渉力。
 
あなたと一緒に「本当に大事な条件とは何か?」を考え、「隠された強みや弱み」を掘り下げて、あなたが最も満足できる転職先を探してくれます。
 
アドバイザー自らが担当エリアのさまざまな調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業に足を運び、自分の目で直接見学し、人事担当者や薬局長、現場スタッフにヒアリングを行っていますので情報は真実だけ。
 
マイナビ薬剤師がもっとも大切にしているキーワードは、「安心・納得」。
 
薬局長の人柄や職場の雰囲気など、店舗ごとの詳細な情報を提供してくれます。

転職先について、『じっくり比較検討して、納得してから転職したい』と考える薬剤師におすすめの薬剤師転職サイトです。

公開求人数施設種類雇用形態
47,000件以上薬局、病院、ドラッグストア、企業正社員、パート
相談方法おすすめの薬剤師特記
直接面談(全国15会場)、電話、メール、オンライン初転職、直接相談したい土日にも相談会実施

重要なのは薬剤師転職サイト選びではなくて、病院選び

薬剤師転職サイトの比較も転職成功には重要な要素であることは間違いありません。

ですが、最も大切なのは、どこの病院に転職をするかです。

いろいろなサイトを見て、どこの薬剤師転職サイト・転職エージェントに登録すれば良いか悩んできたことと思います。

病院薬剤師の求人状況は刻一刻と変化しています。求人は急に出てきますし、気づいたら無くなっていることもよくあること。

転職活動のスタートは今です。まずは行動しましょう。転職するかどうか考えるのは求人の詳しい条件を聞いてからでも大丈夫です。

薬剤師転職サイト・転職エージェントに一度登録してしまえば、あとはコンサルタントと連絡をとりつつ、興味ある求人案件に応募するだけ。

どのサイトも登録は1分程度で終わります。

\出張面談対応で地方在住の薬剤師も安心/

\職場見学にも同行してくれる!/

\交渉力最強!/

病院へ転職する際の注意点

病院に対しての間違った思い込みがあると転職失敗の原因になりますので気を付けてください。

あなたは病院薬剤師の求人票を見て、どういう薬剤師を欲しがっているかがわかりますか?どのような資格や経験を持った薬剤師を必要としているかわかりますか?

求人票に書かれているような表面的なことではなく、本当はこういう薬剤師が欲しいというもっと深い部分です。ここをしっかり知ることができれば応募書類の作成や面接対策をしっかり立てることが可能となります。

その情報を知っているのは薬剤師転職サイトの転職コンサルタント

転職コンサルタントの力を借りれば病院への転職も難しいものではなくなります。転職で後悔することの無いように、おすすめした3社のうち2社程度に登録をして、しっかりと情報を集めたうえで転職先を決定してください。

\登録は下記のリンクから今すぐ/

\紹介件数最多級・サポートも万全/

登録を後回しにすると、好条件の求人は別の薬剤師のところへ。

今ここで登録を済ませておきましょう。

ドラッグストアへの転職を希望するなら

製薬企業への転職を希望するなら

派遣薬剤師なら

薬剤師転職サイトはどれが良いのか選べない。そんな時は。

薬剤師転職サイトを使って転職をするメリットのまとめ

公開されている求人に直接応募すると後悔します(メリット無し)