薬剤師の転職成功に必須!転職に求める優先順位の正しいつけ方
q

転職の希望条件の優先順位をどうやってつけたらよいかわからない薬剤師

転職先に求める条件に優先順位を付けたほうが良いと聞きました。

でもどうやって優先順位をつければよいのでしょうか?

優先順位をつけておくと失敗しないって本当ですか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 転職に求める優先順位の正しいつけ方
  • 希望条件の優先順位が転職成功の条件
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。



薬剤師が転職を失敗する原因の多くは、希望条件の少なさと優先順位をつけていないこと。


ある一部の条件については希望通りだったものの、その他については検討すらしておらず「こんなはずじゃなかった」と転職したことに後悔をしています。


転職に失敗して後悔しないよう、希望条件に正しく優先順位をつけ、希望が叶う職場に転職しましょう。

転職に求める優先順位の正しいつけ方

あなたの転職が成功だった失敗だったかは、転職したことによってあなたの願いが叶ったかどうかで決まります。


自分の希望条件が全てかなう職場に転職することができたら、その転職は成功と言えるでしょう。


また、全てが希望通りとはならなくても(一部妥協したが)一番譲れない条件がかなったのであれば、その転職も成功と言えます。


転職に求めるあなたの願いは何でしょうか。


全ての願いが叶う職場を探すのは骨の折れる作業ですし、見つかるとも限りません。


あなたの願いに優先順位をつけ、なるべく多くかつ優先順位の高い願いが叶う職場に転職をしましょう。


そうすればあなたの転職は成功。後悔することなんてありません。


転職をして良かったーという声が聞こえてきます。


さっそく転職に求める条件に優先順位をつけていきましょう。

 転職に求める条件の優先順位のつけ方

  • 希望条件をとにかく書き出す
  • 絶対に譲れない条件(MUST)を選ぶ
  • これはあったら良いなという条件(WANT)を選ぶ
  • 並び変える

とにかく書き出す

あなたは転職をすることでどうなりたいのでしょうか。まずは自分とゆっくり向き合ってみましょう。


今の職場・会社ではそれを実現することが難しいと思い転職を考えたのだと思います。


あなたが転職で実現したい事柄をとにかくたくさん紙に書き出しましょう。

 転職先に求める条件の例

  • 病院で働きたい、薬局で働きたい、ドラッグストアで働きたい、企業で働きたい
  • 年収は500万円以上、600万円以上、700万円以上、800万円以上欲しい
  • 年間の休日は120日以上
  • 土日休み
  • 休暇を取りやすい
  • 残業なし
  • 通勤時間30分以内
  • 人間関係が良い
  • 転勤なし
  • 通勤30分以内
  • 年間休日120日以上
  • ○○科の門前は嫌
  • 薬剤師1人当たり30枚以下
  • 福利厚生が充実している
  • キャリアアップが図れる
  • 昇進できる
  • スキルがアップする

たくさん書き出すことができたでしょうか。


希望条件があまり出てこなかったら、次の方法を試してみてください。

  • 転職を考えるきっかけとなった出来事から探す
  • 他の薬剤師の転職理由を参考に探す

転職を考えるきっかけとなった出来事から探す

あなたが転職を考えるきっかけは何だったでしょうか。


人間関係?


将来性?


給料への不満?


会社への不信感?

転職を考えるきっかけになった出来事を譲れない条件に据えましょう。


通勤が苦で転職をしようと考えたのに、ちょっと給料が良いからと言って同じような通勤時間がかかる薬局への転職は結果的に失敗します。

人間関係が苦で転職を考えたのに、給料が良いから人間関係の部分は目をつぶって転職したのであれば同じ不満がまた出てきてしまい、その転職は失敗だったとなるでしょう。

他の薬剤師の転職理由を参考にして希望条件を出す

薬剤師が転職理由に挙げるもので多いのは以下の不満です。

  • 職場の人間関係に対する不満
  • 職場環境(調剤室環境)に関する理由
  • 薬局の残業時間・忙しさに対する不満
  • 休日(休暇・連休)を取れないことに対する不満
  • 薬剤師の給料(年収・ボーナス)に対する不満
  • 出産・育児の問題
  • 薬剤師としてのスキルアップに対する不満
  • 会社への不満
  • 経営の問題
  • コンプライアンス
  • 薬局の立地に対する不満

