人間関係を理由に薬剤師が転職しても全く問題ありません。大丈夫です。
NEWq

薬局の人間関係に悩んでいる薬剤師

薬局の人間関係に悩んでいます。
先輩からのいじめもあるし、みんなギスギスしているし。
このままこの薬局でがんばれる自信がありません。

薬剤師が薬局の人間関係を理由にして転職しても良いのでしょうか。

人間関係を理由にした転職をするときの注意点があれば教えてください。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬局は人間関係が悪化しやすい
  • 人間関係を理由に転職したって良い
  • 人間関係を理由にした転職をするときの注意点
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回のチェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

薬局は人間関係が悪化しやすい

そもそも、薬局は人間関係が悪化しやすい要素がたくさんあります。


 薬局内の人間関係が悪化しやすい原因

  • 常に少人数で仕事をする
  • 閉ざされた空間
  • 薬剤師と事務という2つの職種
  • 薬を間違えてはいけないという状況

このように薬局には人間関係が悪化するようなきっかけがたくさんあるのです。


そして人間関係で悩みを抱えて仕事を辞める薬剤師はとても多いです。

薬局という閉ざされた環境で、ほぼ毎日同じメンバーで、しかもミスできないという張り詰めた空気の中で仕事をしていると相当なストレスがかかりますよね。


普通なら何でもないような些細なことであっても、こういった環境下では人間関係悪化につながることも珍しいことではありません。


また、良い人間関係が構築できていたとしても、たった1人の変な薬剤師や事務が入ってきただけで一気に崩壊することも良くある話です。

上司や先輩からのパワハラ、いじめ、いびり、無視、いじわる。何が理由だかわかりませんが実際によくある話です。

 薬局でよくある人間関係の悩み

  • 管理薬剤師(上司)との関係
  • 先輩薬剤師の関係
  • 後輩薬剤師との関係
  • 事務スタッフとの関係
  • 男女関係のもつれ
  • 女性社会ならではの・・・

嫌な上司に疲れてしまった。
先輩からの圧迫感がストレスに感じる。
同僚との関係性が面倒に感じる。
価値観や会話など、雰囲気が合わず居心地が悪い。
女性社会で疲れてしまった。
など、それぞれの職場によって人も違えば悩みも違うでしょう。また、会社全体の社風が人間関係の悪化や風通しの悪さを引き起こしていることもあります。


人間関係の悪さが原因で体調を崩すこともあります。


そういった意味でも人間関係を理由にした転職は問題ありません。

一度壊れた人間関係は環境が変わらない限り修復は不可能。


人間関係に悩み、転職を考える。



このように人間関係の問題で転職を考える薬剤師は本当に多いのです。

人間関係を理由に転職したって良い

先に書いた通り、薬局は人間関係が悪化しやすい環境であることがおわかりいただけたと思います。

薬局で働く薬剤師が人間関係を理由に転職しても問題ありません。

 人間関係を理由に転職したって良い理由

どこの薬局の責任者でも人事担当者でも社長でも、その全員が「人間関係の問題で転職するのはよくあること」と認識しています。


ですから人間関係の問題で転職することは大丈夫です。


実際に、女性薬剤師は人間関係を理由に転職をすることが多いです。

そして、人間関係が良い薬局はたくさんありますから転職先もまだまだあります。


それでも、ちょっと人間関係が嫌なくらいで転職するなんておかしいのでは?甘えているだけと思われてしまうのでは?と不安になる薬剤師もいるかもしれません。



でも大丈夫です。

人間関係に悩みながら調剤や鑑査、服薬指導をしなければならない。そんな状況で患者さんに対して良い仕事ができますか?


良い仕事はできませんね。
仕事へのモチベーションも上がらないと思います。

人間関係で悩んでいて転職するか考えているものの、まだ迷っているのなら一歩進んでみてはどうでしょう。


今よりもっと良い職場はたくさんあります。

でもやっぱり転職せずにこの薬局で頑張りたいなら次の記事を参考にどうぞ。

人間関係が悪化する原因と抜け出し方

人間関係をよくする方法

人間関係を理由にした転職をするときの注意点

人間関係が嫌になって転職することは問題ありませんが、転職活動をする時には注意が必要です。

 人間関係を理由にした転職をするときの注意点

  • 転職するかどうかの判断は冷静に
  • 転職先の人間関係についてよく調べる
  • 面接では人間関係が転職の理由であることを伝えない

転職するかどうかの判断は冷静に

現在の環境から早く逃げ出したいという気持ちから「ここでなければどこでもいい」といった心理状態で活動すると、冷静な判断ができなくなってしまいます。


ただ今の職場から抜け出すことが目的となってしまうのはいけません。その他の条件もしっかり考え、その条件に合った薬局へ転職してください。

転職先の人間関係についてよく調べる

人間関係が良くない薬局へ転職してしまったら同じことでまた悩むことになってしまいます。

人間関係が問題で転職してもまた人間関係で悩むことになったら嫌ですね。
そのためにも転職先の人間関係がどういう状況なのかを調べましょう。


人間関係の調査はなかなか難しいです。ここはコンサルタントに任せましょう。


自分で調査をすることもできます。それは薬局見学のときに人間関係を見る、感じることです。

詳しくはこちらのページにまとめましたのでご覧ください。

アットホームな薬局ですとか、風通しのよい職場ですとか求人情報に書いてあっても信じてはいけません。

面接では人間関係が転職の理由であることを伝えない

人間関係が転職の理由であったとしても正直になんでもかんでもしゃべってはいけません。


前の薬局の人間関係の悪さを面接であれこれ話したところでよい印象を持たれることはありません。


ポジティブな理由に変えて伝えましょう。

 人間関係が理由で転職する方法(まとめ)

  • そもそも薬局は人間関係が悪化しやすい環境
  • だから人間関係を理由に転職したって大丈夫(みんな知っている)
  • 人間関係を理由にした転職を考えたら冷静な判断を。そして、転職するなら転職先の人間関係についてよく調べること。そして面接では人間関係が転職の理由であることをべらべらとしゃべらない

こういった点を守れば、人間関係が理由での転職も間違いなく成功します。

転職先の人間関係についてよく調べるにはやはり転職コンサルタントの力を借りたほうが良いでしょう。内部情報の調査はかなり難航するはずです。

人間関係でまた悩まないためにもここは力を借りましょう。

 人間関係の問題で転職を考えているならこちらで相談可能です