薬剤師転職しない方がいい状況7選【今は転職せずに待って】
q

転職したい薬剤師

薬剤師が転職しないほうが良いっていうのはどういう場合ですか?

転職すると損ということはありますか?

えっ絶対に転職をしてはいけない時があるんですか!

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師が絶対に転職をしてはいけない7つの状況
  • それでもどうしても転職したい時は?
【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト・転職エージェント徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論:薬剤師が転職しない方がいい場合・状況は確実に存在します。

しかし、それは全員に当てはまるわけではありません。

「何を優先するか」によっては転職したほうが良い、転職すべきと答えは変わっていきます。

薬剤師が転職しない方がいい7つの状況

薬剤師が絶対に転職をしない方が良い7つの状況があります。

もしあなたが転職を考えていたとしても、当てはまったら少し様子を見ましょう。

定年退職間近

もうすぐ定年退職で退職金がもらえる。そのような定年間近での転職はしない方が良いでしょう。

転職することでもらえるはずの退職金がもらえなかったり、減額されたりで損する可能性が高いでしょう。また、定年間近の年齢ですと採用されにくいという側面もあります。

定年退職間近の薬剤師は転職をしない方が結果的には得ということが少なくありません。

年収がすでに700万円を超えている

年収アップが目的の転職の場合、この金額以上を転職によって得るのはかなりハードルが高いといえます。


転職後ですぐに年収600万円という求人は多いのですが、それが700万円、800万円となると急激に少なくなってしまいます(無いわけではありませんが)。




年収がすでに700万円を超えている薬剤師が、さらに年収アップ可能な求人を探すのは至難の業。


転職以外でも年収をアップさせる方法あります。

人間関係の悩みが全くない

薬剤師が転職を考えるきっかけで一番多いのは職場の人間関係です。


多くの薬剤師が人間関係で悩んでいる中で、人間関係の悩みが全くないというのはうらやましいこと。

あなたの人柄がそうさせるのでしょう。そんな薬剤師のあなたが転職すると、新たな職場の人間関係で悩むという問題がでてきてしまうかもしれません。


人間関係の悩みが全くない薬剤師はそのようなリスクを冒してまで転職をする必要はないのではないでしょうか。

毎日が充実していて仕事に行くのが毎日楽しい

仕事に行くのが毎日楽しいのであれば転職する必要なんてないですよね。

ぜひ今の薬局でそのまま仕事を続けてください。

毎日仕事に行くのが楽しいなんて・・・。


今日は仕事に行きたくない。けど、あと一日行けば休みだから何とかかんばろう・・・・と思っている薬剤師のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。

奨学金免除制度を利用している

契約内容にもよりますが、退職することで今まで代わりに支払ってくれていた金額を請求される場合もあります。


奨学金免除制度を利用している薬剤師が転職することは慎重にならざるを得ませんね。

悩みはあるもの、異動すれば解決する

悩みはあるものの、異動によって解決できるのであれば無理に転職をする必要はありません。

例えば多店舗展開している調剤薬局チェーンなら異動も考えましょう。


希望通りに異動できない場合ももちろんありますが、異動希望を出すというのも一つの手。


転職するよりも異動のほうがはるかに楽です。会社自体に不満がある場合は転職しかありませんが。

住宅ローンを組む予定がある

1年以内に住宅ローンを組む予定があるなら転職は時期を考えた方がよいです。

転職直後は勤続年数の関係で、住宅ローンの融資を受けられない可能性があります。


住宅購入の予定があるなら、転職は住宅ローンを組んでからにしましょう。

自分が希望する条件に合う転職先が無い時

こちらの条件が厳しすぎる、高すぎるという場合は別ですが、条件に合う転職先が無いのであれば無理に転職はしない方が良いです。

変に条件を妥協してしまい、「これなら元の薬局のほうが良かった」と後悔することになるからです。

どこに転職するかだけではなく、転職しないで今の職場に留まるという選択肢も残しておきましょう。

それでもどうしても転職をしたい時には

もし、あなたが「転職しない方がいいパターン」に当てはまっていたとしても、転職をしたいと思ったらどうすれば良いか。

何を最優先とするか」は明らかでしょうか。

このタイミングでも最優先とするものを転職で得られるでしょうか。

失うものの方が大きくはないでしょうか。

転職することで何を得たいのか、何を減らしたいのか、何をなくしたいのか。

多くの年収を得たい、休みが欲しい、残業を減らしたい、いやな人間関係をなくしたい・・。

少しくらい年収が下がっても良いから人間関係の悪い職場から離れたい、信用できない会社からは逃げたい。

何を優先するかで答えは変わります。


悩んでいるだけでは何もかわりません。最初の一歩を踏み出しましょう。

 まとめ
薬剤師が転職してはいけない状況に当てはまるときには、転職せずにとどまりましょう。

状況はすぐに変わります。転職したほうが良いタイミングが来るのを待ちましょう。

あなたにピッタリの薬局がきっとみつかります。