薬剤師の転職メリットとデメリット【どちらが大きいか比較を】
q

転職のメリットとデメリットを知りたい薬剤師

転職のメリットとデメリットをしっかり比較して検討したいのです。

薬剤師が転職するメリットとデメリットにはどのようなものがあるか、それぞれ教えてください。

  • 転職したいけどどうしよう。
  • 転職したら損をするのかな?
  • まだ入社したばかりだからもう少し我慢して続けたほうがよい?

転職をした方がよいか、それともしない方がよいのか迷っていませんか?

転職についてどうしようか考える。実は、大変すばらしい事です。

pharma

ほとんどの薬剤師が思考停止で現状に身を置いている中で、転職について真剣に考えているあなたは確実に将来幸せになります。

転職のメリットとデメリットをしっかり比較すればもう不安になることはありません。

この記事を読めば、あなたは転職のメリットとデメリットをしっかりと理解でき、転職するかどうか決断ができます

本記事の内容
この記事では次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
薬剤師の転職にはメリットもデメリットも両方あります。

それぞれを比較して、メリットの方が大きいと判断できれば転職。デメリットの方が大きければ転職をしなければいいだけ。

一番のデメリットは転職をすべきかどうかすら考えないこと。薬剤師は転職するのが普通の時代になりました。一つの会社しか経験の無い薬剤師はリスクが高いと言われています。

薬剤師が転職するデメリット(失うもの)

薬剤師が転職するデメリット(失うもの)

まずは薬剤師が転職をするデメリットについて見ていきましょう。

薬剤師が転職をするデメリット

退職金が減る可能性がある

若いうちの転職であれば大きな問題とはなりませんが、40代、50代での転職の場合には退職金が減る可能性があることに注意が必要です。

ですが、最近では確定拠出型年金制度の導入が進んでいます。

確定拠出型年金制度を導入している会社なら、転職をしても今までの分を移管することができるので退職金で損をすることはありません。

転職先に確定拠出型年金制度があるかどうかを確認しておきましょう。

ボーナスがもらえない場合がある

転職の時期によってはボーナスがもらえない場合があります。

転職のタイミングを工夫して、ボーナスを満額もらってから辞める方法もあります。

但し、転職後の職場では勤務日数の関係で1回目のボーナスは満額もらえることはないでしょうから、長期的にみればあまり大きな差とはなりません。

住宅ローンの審査に通りづらくなる

転職直後は住宅ローンの審査に通りづらくなります

住宅ローンを組む予定のある方は、転職のタイミングに注意が必要です。

住宅ローンを組んでから転職をするか、転職をして1年以上経過してから住宅ローンを組みましょう。

引越しが必要となる

会社の借り上げ社宅制度を利用している場合には、引越しが必要となります。

実家に戻らずに一人暮らしを続けたいなら、借り上げ社宅制度を利用できる薬局へ転職しましょう。

転職活動に費やす時間が必要

転職活動をするには時間が必要です。

休日を転職活動に充てる必要も出てくるでしょう。

薬剤師転職サイトを利用すれば、面倒な薬局見学や面接の申し込み、日程調整等はあなたの代わりに無料で代行してもらえます。

この問題はほぼ解決できます。

薬剤師転職サイトを利用するメリットとデメリットはこちらにまとめてあります。

人間関係を一から構築する必要がある

転職をすると人間関係を一から構築しなくてはなりません。

言い換えれば、今までの嫌な人間関係を全てリセットできるということ。

新たな人脈ができるという意味ではメリットでもあります。

不満や問題点が解決されないこともある

転職をしてもあなたの不満や問題点が解決できないこともあるかもしれません。

この点については、正しい転職の方法・手順を取っていけば心配いりません。

また、転職活動は就職活動とは違って、実際に配属される店舗を事前に見学できます。

どんな場所で、どんな雰囲気で、どんな人と働くことになるのかを事前に調査することで、その不安は解決できます。

店舗を見学してみて、何か違和感を感じたらやめておけば大丈夫。

就職失敗のリスクよりも、転職失敗のリスクの方が低いのはこのためです。

新たな職場でやり方を一から覚える必要がある

転職により会社が変わると、使用するレセコンや分包機のメーカー、薬歴のソフトなどが変わってしまうこともあるでしょう。

調剤機器が同じならスムーズに業務に入れるでしょうが、優先すべきは調剤機器ではありません

レセコンや薬歴ソフト、分包機の操作なんてすぐに覚えられます。

転職成功のためには、あなたの不満や問題点が解消できるという点を重視して転職先を探してください。

薬剤師が転職するメリット(得るもの)

