派遣薬剤師は高時給・高収入 メリットとデメリットを徹底分析
q

派遣に興味のある薬剤師

派遣薬剤師は時給が高いと聞いたことがあります。実際にどのくらいもらえるのでしょうか?
私も派遣薬剤師として働きたいのですが、派遣薬剤師のデメリットはありますか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 派遣薬剤師の時給(年収)
  • 派遣薬剤師のメリットとデメリット
  • 派遣薬剤師のデメリットを小さくする方法
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回のチェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論
派遣薬剤師の時給はパート薬剤師よりも圧倒的に高い。

年収で正社員薬剤師を超えることも。

時間や勤務場所を比較的自由に変えることができるメリットは大きい。

ただし、デメリットもあるので注意は必要であるが、適切な薬剤師派遣会社に登録することでそのデメリットを小さくすることは十分可能。

派遣薬剤師とは薬剤師派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社と契約している薬局やドラッグストアなどで仕事をする薬剤師のことです。


一般的には1ヵ月から1年以内の短期間派遣されます。同じ職場で長く勤めることはありません。

派遣薬剤師の詳細やパート薬剤師との違いについてはこちらにまとめました。

派遣薬剤師の時給(年収)

派遣薬剤師の時給は2,500円から3,500円が相場となっています。


薬剤師が不足していて今すぐにでも欲しいという薬局は時給4,000円以上で求人を出しています。

派遣薬剤師の時給3,000円でフルタイム勤務の場合の年収試算

仮に、時給3,000円で1日8時間働けば24,000円。

月に20日勤務するとして月給480,000円

年収で600万円弱

派遣薬剤師の時給4,000円でフルタイム勤務の場合の年収試算

時給4,000円×1日8時間労働×週5日勤務(※176時間/月換算)で

想定月収70万4000円。

想定年収はなんと844万8000円!

派遣薬剤師でフルタイム勤務すると800万円超も可能。週3日勤務でも軽く年収が500万円を超えます。

派遣薬剤師として働くメリットはお金以外にもまだまだあります。

派遣薬剤師のメリット

  • パート薬剤師よりも好待遇の求人が多く(場合によっては正社員よりも好待遇)高収入が得られる
  • 働き方の自由度が高い
  • 派遣元企業に準じた福利厚生を受けられる
  • 派遣薬剤師も有休、産休・育休取得可能
  • 職場の人間関係に悩む必要がない
  • 退職するときのストレスが無い
  • 個人や小規模のチェーン薬局への派遣でも安心
  • キャリアアップしやすい

パート薬剤師よりも好待遇の求人が多く(場合によっては正社員よりも好待遇)高収入が得られる

働き方の自由度が高い

派遣薬剤師は時間や曜日を限定して勤務することが可能であるうえに、働く期間を選ぶこともできます。

時間や曜日を限定して働き、残りの時間は子供に、家族に、自分に使う。
正社員ではなかなかできない働き方です。

契約により勤務時間や出勤日数がしっかりと決まっているので家事・育児との両立がしやすくなります。
また、勤務時間や出勤日数だけでなく働く期間も選べるので短期の仕事~長期派遣まで、働き方の自由度が高まります。

3ヶ月だけ働きたい、留学するまでの期間働きたい、お金が貯まったらゆっくりしたいなど、派遣薬剤師なら都合に合わせて働く期間を選ぶことも可能です。

育児、介護、旦那の転勤などにより正社員として働くのが難しい薬剤師にとって、自由な時間設定で働ける派遣薬剤師は欠かせない選択肢の1つです。家庭や育児との両立が必要な場合など派遣薬剤師という働き方はぴったりです。

派遣元企業に準じた福利厚生を受けられる

個人や小規模のチェーン薬局への派遣でも安心
派遣薬剤師だって派遣元の制度を使って有休、産休・育休の取得が可能です。

職場の人間関係に悩む必要がない

ずっとその職場の人たちと一緒に働き続けるわけではありませんから、人間関係に関してはドライでいられます。
雇用期間が終了すれば合うこともありませんから、煩わしい人間関係で悩むことはありません。

退職するときのストレスが無い

雇用契約が終了すればそれで勤務終了です。
よくある転職の時の引き止めや、上司に退職することを言いだしづらいという悩みは一切不要です。

キャリアアップしやすい

多くの職場を経験できるのでキャリアアップにつながります。正社員だと転職を繰り返す必要がありますが、派遣薬剤師ならそういった心配はありません。
職場を転々としていても、派遣薬剤師なら履歴書に傷がつくこともありません。

派遣薬剤師のデメリット

  • もっと働きたいと思っても契約が終われば終了
  • 派遣薬剤師のコストは高いので経営が悪くなると先に切られやすい
  • 派遣会社に求人が無いと無職の期間ができてしまう
  • どんなに福利厚生が充実している薬局に派遣されても使えない

