企業に転職するならマイナビ薬剤師一択(製薬MR・CRA・CRC)
mensuitnayami

企業への転職を考えている薬剤師

私は調剤に向いていないみたいです。

いつもミスばかりで・・・。

今から企業への転職は可能でしょうか?

企業へ転職する時にはどうやって求人を探せばよいですか?

企業へ転職するのにオススメの薬剤師転職サイトも教えてください。

病院やドラッグストア、調剤薬局から企業へ転職したいと考えている薬剤師が増加しています。

  • 調剤ミスばかりで自分には向いていないことがわかった
  • 間違えてはいけないというプレッシャーに押しつぶされそう
  • 毎日自分のペースで仕事ができないのが辛い
  • 上司や先輩から仕事が遅いといつも怒られる
  • 難しい患者さんの対応ばかりで嫌になった
  • 薬の事や病気の事を覚えられない

あなたもこのような悩みから企業への転職を考えるようになったのではありませんか?

企業は基本的に新卒採用がメインです。

調剤薬局やドラッグストアのように中途で簡単に採用してくれません。

pharma

しかも、業界未経験者や年齢が高い方は採用されるのがかなり難しいです。

そのため、企業へ転職するにはしっかりとした対策が必要です。

しっかりとした対策を立てて企業に転職するためには、企業との太いパイプがあるマイナビ薬剤師を利用しましょう。

\企業の保有求人数最多/

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は薬剤師転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が連絡を取っている≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

 本記事の内容
この記事では次のことがわかります。

  • 薬剤師が企業へ転職するにはなぜマイナビ薬剤師が必要なのか
  • 企業薬剤師の求人の探し方
  • 薬剤師が企業へ転職する流れ・手順

企業からの転職を考えている薬剤師はこちらをご覧ください。

結論
薬剤師が企業に中途採用されるのは狭き門ですが、しっかりとした対策を立てれば転職も十分可能。企業に転職をするなら、マイナビ薬剤師経由一択。

その理由は、マイナビ薬剤師が保有している企業の求人件数はダントツでサポート力が圧倒的だからです。

\企業への転職ならココ一択/

企業に転職するならマイナビ薬剤師が良い理由

企業に転職するならマイナビ薬剤師経由が良い理由は3つ。

  • 保有求人数がダントツに多い
  • 求人の職種が細分化されているから求人を探しやすい
  • 企業へ転職した薬剤師が多いからサポート力が違う

保有している企業の求人件数がダントツに多い

マイナビ薬剤師が保有している企業の求人件数は、他の薬剤師転職サイトを圧倒しています。

こちらに企業からの求人件数を薬剤師転職サイトごとにまとめた表があります。

マイナビ薬剤師が保有している企業の求人数は、他の薬剤師転職サイトの10倍近く。

ダントツの1位です。

これは、企業との太いパイプがあるからこそ。

企業へ転職するならマイナビ薬剤師に登録するのが一番です。

求人の職種が細分化されているから求人を探しやすい

マイナビ薬剤師以外の薬剤師転職サイトで求人を検索しようとすると、調剤薬局、ドラッグストア、病院・クリニック、企業の分類となっています。

ところが、マイナビ薬剤師は企業をさらに細分化して求人検索が可能。

具体的には以下のように分類されています。

マイナビ薬剤師の求人検索は詳細に分類されているから探しやすい
マイナビ薬剤師の求人検索は詳細に分類されているから探しやすい
  • 一般企業(管理薬剤師:商社、卸、メーカー、物流など)
  • DI、学術、MSL、メディカルライター
  • 品質管理・品質保証・PV・薬事
  • 営業(MR・MS・その他)
  • その他企業
  • 臨床開発モニター(CRA)
  • 治験コーディネーター(CRC)
  • 臨床開発(QA、QC、DM、統計解析など)

企業求人の中でもこれだけ再分化されていますので、あなたが希望する職種の求人もすぐに見つけられます。

企業へ転職した薬剤師が多いからサポート力が違う

マイナビ薬剤師が企業への転職に強いのは企業との太いパイプがあるから。

今まで多くの薬剤師を企業へ転職させてきたマイナビ薬剤師には、薬剤師への豊富なサポート経験あります。

しっかりとした対策が必要な企業への転職にはマイナビ薬剤師の力が必要不可欠。

あなたもマイナビ薬剤師で企業薬剤師を目指しましょう。

\企業への転職対策がすごいのは/

マイナビ薬剤師が保有している企業求人の探し方

企業の求人に強い薬剤師転職サイトはマイナビ薬剤師です。

マイナビ薬剤師で企業の薬剤師求人を探す方法を解説します。

  • 一般企業(管理薬剤師:商社、卸、メーカー、物流など)
  • DI、学術、MSL、メディカルライター
  • 品質管理・品質保証・PV・薬事
  • 営業(MR・MS・その他)
  • その他企業
  • 臨床開発モニター(CRA)
  • 治験コーディネーター(CRC)
  • 臨床開発(QA、QC、DM、統計解析など)