あなたも他の薬剤師と同様、このような不満をお持ちではないでしょうか。

転職コンサルタントとの面談の中で希望条件を出す

自分の本当の希望は何なのかが、人と話をしている間にふっと出てきて考えがまとまるといった経験はないでしょうか。


プロの転職コンサルタントと面談をする目的はまさにこれ。自分が気づいていないような希望や要望の考えをコンサルタントが引き出してくれます。
漠然としていた今の職場への不満はどこからきているのかが見えてくることもあるでしょう。


転職コンサルタントとの面談の中で自分の本当の(真の)希望条件が見つかることは少なくありません。

pharma

実は私もそうでした。

自分が考えていた希望条件は給料が良い事と人間関係が良い事でしたが、私が本当に求めていたのは将来性と信頼感だったのでした。

面談の中で真の希望条件が見つかる薬剤師転職サイト

  • マイナビ薬剤師|20代から40代の正社員薬剤師の転職に強い転職サイト。派遣薬剤師でなければまずはここに登録しましょう。
  • ファルマスタッフ|日本調剤のグループ会社。転職支援20年以上の実績あり。派遣やパートの求人も豊富に持っているので女性薬剤師にもおすすめです。

とは言ってもなかなか希望条件が決められないということもあると思います。その場合は、これから書いていく転職先の薬局を決める前に確認すべきポイントをご活用ください。

次はいよいよ優先順位付けです。


たくさん出てきた希望条件に優先順位をつけていきます。


条件に優先順位をつけると言われても困ってしまう方がほとんどです。


いきなり順位を付けなくて大丈夫です。


まずは挙がった希望条件をざっくりと3つのグループに分けてみましょう。

希望条件を分類する3つのグループ

  1. 絶対に譲れない条件(MUST)
  2. これはあったら良いなという条件(WANT)
  3. 別にどっちでも良いという条件

絶対に譲れない条件(MUST)を選ぶ

あなたは何を叶えたくて転職をするのでしょうか。


ここにはそれが入るはずです。


年収アップなのか、転勤なしなのか


たくさん書きだした条件のうち、絶対に譲れない条件がいくつかあると思います。


3つでも5つでも構いません。できれば条件を複数選び出しておきましょう。

これはあったら良いなという条件(WANT)を選ぶ

あなたはどんな職場なら長く働けますか?


福利厚生の充実、休みが取りやすいなど、あなたがこれはあった方が良いなという条件を複数選びましょう。

残りが別にどっちでも良い条件ということ

MUSTにもWANTにも入らなかった条件がこのグループに分類されます。

並び変える(優先度の高いものから)

そしてそれぞれを順位づけします。

どっちでも良い条件については順位付けの必要はありません。

自分がこの中で一番重視するポイントはどこにあるのかを並び替えてみてください。


転職先に求める希望条件が決まります。

転職が成功したと言えるのは

自分が本当に望んでいることが叶う薬局へ転職ができたら、それは転職が成功したということ。

あとからこんなはずではなかった、もっと調べておけば良かったと後悔してしまわないように正しい手順で転職すれば大丈夫です。


例えば年収が今より50万円アップしたとしても、社風が自分に合わなかったり、正しい仕事ができないような職場ならその転職は失敗です。

そのためにも正しい手順で、調べるべきところ、確認すべきところはしっかりと。


また転職する必要が出てこないよう、転職先を決める際には徹底的に比較検討をしてください。

薬剤師転職サイトのコンサルタントにいくつか薬局を紹介してもらったとしても最終的な判断を下すのは自分です。

 じっくり相談しながら転職活動をしたい薬剤師向け