転職するべきか迷っている薬剤師へ。今すぐ転職すべきです。
q

転職を迷っている薬剤師

転職したほうが良いのか、それとも転職しないほうが良いのか迷っています。

どうすれば良いでしょうか。転職をするか転職をしないかはどのように決断したらよいでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師が転職を迷ったらすべきこと
  • こんな職場なら即転職で大丈夫
  • 薬剤師が転職するかどうか迷っている時間はもったいない

この記事を書いている私は転職経験2回の管理薬剤師です。

2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。

そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。

転職した時の体験をもとにして解説していきます。

薬剤師が転職をしたほうが良いかしないほうが良いか迷ったらどうすべきか。

結論:転職を強く検討すべき

理由について解説していきます。

薬剤師が転職を迷ったらすべきこと

転職すべきか迷ったら次のことをしてみましょう。

  • 転職を考えたきっかけをもう一度振り返る
  • 自分の本当の希望は何なのかを見つめ直す
  • 絶対に譲れない条件を決める
  • 転職するメリットとデメリットをよく考える

転職を考えたきっかけをもう一度振り返る

転職を考えるようになったきっかけは何でしょうか。

人間関係、給与の低さ、勤務地などいろいろあると思います。

私の場合は経営が個人であったため就業規則などがしっかりしておらず、サービス残業も普通にしていました。どのようにして給与が上がるのか、賞与はどのくらいもらえるのかなども全くブラックボックスといった状態でした。薬局数が増えることもなさそうで将来性という意味でも不安でした。こんなところで長く働けないなと思ったのが転職を考えるようになったきっかけです。

自分の本当の希望は何なのかを見つめ直す

自分の希望が今の職場で働き続けてかなうのか。
自分の希望が転職すればかなうのかを見つめ直しましょう。

私の場合は、本当の希望は長く働き続けることができるような薬局でした。信頼のおける経営をしている薬局であること、管理薬剤師やその上への昇進といったキャリアプランの選択肢が多い、そして薬剤師の育成に強いところが良いと考えていました。

転職を失敗してしまうことが不安で転職しようか躊躇している方もいらっしゃると思います。転職の失敗を心配するのではなく、成功確率を限りなく高めることに時間を使いましょう。転職成功確率を限りなく高めるには絶対に譲れない条件を確立するということが必須となってきます。

絶対に譲れない条件を決める

転職によって得たいものは何か。条件の中でどれを最優先にすべきかをしっかりと定めましょう。

転職の成功とは自分が思い描いている理想に沿った転職を実現すること。

残業が少ないことを最優先の条件として転職活動を始めたのに、高額給与の薬局に転職してしまって結局残業時間が増えてしまった・・・。
これでは転職成功とは言えないでしょう。
これだけは絶対に譲れない条件というものををしっかりと決めておかないと、最終決定の時も的確な判断ができません。

転職をしてもまた同じような悩みが出てきてしまうのであれば転職する意味はありません。違った解決策が必要です。

転職するメリットとデメリットをよく考える

薬剤師が転職することで得られる多くのメリットと、転職することのわずかなデメリットについては以下に詳細を書きました。
私もそうでしたが、感情がマイナス(ネガティブ)な状態だと転職のデメリットの方ばかり考えてしまいがちになります。

冷静にメリットとデメリットを比較してみると、転職することで得られるメリットが多いことに気づくでしょう。

 転職について考えるときは冷静に

勢いや怒り、強い不満などの感情を持った状態で転職をするかどうかの判断をしてはいけません。

強いマイナスの感情が邪魔をすると正しい判断ができなくなります。

ネガティブな感情で大事な決断をしてはいけません。

今の薬局(職場)を辞めて転職するべきか、転職を辞めて留まるべきかを冷静に判断するために整理していきましょう。

転職のメリットとデメリットの比較だけでなく、転職しなかった場合のデメリットも合わせて比較検討しましょう。目先の利益だけではなく長期的に考えることが大切です。

こんな職場なら即転職で大丈夫

今の職場が次に書くようなところだったら転職をしないデメリットが大きすぎます。
転職しようかどうしようなんて悩む必要ないレベルです。
今すぐ転職してそんな職場から立ち去りましょう。

それでもまだ転職すべきか迷っている薬剤師へ。こんな職場ならもう転職してもよくないですか?

