薬剤師の転職の悩み│採用面接・試験に受からない原因とその対処法
NEWq

転職の採用面接・採用試験で受からない薬剤師

転職活動をしているのですがなかなか薬局の面接に受かりません。

なぜでしょうか。

何か対策はあるでしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 採用面接・試験で受からない理由・原因
  • 採用面接・試験で受からない薬剤師の特徴
  • 採用面接・試験で受かるようにする方法
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回のチェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:不採用(不合格)の理由は薬剤師本人に知らされることはないが、理由はそれほど多くない。その理由に当てはまらないように対策すれば受かるはず
但し、年齢や転職回数、職務経歴等、どうにもならない部分での不合格はあるのでそこはあきらめるしかない

その薬局(会社)においてどの程度薬剤師が不足しているのか(すぐにでも薬剤師が欲しいかどうか)によって、採用するかどうかの判断基準が変わります

まずはこのことを知っておいてください。

採用試験に受からない薬剤師全員になんらかの問題があるという事では決して無いのです。

(もちろんなんらかの問題がある場合もあります。)

すぐにでも薬剤師が必要という状況であれば、採否の判断は緩く(ハードルが低く)なりますし、そこまで薬剤師が不足していないというのであれば採否の判断は厳しくなります。

薬剤師が転職の採用面接・試験で受からない理由・原因

うちのチェーン調剤薬局に転職を希望してきた薬剤師の中で、不採用となってしまった理由と原因について書いていきます。

 転職希望の薬剤師が不採用となった原因(当薬局での例)

  • 薬剤師が直近で充足した
  • 薬剤師から出された条件が厳しかった、多かった
  • 履歴書の時点で採用のハードルが上がっていた
  • 履歴書でやらかしていた(志望動機がネットのコピペ等)
  • 面接官が良い印象を持てなかった
  • 前職の不満話ばかりをする
  • 筆記試験の点数が悪い
  • 薬局見学のときの悪態

薬剤師が直近で充足した

社内の薬剤師が他県から異動してくることが直前で決定したことで、うちの薬局で薬剤師を採用する必要がなくなったので採用しませんでした。

会社全体としては薬剤師がまだまだ必要でしたので、その薬剤師に対し、「同じ市内の別の薬局ではどうか」という提案をしたのですが、家からの通勤距離と時間、バス通勤がネックとの事でした。

今はまだ、売り手市場だから転職希望の薬剤師が断るというのはあり得ますが、この程度の条件が飲めない薬剤師は今後採用されないと思います。

薬剤師から出された条件が厳しかった、多かった

うちの薬局の定休日は日曜日のみです。そこに、土日休みでないと困るという条件を提示されたので採用しませんでした。というか採用できませんでした。

私が勤務しているチェーンの調剤薬局の場合、その人だけ条件面で優遇することはほぼ不可能です。

例えば、月曜から土曜日まで開局している薬局に『土日休みは必須条件』という薬剤師が入ってきたらどうでしょうか。


他の薬剤師が土曜日に休みたいと思っても休めず、あの薬剤師だけそんな条件でズルいということになるでしょう。


不満がたまって人間関係が悪化します。


このような理由で、目に見える条件をその人だけ優遇して採用することはできないのです。

例外として、給与については、「前職を考慮」ということで、上限はあるものの一定の優遇は可能です。


薬剤師転職サイトを通じて給与交渉をしましょうというのはこの点においてという事です。




薬剤師どうしで年収いくら?と聞き合うことは基本的にはありませんし、前職を考慮したと言われれば調べようがありません。


他の薬剤師への影響が少ないというのが給与面を優遇できる理由です。

休みなどの他人から見てわかるような条件については優遇できないため不採用にせざるを得ません。
この場合、「正社員としては無理だが、パートだったら土日休みでも良いですよ」と伝えますが、なかなかOKはしてくれません。

こういう薬剤師は不採用です。

休みの条件だけ妥協してくれたら採用するのにという薬剤師が、うちの薬局だけでも過去に数人いました。

チェーン薬局だと他の薬剤師との兼ね合いもあるので厳しいですね。

履歴書の時点で採用のハードルが上がっていた

年齢や職務経歴などを総合的に判断して不採用とすることがあります。

 履歴書的に厳しい薬剤師

  • 年齢が定年間近
  • 転職が2,3年毎に頻回にされている
  • 数年間無職の時期がある
  • 長期間のブランクがある

履歴書を見せていただいた時点で、採用へのハードルが上がっている(採用の可能性は低い)のですが、実際面接で会ってみないとわからない部分は多いです。

もしかしたら、本当はすごく良い人でうちの薬局で活躍してくれるかもしれない。


調剤未経験でもまだ若いし、良さそうな人なら採用してみよう。
年齢的には厳しいが、専門知識が豊富なら採用してみよう。
ブランクがあるが、理由が妥当なら採用しよう。

こういう期待をもって面接に来ていただきます。

そもそものハードルが高かったのでとくに面接で失敗していなくても不採用となるのは仕方のないことです。


履歴書でやらかしていた(志望動機がネットのコピペ等)

