スキルアップのために転職する薬剤師への注意点【失敗しないために】
q

スキルアップのために転職をしようと考えている薬剤師

今の薬局は研修がほとんどありません。受け付けている処方せんの診療科も偏っているし。

転職をすればスキルアップできますよね?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • スキルアップのために転職しようとしている薬剤師への注意点
  • 薬剤師が本当にスキルアップできる環境とは
  • 薬剤師がスキルアップするために必要なもの
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:転職すれば自動的にスキルアップできるわけではありません。どんなスキルを伸ばしたいのかが明確になっていないと、スキルアップできそうな雰囲気だけの薬局を選んでしまうという失敗を犯すでしょう。

スキルアップのために転職しようとしている薬剤師への注意点

  • 今の薬局では処方が偏りすぎていているからスキルアップできない。
  • 今の会社は研修がほとんどないからスキルアップできない。

だから、スキルアップのために転職しようと考えてしまっていませんか?

他の薬局に転職しさえすればスキルアップするはずという考えを持っていたとしたら要注意。


スキルアップできそうな雰囲気だけの薬局を転職先に選んでしまう可能性が高いです!

いくら処方内容が偏っていても、単科の処方しか受けていなかったとしても、専門の資格を取得したり、認定薬剤師を取ったりすればそれも立派なスキルアップです。


書籍やe-ラーニングでの学習もスキルアップの一つでしょう。


もし、他の病院からの処方せんを受け付けた時にそのスキルが役に立つはずです。


転職しなくてもスキルをアップさせることは十分可能です。


転職しただけで、あなたのスキルが自動的にアップするわけではありません。

一方で、転職によって業務内容やポジションをあえて変化させることによって、スキルアップを実現することもできます。


当然必要なスキルが変わってきますから、そのスキルを獲得することはできるでしょう。

 調剤薬局から病院への転職で得られるスキル
調剤薬局ではあまり扱わない、注射や点滴、輸液などの調剤や、高度な医療を学ぶことができます。

 調剤薬局からドラッグストアへの転職
OTC医薬品や介護商品、健康食品、化粧品などの知識が身に付きます。接客・接遇のスキルもアップするでしょう。

 調剤薬局から企業への転職
製薬企業のMR職ではビジネスマナーやプレゼンテーション、医師への営業、目標ノルマ達成のためのスキルや報告書作成といった様々なスキルが得られるはずです。

 企業から調剤薬局へ転職
調剤スキルがアップします。患者さんとのコミュニケーションスキルもアップしていくでしょう。

スキルアップのために転職しようと考えているなら、どんなスキルをどの程度まで伸ばしたいのかをまずは考えましょう。


そうしないと、スキルアップができる転職先選びに失敗します。

あなたが、思い描くスキルアップとは具体的に何でしょうか。


どんなスキルをどの程度アップさせたいのでしょうか。


その考えがまとまれば、どういう環境の薬局に転職する必要があるかが見えてきます。

薬剤師が本当にスキルアップできる環境とは

薬キャリ調べによると、83%の薬剤師はスキルアップに取り組んでおり、具体的な内容としては、認定薬剤師や専門薬剤師等の資格取得や調剤スキルや医薬品の知識取得、医療薬剤師業界の情報収集が上位となっています。


スキルアップの手段としては外部セミナーへの参加が最も多く、次いでWEBサイト閲覧、書籍、eラーニングや通信教育、社内勉強会への参加、新聞・雑誌を読むとなっています。


職場選びの際、スキルアップできる環境を重視しますかとの問いには、70.5%の薬剤師が『はい』と回答。


スキルアップできる環境として優先度が高い項目は、「社内勉強会の頻度・内容」で60.0%、「資格取得支援制度」(54.5%)、「eラーニング環境」(52.7%)と続いています。

「スキルアップできる環境」には2通りの意味があるので注意!

  • スキルアップができそうな雰囲気だけの薬局
  • 社内勉強会、社内DIからの情報発信、豊富な社内研修で自然に知識が身に付く薬局

スキルアップができそうな雰囲気だけの薬局

総合病院の門前だからスキルアップできます!


医療モール内に出店しているので処方箋の種類や内容が豊富。さまざまな科目の調剤業務に携わることができます!

それだけをもってスキルアップができる環境であるとは思わない方がよいです。

半年も経てば一通りどんな処方内容なのかわかりますし、必要な知識やスキルはつくでしょう。


大切なのはその先で、どう深く掘り下げていくかです。
調剤して服薬指導ができればOKということではないはずです。

  • この患者さんに対してフォローアップは必要か
  • 生活習慣はどうか
  • 食事・睡眠・排泄はどうか
  • 副作用は出ていないか
  • 併用薬はどうか
  • サプリメントや健康食品を摂っていないか
  • 検査値はどうか
  • 腎機能・肝機能はどうか・・・

こういったことをすべて関連付けて、生活全般をサポートしていく必要があります。

薬の種類が多いから、専門的な処方箋が来るからという理由だけで、総合病院門前の大型薬局へ転職をすることは避けるべきです。

薬局の担当者からのスキルアップの説明で、「いろんな処方せんが~」という文言が出てきたらちょっと疑った方がよいでしょう。

社内勉強会、社内DIからの情報発信、豊富な社内研修で自然に知識が身に付く

薬剤師が本当にスキルアップできる環境とは、社内勉強会、社内DIからの情報発信、豊富な社内研修、e-ラーニングなどの独自の学習教材が整備されている薬局です。


スキルアップができそうな雰囲気だけの薬局に騙されないで。

薬剤師がスキルアップするために必要なもの

薬剤師がスキルアップするために必要なものは先に書いた環境だけではありません。

環境に加えて必要なものは、


時間、元気とお金

休みが取れず、朝から晩まで仕事という環境ではスキルアップの時間を作れません。


人間関係のストレスなどで元気が無かったら、スキルアップをしようと思えないでしょう。


薬学専門書の購入にはお金がかかります。


スキルアップのために薬剤師が転職をしようと考えているなら、

スキルアップできる環境
時間
元気
お金

この4つをしっかりと確保できる職場に転職してください。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイトの転職コンサルタント・エージェントならこの4つをしっかりと確保できる職場を紹介してくれます。