もっと働きたいと思っても契約が終われば終了

派遣先の薬局がすごくいい所だった。ずっとそこで働きたいと思っても契約が終了となれば勤務終了です。もちろんその薬局に転職して正社員になるという道はあります。

派遣薬剤師のコストは高いので経営が悪くなると先に切られやすい

調剤報酬改定により技術料が下げられ、調剤薬局の経営は厳しくなりつつあります。

また、6年制薬剤師が卒業するようになってからは新卒薬剤師の採用が増えてきています(空白の2年間と比べてです)。

経営的に厳しい状況で、かつ薬剤師がまあまあ充足してきたら真っ先に切られるのは、派遣薬剤師です。

 

経営状況が厳しくなってきている。調剤報酬改定の影響が大きい。

売上を伸ばしたい。

新規薬局を開局したいがすぐには無理。受診抑制や長期処方の増加に伴い、受付回数も伸びない。

費用を削減しよう。

薬剤購入費は削れません。

じゃあ人件費を削減しよう。

社員をクビにするのはちょっと・・。派遣の薬剤師を切りましょう。すぐに効果が表れます。

 

 薬局が派遣薬剤師を切る理由
派遣薬剤師を雇う費用(コスト)ってどのくらい?
先ほど派遣薬剤師の時給の相場は2,500円から3,500円と書きましたが、派遣薬剤師を入れると薬局側の支払いはどうなるのでしょうか。

例えば時給3,000円で1名の派遣薬剤師を入れた場合です。

薬局側の支払いは一般的に派遣薬剤師の時給の約2倍!1時間当たり約6,000円となります。
薬局は全額を薬剤師派遣会社に支払い、薬剤師派遣会社は派遣費用等の手数料を差し引き、残りを派遣した薬剤師に給与として支払います。

派遣薬剤師と派遣会社の取り分はおおよそ半々です。

派遣薬剤師を1人入れるには時給の約2倍の費用がかかっています。当然薬局側としてはムダに高い給与を払っているのですから、新卒薬剤師の採用がうまくいった場合や、中途薬剤師が転職してくれば真っ先に派遣の薬剤師の契約延長をストップします。

一般薬剤師社員やパート社員との労務費の比較ですが、福利厚生費や採用費などを考慮しても、やはり派遣薬剤師は派遣会社への支払い分が重くコスト増となります。薬剤師の人数が充足した際は、切りやすい派遣薬剤師が真っ先に削減対象となるのは当然のことです。

派遣会社に求人が無いと無職の期間ができてしまう

派遣で働きたいと思っても自分が登録している薬剤師派遣会社に派遣求人がなければ紹介してもらえません。

どんなに福利厚生が充実している薬局に派遣されても派遣薬剤師は使えない

派遣先の薬局の福利厚生が充実していても派遣社員は使用することができません。派遣薬剤師の福利厚生は派遣先ではなく派遣元である薬剤師派遣会社の制度を利用します。

派遣薬剤師のデメリットを小さくする方法

どの薬剤師派遣会社から派遣されるかが一番重要

 派遣薬剤師が登録すべき薬剤師派遣会社の3つ条件

  • 派遣先との交渉力が強い
  • 福利厚生が充実している
  • 派遣求人を多く持っている

派遣契約を結ぶ際には派遣先の薬局と派遣元の薬剤師派遣会社が交渉します。


時給、期間、その他の条件等の詳細が決められます。交渉力が強い派遣会社であればより条件の良い待遇で勤務することが可能です。


また、派遣先の薬局への要望も交渉力の強い薬剤師派遣会社であれば通る可能性が高まります。


こういう理由で交渉力の強い薬剤師派遣会社から派遣されるべきなのです。


さらに、派遣薬剤師の福利厚生は派遣元の薬剤師派遣会社の制度に基づきます。


福利厚生が充実している薬剤師派遣会社に登録する


派遣求人を多く持っている薬剤師派遣会社に登録すれば契約が終了してもまたすぐ次の職場を紹介してくれます。

 3つの条件を満たすおすすめの薬剤師派遣会社

派遣薬剤師として働くにはどうすれば良いのか。その手順と流れはこちらにまとめました。

まずは3つの条件を満たす薬剤師派遣会社に登録することからスタートします。


派遣薬剤師のデメリットを小さくしつつ、派遣薬剤師のメリットを最大化するには、しっかりとしている薬剤師派遣会社に登録して派遣薬剤師として働くということ。です。

派遣薬剤師の働きやすさは、どこに派遣されるかではなくどの薬剤師派遣会社から派遣されるかによって決まると言っても過言ではありません。

派遣薬剤師として働くのであればしっかりとした派遣元の会社を選ばないと大変です。同じ薬局で働く場合でも諸条件が変わってくる場合があります。受けられる福利厚生サービスも異なりますので注意しましょう。

pharma

過去に自分の薬局で派遣薬剤師を入れたことがありますが、派遣元はファルマスタッフでした。その派遣薬剤師は働きやすいようなサポートもあるし、希望通りの職場を紹介してくれるので助かると言っていましたね。

 やっぱり派遣薬剤師のデメリットが気になる。正社員の薬剤師に転職するなら

正社員の薬剤師よりも先に影響を受けるのが派遣薬剤師なのですから。正社員としての働き方を考えてみてはいかがでしょうか?