薬剤師が転職するメリット(得るもの)

あなたが現在持っている最大の不満。これが転職によって解消されます。

薬剤師が転職する理由で多いのはこの4つ。

  • 人間関係
  • 労働環境
  • 給料(待遇)
  • 研修・教育体制

上手に転職先を探せば、これらの問題全てが解決できます。

 薬剤師が転職するメリット

新たな人間関係をつくれる

現在の最悪な人間関係も、転職すればキレイさっぱり切ることができます。

  • 上司と合わない
  • 上司に無視される
  • いじめ
  • お局様の存在
  • セクハラ・パワハラ
  • スタッフ間でのコミニュケーションが希薄でミスが多い
  • 仕事が円滑に進まない

転職をすれば、こんなことで悩む必要はもうありません。

残業や休日出勤などの労働環境の改善ができる

転職をすれば、あなたの希望通りの環境で働けます。休みが取れない、残業が多すぎるといった悩みも解決です。

  • 長時間労働が常態化している
  • サービス残業が多い(残業時間に上限があるなど)
  • 薬剤師が常に不足している
  • 休憩時間が十分とれていない
  • 業務分担が不公平(人によって仕事量に差がありすぎる)
  • 有給休暇の申請なんてできる雰囲気ではない
  • 有給休暇の取得率はほぼゼロ(病気になった時しか休めない)
  • 仕事が終わっても帰りづらい雰囲気
  • 出産・育児に対して職場の理解が得られない

これら全てが解決します。

年収が増える可能性がある

転職をすると年収が今よりも増える可能性が高まります。

特に20代、30代の若手薬剤師は、転職による年収アップはほぼ確実です。

  • 給料が上がらない
  • ボーナスが出ない、もしくは少ない
  • 給料が相場よりもかなり低い
  • 仕事の成果・能力が給与に反映されない

転職すれば、これらすべて解決可能です。

転職でスキルアップが見込める

転職により、スキルアップが見込めます。

薬剤師に対する教育・研修制度が優れている薬局なら、あなたは今まで以上にスキルアップすることができます。

また、転職で環境が変わると視野が広がる、新しいことにチャレンジできる、やりがいが得られるといった効果もあるでしょう。

  • 薬剤師としての知識向上のためのフォローが無い
  • 教育・研修の制度がそもそもない
  • 今の職場にいても薬剤師として成長が見込めない
  • 単科の処方せんしか来ない(眼科、整形、皮膚科など)

これらが全て転職で解決できます。

将来性のある会社で働ける

後継者もいない、売上も減っている、新店舗もできない。

このような会社にいては、先が見えません。

  • 薬局が赤字続きで将来性がない
  • 他社に吸収合併されそう
  • 将来のキャリアパスが見えない
  • 薬局数が増えず管理薬剤師に昇進できない

転職をすることにより全て解決できます。

薬剤師としての視野・知識・見聞が拡がる

薬剤師は転職をしないこともリスクです。

というのも、1つの会社しか知らないとそれが全てであると思ってしまい、間違いに気づけなくなる危険性があります。

転職して初めて、あのやり方は間違っていたということに気づくことも多いです。

また、会社が変わればやり方も変わります。今までの経験を活かしてさらに良い方法にしていくこともできるでしょう。

転職することで薬剤師としての視野・知識・見聞が拡がるのは間違いありません。

薬剤師は転職をしないことも大きなリスクになるという事を知っておきましょう。

まとめると、あなたが転職をすれば、以下の事が全て可能となります。

転職するとあなたが得られるもの

  • 職場の嫌な人間関係から脱することができる
  • 休みがしっかりとれる職場で働けるようになる
  • 残業が少ない職場で働けるようになる
  • 給与(年収)アップが見込める
  • 教育体制が整った職場で働くことができる
  • 違う業種で働くこともできる(薬局、病院、ドラッグストア、企業など)
  • 育休、短時間勤務に理解のある職場で働くことができる
  • 成長性の高い薬局チェーンに入社することもできる
  • 業績が安定している薬局チェーンに入社することもできる
  • 自分が希望する都道府県(地域)で働ける
  • 薬剤師としての視野・知識・見聞が拡がる