やる気のない書き方であったり、カラーコピーでの提出であったりした場合は印象が悪いです。

手書きであろうがパソコンであろうが関係ありませんが、カラーコピーは手抜きしすぎかと。

仕事でも手抜きしてくる可能性が高いのでうちでは採用しません。面接するまでもなく書類選考で落とします。

どうしても面接させてほしいと紹介会社に言われた場合は面接しますが。

面接官が良い印象を持てなかった

面接での判断材料は主に、今いる人材と合うかどうか、社風との相性、面接官と直観です。

 面接で不採用を決めた薬剤師の特徴

  • 質問したことに全く答えず、話がそれる薬剤師
  • 薬や病態のことはなんでも知ってますという自信過剰の薬剤師
  • この薬局の管理薬剤師をやらせてくださいと急に言ってきた薬剤師
  • 入社してあげるけどという態度の勘違い薬剤師
  • 転職サイトに紹介されたからとりあえず来ました的な薬剤師

こういう薬剤師は、入社後に問題を起こすことが経験上多いらしいのですべて不採用となりました。

前職の不満話ばかりをする

前職でいかに自分が不当な扱いをうけたか、ひどい待遇であったかを面接で言い続ける薬剤師って結構います。

大変だったのはわかりますが、うちで言われてもどうすることもできません。

今の職場で言うべきですね。

筆記試験の点数が悪い

履歴書や面接的には完璧だったのに、筆記試験の点数が社内基準を満たしておらず不採用となった薬剤師もいました。

単純に筆記試験の点数が足りていないので、どうしようもありません。
筆記試験が社内基準に到達していない薬剤師を採用してもし何か問題があった場合、採用者の責任問題になってしまいます。

薬局見学のときの悪態

その薬剤師が薬局見学のあと、薬局の駐車場にごみを捨てていったのをうちの事務スタッフが見ていました。

薬局見学で対応した薬剤師に話を聞いたところ、良い印象は無いとの回答であったため、面接も筆記試験も高得点だったのですが不採用としました。

薬局見学は非常に重要ですとこのサイトでも書いていますが、


採用する薬局側にとっても薬局見学は非常に重要です。

求職者の薬局見学=採用側の薬剤師見学

面接者以外の一般スタッフが接してみてどのような印象を持ったかは結構重要な判断基準です。

これから一緒に働く可能性のある人ですから、一般薬剤師や事務スタッフは自然とよく見ていますよ。

採用面接・試験で受かるようにする方法

履歴書対策

志望動機は特に注意が必要です。

条件面での対策

どうしてもその薬局で働きたいと思うのであれば、薬局側から出された条件や提案をある程度受け入れることが必要。その条件は譲れないという場合は、条件に合う薬局を探しましょう。
個人薬局であれば条件面の優遇はチェーンよりは比較的簡単です。

面接対策

コミュニケーションがとれない、聞いたことにしっかり答えることができない薬剤師はまず採用されません。面接で何を言っているかわからない薬剤師が服薬指導などできないと思われているからです。

聞かれたことに対してはまず、結論を述べ、必要に応じて理由を追加しましょう。前職での不満やひどい点など、聞かれてもいないことをベラベラと面接でしゃべる必要はありません。

面接同行を利用すればこれらの悩みはほぼ解決可能です。

筆記試験対策

どんな問題が出るのかを知ることはほぼ不可能です。薬剤師としての知識や一般常識を再度勉強するしかありません。

 薬剤師が転職の面接で受からない最も大きな要因は薬局のニーズとあっていないこと。

求人票には薬局が求める薬剤師像の記載はされていませんので、そこは割り切るしかありません。

薬剤師転職サイトのコンサルタント・エージェントから、その薬局の求める薬剤師像を教えてもらえれば受かる可能性は高まるのではないでしょうか。

面接の時点ですでにミスマッチという状況は薬剤師側、採用側双方にとって良いことはありません。

薬剤師転職サイトのコンサルタント・エージェントと連絡をしっかり取って、自分の求める条件が叶う、かつ受かる可能性の高い薬局を紹介してもらいましょう。

 担当者と直接会って話せるから思いが伝わる薬剤師転職サイト