一般企業(管理薬剤師:商社、卸、メーカー、物流など)

商社や卸、メーカー、物流で医薬品を扱う企業の管理薬剤師として働く薬剤師の求人です。

医薬品を扱う事業所には薬機法によって管理薬剤師を配置することが定められており、ここが薬剤師が活躍できる場となります。

 一般企業(商社、卸、メーカー、物流などの管理薬剤師求人検索方法
マイナビ薬剤師にアクセスして、求人検索で以下の項目にチェック。

一般企業(商社、卸、メーカー、物流などの管理薬剤師求人検索方法

一般企業(商社、卸、メーカー、物流など)の管理薬剤師に転職したいならマイナビ薬剤師のサポートを。

DI、学術、MSL、メディカルライター

DI、学術、MSL、メディカルライターの求人検索方法です。

DIとは、Drag Information(ドラッグインフォメーション)の略であり、医薬品の情報を管理する業務を称したもの。文献検索や情報収集・管理、資料の制作、問い合わせへの対応、医療関係者への勉強会開催、MRの教育などを行います。

引用元:薬剤師の転職で人気の「DI(学術職)」業務を解説|職場やスキル

MSL(メディカル・サイエンス・リエゾン)とは、高度な医学・薬学・科学的知識をもとに疾患や薬物治療また研究について学び、製薬企業と臨床現場との中立的な立場から情報提供し自社製品や自社の価値を高めることが目的です。また臨床研究や論文投稿の支援も行います。

引用元:MSL(メディカル・サイエンス・リエゾン)とは?MRとの違いや仕事内容について紹介

メディカルライターは、医療や健康、薬に関する情報を専門的な知識を活かして自社メディア等に寄稿する仕事です。

 DI、学術、MSL、メディカルライターの求人検索方法
マイナビ薬剤師にアクセスして、求人検索で以下の項目にチェック。

マイナビ薬剤師でのDI、学術、MSL、メディカルライターの求人検索方法

\DI、学術、MSL、メディカルライターへの転職は/

品質管理・品質保証・PV・薬事

品質管理・品質保証は主に製薬会社の工場での勤務。

医薬品製造の品質管理、品質保証の業務をおこないます。

PV(安全性情報担当・ファーマコヴィジランス)の仕事は、医薬品のリスクを正しく管理し、適切な医薬品の使用を促して副作用から患者を守ること。

「医薬品の有害な作用または医薬品に関連するその他の問題の検出・評価・理解・予防に関する科学と活動」と、WHO(世界保健機構)により定義されています。

薬事は、医薬品の開発から承認までの申請や監査などを行う仕事。行政への提出書類や厚生労働省との交渉なども行います。

品質管理・品質保証・PV・薬事の求人検索方法
マイナビ薬剤師にアクセスして、求人検索で以下の項目にチェック。

マイナビ薬剤師での品質管理・品質保証・PV・薬事の求人検索方法i

\品質管理・品質保証・PV・薬事への転職は/

営業(MR・MS・その他)

MRとはMedical Representativeの略で、医薬情報担当者という意味ですが製薬会社の営業職です。薬剤師も非薬剤師も同じ仕事をします。

病院の医師や開業医、調剤薬局の薬剤師に対して自社の薬に関する情報を提供することが主な業務内容です。最近では接待に対して厳しくなってきていますので酒の席が苦手な方でも問題ありません。

特定の薬品の販売目標が採用施設数などがノルマとして課せられ、昇給やボーナスに反映されます。

MSとは、Marketing Specialistの略で、医薬品卸売業の営業担当者のこと。

病院や薬局などの医療機関に対し、医薬品の情報提供や販売活動を行います。

MRは自社製品の情報提供のみを行いますが、MSは取り扱っている全ての製薬会社の情報提供を行います。

ノルマは自分の担当医療機関の医薬品購入額や月間の購入数などで課せられます。

また、営業所としてのノルマを達成するために、医療機関に対して購入を依頼することもあります。

営業(MR・MS・その他)の求人検索方法
マイナビ薬剤師にアクセスして、求人検索で以下の項目にチェック。

マイナビ薬剤師での営業(MR・MS・その他)求人検索方法

\薬剤師の営業職への転職は/

臨床開発モニター(CRA)