会社全体がパワハラ体質

ある上司個人の問題であれば異動という選択肢もありますが、会社全体としてそういう風土なのであればすぐに転職すべきです。

体を壊すほどの長時間労働

長時間労働でよいことはありません。

残業時間の多さが健康を損なうレベルならすぐに辞めるべき。長期にわたって長時間労働が続くとうつ病になる可能性が高まります。
働けないほどの重症になってしまうとその後の後遺症が大きすぎます。

人間関係の悩みで自分の体調が悪くなってしまった

いじめ、無視などの人間関係に悩んでいて、すでに体に変調が起こっている。


これは危険なサインです。


自分の事をもっと大切にしましょう。そんな変な人がいる職場に嫌々出勤する意味って何でしょうか。

そんな職場から離れたって大丈夫なんですよ。

薬剤師が転職するかどうか迷っている時間はもったいない【今すぐ行動してみては】

転職は大きな決断を伴いますから迷うのは当然です。


転職しようかどうしようかと悩んでいるということは今の薬局(職場)に対して何かしらの不満や違和感を感じているのでしょう。


あれっ、この薬局ヤバイなとモヤモヤしながら良い仕事なんてできません。

迷っているくらいなら一度転職して外の世界を見てみるのも良い経験です。
転職をすれば自分が感じた違和感がやっぱり正しかったということがよくわかるでしょう。

「でもやっぱりここにいたほうがいいのかな」といつまでも悩んでいて隣の芝を見ても仕方ありません。転職してみないとわからないことも多いです。

迷って悩んでいる暇があったら薬の勉強に充てるべき。転職しようかどうしようか迷っているだけでは時間がもったいない。

10年後、20年後、あなたはどうなっていたのかという理想をイメージしてください。
その理想を実現するのに最適な職場を探すのです。
今の職場で実現できそうなら辞める必要ありません。
でもこのページを見ているあなたはおそらくそうではないのでしょう。
ずっと今の職場で仕事を続けてきて、他の薬剤師が辞めても残り続けてきて支えてきた。人手が少ないからと辞めずに頑張ってきた。

それでもやっぱりこのままでよいのかと悩んでいる。

ここまで逃げずに頑張ってきた経験は次でも必ず生きてくるはずです。

一歩を踏み出せずに悩んでいる人が今やるべきことは、悩んだり考えることではなく、一歩踏み出すこと。

一歩動けば新しい世界が見えます。

人生の視野を広げることにつながります。

悩んで大切な時間を浪費するのはもうやめましょう。

とにかく勇気を出して、まずは一歩踏み出してみませんか。

転職活動の力になってくれる薬剤師転職サイト・転職エージェントのリンクを貼っておきます。

  • マイナビ薬剤師|20代から40代の正社員薬剤師の転職に強い転職サイト。派遣薬剤師でなければまずはここに登録しましょう。
  • ファルマスタッフ|日本調剤のグループ会社。転職支援20年以上の実績あり。派遣やパートの求人も豊富に持っているので女性薬剤師にもおすすめです。
  • リクナビ薬剤師|人材領域のプロであるリクルートが運営する、薬剤師に特化した人材紹介サービス。早さに定評あり。急ぎで転職先を探したいならここ。
  • 薬キャリ|エムスリーグループが運営している薬剤師転職サイト。登録者数No.1 オールマイティに強い。

今の職場でそのまま働き続けますか?


なにも行動せずに良くわからないからと、「転職しないで働き続ける」という結論を出すのもよいですがその答えは正しいものでしょうか。


選択肢が少なすぎます。

さきほど紹介した薬剤師転職サイトや薬剤師転職エージェントを使うタイミングはいつか?その答えは、今の職場をやめる前であり、今すぐ行動することが一番の正解です。


サイトに登録して求人の紹介を受けつつ、今の職場の状況と比較してみてその結果転職するかしないかという結論を出すべきでしょう。


まずは行動 → そして、「転職するかしないか」、「転職するならどこの薬局にするか」を考えていきましょう。


薬剤師転職サイト・転職エージェントに一度登録して希望や条件を伝えてしまえば、あとはコンサルタントからのメールを確認しつつ、興味ある求人案件に応募するだけです。どのサイトも登録は1分程度で終わりますので、是非この機会に行動してみましょう。