このままで平気?転職するならこんな薬局がおすすめ!【選び方7選】
q

転職先の薬局の選び方に迷っている薬剤師

薬局へ転職したいのですが、どんな薬局がおすすめでしょうか。

待遇が良いことも大切ですが、これから長く働き続けられるようなちゃんとした薬局じゃなきゃだめだと思うんです。

どのように薬局を選べば良いでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • このまま今の薬局で働き続けても大丈夫か見極める方法
  • 薬剤師が薬局に転職するときの選び方7つのポイント
  • 転職するならこんな薬局がおすすめ
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

この記事には、薬剤師が転職する時にどのような調剤薬局チェーンを選べば良いかという内容が書かれています。

転職先薬局の選び方は、【薬剤師向け】転職希望条件の決め方│転職前の確認事項チェックリストをご覧下さい。

今の薬局でこのまま働き続けても大丈夫かどうかのチェックポイント

 こんな薬局(会社)なら即転職

  • 会社の経営が悪化している
  • 会社が成長していないまたは衰退している
  • 必要な設備投資、補修はされていない
  • 自分自身が成長を実感できていない
  • 会社全体がパワハラ体質
  • 会社全体が隠蔽体質
  • 会社ぐるみで不正をしているまたは不正を強要されている

自社の経営状態をチェックしましょう。


調剤売上は伸びているでしょうか。しっかり利益は出ているでしょうか。利益率はどうでしょうか。


未払い給与の有無、卸からの値引き額の悪化でもチェックが可能です。こういった兆候が見られたら経営状態がかなり悪化していると言えます。

会社全体がパワハラ体質ではないか

成長しているか

不正なことはしていないか

こういう薬局に転職してはいけない。

薬剤師が薬局に転職するときの選び方7つのポイント

今働いている薬局または病院での10年後の自分を想像してみて下さい。

10年後は管理薬剤師?


もっと昇進してエリアマネージャーになっている?


それとも経営幹部?


結婚して子供ができたから育休中かもしれませんし、保育園に預けながら時短勤務をしているかもしれません。


今の職場で10年後の自分をしっかりと想像することができたでしょうか?

すでに転職をして今の職場から去っていることだって考えられます。

本当に今の職場で働き続けていて大丈夫でしょうか?

「今」の給料や働き方を重点的に考えることも大切ですが、10年後の事の自分をしっかりとイメージすることができる薬局に転職しましょう。

 

これから転職しようと考えている薬剤師は「今」の環境を変えたいだけの「逃げの転職」ではなく、10年後の自分をしっかりイメージできる薬局への「攻めの転職」を目指してください。

調剤薬局の社長は何を考えているか(薬局の方向性)

薬局数が増加しているかどうか

新卒薬剤師の採用を積極的に行っているかどうか

コンプライアンスがしっかりしているか

薬剤師のキャリアパスが複数用意されているか

在宅に取り組んでいるかどうか

社員教育に力を入れているかどうか

転職するならこういう薬局がおすすめ

ゆるやかに成長している
ある程度規模の大きい(合併する側になれる)薬局
新卒薬剤師を定期的に採用し、社員教育にも力を入れている
薬剤師のキャリアパスがいろいろあって、コンプライアンスがしっかりしている。
株式上場の予定がある会社
持ち株会に入って未上場のうちに株を購入する。上場して株式の価値が上がると大きな売却益が得られる。
薬局の機械化が進んでいる(設備投資に積極的)