CRA(Clinical Research Associate):臨床開発モニターと呼ばれ、新薬開発を行う製薬会社の治験業務をサポートする業務を行います。

臨床開発モニター(CRA)の求人検索方法
マイナビ薬剤師にアクセスして、求人検索で以下の項目にチェック。

⇒臨床開発モニター(CRA)に転職したいなら薬剤師専門の転職支援サイト≪登録無料≫

\臨床開発モニター(CRA)への転職はお任せ/

治験コーディネーター(CRC)

CRC(Clinical Research Coordinator)は治験コーディネーターと呼ばれ、臨床試験が正しく行われているかを病院側に付いてサポートしていく仕事です。

治験コーディネーター(CRC)の求人検索方法
マイナビ薬剤師にアクセスして、求人検索で以下の項目にチェック。

マイナビ薬剤師での治験コーディネーター(CRC)の求人検索方法

⇒治験コーディネーター(CRC)に転職したいなら薬剤師専門の転職支援サイト≪登録無料≫

\治験コーディネーター(CRC)への転職も/

臨床開発(QA、QC、DM、統計解析など)

臨床開発の現場でも薬剤師が活躍できます。

QAは品質保証部門、QCは品質管理部門、DMはデータマネジメント部門のこと。

統計解析は生物統計学を用いて治験結果を解析する仕事です。

臨床開発(QA、QC、DM、統計解析など)の求人検索方法
マイナビ薬剤師にアクセスして、求人検索で以下の項目にチェック。

マイナビ薬剤師での臨床開発(QA、QC、DM、統計解析など)の求人検索方法

⇒臨床開発(QA、QC、DM、統計解析など)に転職したいなら薬剤師専門の転職支援サイト≪登録無料≫

\治臨床開発(QA、QC、DM、統計解析)への転職も/

マイナビ薬剤師で企業に転職する手順

 企業への転職のおおまかな流れ

  1. マイナビ薬剤師に登録する
  2. 希望の業種を伝えて求人を探してもらう
  3. 採用される可能性が高まる転職サポートを受ける

薬剤師の流れについては別記事にまとめてあります。

マイナビ薬剤師に登録する

企業へ転職するためにまずすべきことは、マイナビ薬剤師に登録すること。

マイナビ薬剤師に登録することこそが企業への転職成功の秘訣です。

\企業薬剤師の保有求人数最大/

企業に転職を希望している薬剤師へのサポート力が圧倒的!

希望の業種を伝えて求人を探してもらう

マイナビ薬剤師に登録をすると、当日もしくは翌営業日に電話で連絡がきます。

そこで面談の日時を決めます。希望の職種を伝えてみて、転職成功の可能性が程度あるか聞いてみるのも良いでしょう。

採用される可能性が高まる転職サポートを受ける

面談時に希望の求人をいくつか紹介してもらえます。

履歴書の書き方から面接対応など、企業へ転職するのに必要なサポートをうけることができます。

担当のコンサルタントと連絡を取りながら転職活動を進めて行きます。

「マイナビ薬剤師」は満足度No1の薬剤師転職サイト。 キャリアコンサルタントの充実が高い満足度につながっています。求人票だけでなく足で稼いだ真の情報に強く、無理に転職を勧められることも一切ありません。納得するまで職場を探したいという薬剤師におすすめの薬剤師転職サイトです。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師紹介

『マイナビ薬剤師』の強みはなんと言っても豊富な薬剤師求人と薬剤師専門アドバイザーの情報力・交渉力。
 
あなたと一緒に「本当に大事な条件とは何か?」を考え、「隠された強みや弱み」を掘り下げて、あなたが最も満足できる転職先を探してくれます。
 
アドバイザー自らが担当エリアのさまざまな調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業に足を運び、自分の目で直接見学し、人事担当者や薬局長、現場スタッフにヒアリングを行っていますので情報は真実だけ。
 
マイナビ薬剤師がもっとも大切にしているキーワードは、「安心・納得」。
 
薬局長の人柄や職場の雰囲気など、店舗ごとの詳細な情報を提供してくれます。

転職先について、『じっくり比較検討して、納得してから転職したい』と考える薬剤師におすすめの薬剤師転職サイトです。

公開求人数施設種類雇用形態
47,000件以上薬局、病院、ドラッグストア、企業正社員、パート
相談方法おすすめの薬剤師特記
直接面談(全国15会場)、電話、メール、オンライン初転職、直接相談したい土日にも相談会実施

\企業薬剤師の保有求人数最大/

マイナビ薬剤師について、もっと詳しく知りたい方はこちらにまとめてあります。






企業への転職におすすめの薬剤師転職サイト

マイナビ薬剤師

薬局への転職を希望するなら

病院への転職を希望するなら

ドラッグストアへの転職を希望するなら

派遣薬剤師なら