派遣薬剤師登録をしてから薬局で働くまでの流れ【60秒で登録完了】
q

派遣薬剤師登録をしたい薬剤師

派遣薬剤師として薬局で働くにはどうすれば良いでしょうか?

いろいろわからないことがあるのですが、わかりやすく教えてください。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 派遣会社に登録してから実際に薬局で働くまでの流れ
  • 薬剤師派遣会社のおすすめ
  • ファルマスタッフで派遣薬剤師登録をする方法
  • 派遣薬剤師登録をすることで生じるデメリット
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
転職2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。

転職に失敗する薬剤師をゼロにしたいという思いで、自らの経験を基に記事を作成しています。
詳しい自己紹介

結論:派遣薬剤師の登録はとても簡単でたったの60秒で完了します。以下の4つの薬剤師派遣会社を当サイトではおすすめしていますが、中でもファルマスタッフを第一としています。

 派遣薬剤師登録ができる薬剤師派遣会社

派遣薬剤師ではなく、正社員薬剤師の転職の流れはこちらをご覧ください。

派遣薬剤師として働くまでの流れ

登録から薬局で実際に働くまでの手順はおおむね次の通りです。

 派遣薬剤師登録から働くまでの流れ

  1. 薬剤師派遣会社への登録
  2. 希望条件のヒアリング
  3. 求人の紹介(職場見学)
  4. 雇用契約
  5. 派遣薬剤師として勤務開始

まずは薬剤師派遣会社への登録

薬剤師を派遣している薬剤師派遣会社は大手から小規模までたくさんあります。

 

一番はファルマスタッフをおすすめしています。

 

派遣薬剤師登録にファルマスタッフをおすすめしている理由

 

 

ファルマスタッフで派遣薬剤師登録をする方法

ファルマスタッフで派遣薬剤師登録をする方法

ファルマスタッフのサイトから、『派遣』を選択したあと必要事項を入力するだけ。


登録に必要なのは、

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所(市町村まででOK)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 質問・要望(任意)

だけです。

薬剤師免許番号がわからなくても大丈夫です。

簡単に60秒で派遣薬剤師登録が完了します。

 

登録費用はもちろんかかりません。

ファルマスタッフで派遣薬剤師登録をする】

 すぐに登録可能な派遣薬剤師紹介会社

どの薬剤師派遣会社への登録も約60秒で完了し、すべて料金はかかりません

完全に無料です

 

派遣されてからももちろん無料です。

 

登録を済ませると、最短当日、遅くとも翌営業日には専任の担当者から連絡が来るという流れです。

 

希望条件のヒアリング(面談、電話、メール、オンラインで)

専任の担当者がこちらの経験や要望を聞いてくれます。

 

勤務地や勤務時間、職種、時給、休日などの希望条件をしっかりと伝えましょう。

 

 

ヒアリングは直接担当者と会う面談が基本ですが、遠方や忙しいなどの理由により電話やメールでの対応も可能です。

 ヒアリングの際に伝えるべき希望条件

  • 給与(希望の時給)
  • 勤務日数、勤務時間
  • 引越や住居
  • 薬局へのアクセス(通勤手段:徒歩、自転車、バス、電車、自家用車など)
  • 業務内容
  • 薬局の立地条件

 

また、不利と思われるような要件(ブランクあり、未就学の子供ありなど)も伝えておきましょう。

その点も対応可能な職場を紹介してくれます。

 派遣薬剤師の希望勤務例

  • 「週に2日だけ働きたい」
  • 「1日4時間までで残業はしたくない」
  • 「土日は休みたいので平日のみ勤務したい」
  • 「1ヵ月だけ働きたい」

 

こういった、細かい要望を伝えておく事でミスマッチを防げます。

派遣薬剤師求人の紹介

薬剤師派遣会社は薬局やドラッグストアからの求人(派遣依頼)を多数持っています。

 

専任の担当者があなたからヒアリングで聞いた希望条件に沿った働き方ができる派遣先を見つけてくれます。

 

仮にその時には希望に沿った勤務先が見つからなかったとしても見つかるまでサポートしてくれます。

 

勤務時間や時給、その他の条件が働くのに問題ないとなれば、次は雇用契約に進みます。

職場見学(必要に応じて)

職場や住居の見学、スタッフとの顔合わせ・就業に際しての簡単な打ち合わせも、必要に応じて実施可能。

雇用契約

派遣会社の担当者は、派遣先での雇用条件や就労時の注意事項を説明してくれます。

その条件で問題がなければ、派遣会社と雇用契約を結びます。

登録をした段階では、派遣会社との雇用契約は結ばれません。
派遣先が決まった段階で、派遣会社と雇用契約を結びます。
その後何か不明な点が出てきたときには、全て薬剤師派遣会社の担当者に連絡を取ります。

派遣薬剤師として勤務開始

派遣先の薬局では、その薬局の管理薬剤師等の指示のもとに働きます。

 

雇用主は派遣会社ですが、仕事の指揮・監督は派遣先の企業(薬局)の仕事

 

派遣先での勤務中に不明なことや困ったことがあった場合には、派遣会社の担当者に相談します。

 

薬局の人に言うのではなく、派遣会社の担当者に意見や希望を伝えてください。

 

派遣会社の担当者が薬局と調整・交渉をするのですが、派遣会社の交渉力が物を言います。

 

しっかりした薬剤師派遣会社に登録するのが重要というのはこれが理由です。

派遣薬剤師登録をするデメリット

派遣薬剤師登録をすることによって生じるデメリットは特にありません。


先に書いたように、登録イコール薬剤師派遣会社に就職するということではありません。


薬剤師派遣会社から派遣の紹介があって初めてそれを受けるかどうかを決める。


受けることにした時点で契約するという流れです。


登録だけしておいて、良い求人が紹介されるまでは仕事を受けないという選択も可能です。

当サイトで推奨している薬剤師派遣会社2つ

image

薬剤師派遣会社ファルマスタッフ(PHARMA STAFF)の特徴

image

薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴

たった2分で2つの薬剤師派遣会社への登録が完了します。

q

複数の薬剤師派遣会社に登録しても大丈夫なのでしょうか?


pharma

はい、大丈夫です。

雇用契約は派遣先が決まったときに成立しますので、複数の派遣会社に登録しておくことは全く問題ありません。


実際、複数の派遣会社に登録しておいて、同時進行で勤務先を探してもらう薬剤師が多いですね。

自分の希望に最も近い派遣先が見つかったら、その派遣会社と雇用契約を結び勤務を開始します。


 

ファルマスタッフも薬キャリもしっかりとしていて信頼ある薬剤師派遣会社です。

ファルマスタッフ



薬キャリ(エムスリーキャリア)

g

わたしでも派遣薬剤師は務まるでしょうか?

pharma

派遣薬剤師で働くのに必要な要件は薬剤師免許の有無のみです。

それなりの経験と知識は必要ですが、調剤薬局で数年間しっかり仕事をしてきた薬剤師なら問題なく派遣薬剤師として働けます。

 おすすめした薬剤師派遣会社

<派遣薬剤師関連記事>

派遣薬剤師のメリットとデメリット


派遣薬剤師は産休・育休・時短は取れる?