但し、このようなメリットをしっかりと得るためには、転職先の薬局をうまく探す必要があります。

転職のメリットを大きくしてデメリットを小さくする方法

転職のメリットを大きくしてデメリットを小さくする方法

転職をするメリットを大きくしつつ、デメリットを小さくする方法。

それはあなたの希望を明確にして、その条件に合う転職先を探すこと。

希望する条件がブレてしまうと、転職をしてもあなたの不満や問題が解決できません。

絶対に解消させたい不満を解決できる職場を探すこと。これが大切なポイントです。

そのためにも、信頼できる薬剤師転職サイトに登録をして転職活動を進めて行きましょう。

転職のデメリットを小さくしてメリットを最大化するためには薬剤師転職サイトの利用は必須です。

薬剤師転職サイトを利用するメリットとデメリットはこちらにまとめてあります。

pharma

私が信頼している薬剤師転職サイトはこの4社です。うちの会社で薬剤師の紹介が来るのはこの4社のみですから。

本当にオススメできる薬剤師転職サイトランキング

≫マイナビ薬剤師の詳細
≫ファルマスタッフの詳細
≫アポプラス薬剤師の詳細
≫薬キャリエージェントの詳細

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。
≫複数の薬剤師転職サイトに登録するのは今では常識

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

≫薬剤師が転職で後悔しないための8つの注意点

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

好条件の求人を逃さないためにも登録は本日中に!

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

pharma

どの薬剤師転職サイトに登録したら良いのか迷ったらマイナビ薬剤師ファルマスタッフの2つに登録してください。これであなたは転職に成功できます。


薬剤師の転職メリット・デメリット(まとめ)

薬剤師の転職メリット・デメリット(まとめ)

薬剤師が転職をすると生じる可能性があるデメリット

  • 退職金が減る可能性がある
  • ボーナスがもらえない場合がある
  • 住宅ローンの審査に通りづらくなる
  • 引越しが必要となる
  • 転職活動に費やす時間が必要
  • 人間関係を一から構築する必要がある
  • 不満や問題点が解決されないこともある
  • 新たな職場でやり方を一から覚える必要がある

薬剤師が転職をすると生じるメリット

  • 新たな人間関係をつくれる
  • 残業や休日出勤などの労働環境の改善ができる
  • 年収が増える可能性がある
  • 転職でスキルアップが見込める
  • 将来性のある会社で働ける
  • 薬剤師としての視野・知識・見聞が拡がる

いろいろありますが、最大のメリットはあなたが現在持っている不満が解消できること。

あなたが転職をすることで得られるメリットはたくさん。デメリットもありますが、転職活動をうまく進めることで転職をするデメリットを小さくすることができます。

pharma

転職をしないことはリスクだということを忘れないでください。

 転職をしないデメリット

  • 自分の評価(年収)が妥当なのかどうかわからないまま
  • 他でも自分の実力が通用するのかがわからないまま
  • ひとつの職場しか知らないと、薬剤師としての知識やスキルの幅が広がらない
  • 今の職場のおかしいことに慣れてしまい、おかしいと思えなくなる
pharma

一言で言えば、井の中の蛙大海を知らずです。

そうなってしまわないよう、外の世界を見てみてください。今とは全く違う景色が見えるはずです。

まずは、薬剤師転職サイトに登録してコンサルタントと面談を。

これで、あなたが置かれている状況を第三者目線で判断してもらえます。

コンサルタントと直接面談ができる薬剤師転職サイトのオススメはマイナビ薬剤師、ファルマスタッフ、アポプラス薬剤師の3社です。

担当者と直接会って相談できる薬剤師転職サイト

薬剤師保有求人数最多級
条件交渉力が強い
20代から40代の転職に強い
全国15会場で直接面談可能(業界最多)

\マイナビ薬剤師の登録は/
\↓こちらから↓/

≫マイナビ薬剤師の詳細

全ての雇用形態に対応!
じっくり相談したい薬剤師向け
薬剤師転職支援22年の実績!
全国12拠点で面談可能

\ファルマスタッフの登録は/
\↓こちらから↓/

≫ファルマスタッフの詳細

出張面談対応!
地方在住でも直接面談できる
薬剤師転職サポート27年!
パート・派遣求人も取扱あり!

\アポプラス薬剤師の登録は/
\↓こちらから↓/

≫アポプラス薬剤師の詳細

この3社の中から複数の薬剤師転職サイトに登録して、セカンドオピニオン的に使うと転職活動がはかどって効率的です。

pharma

今では複数の薬剤師転職サイトを併用して転職活動をするのが常識となっています。