【薬剤師パート・OTCのみ】求人はドラッグストアとスーパーが狙い目
q

調剤ではなくOTCだけやりたい薬剤師

調剤をしなくていいOTCだけのドラッグストアで働きたいです。

OTCのみの薬剤師パートの求人はありますか?

調剤薬局で働いていると、OTCを買いに来た患者さんはどうしても後回しにしてしまいがち。

でもOTCのみの取り扱い店舗ならお客さんとゆっくり話をして、その方の症状に合った薬を自分の考えで提案できますし、医師の顔色をうかがうことなく薬剤師の知識を活かして患者さんのセルフメディケーションに貢献できます。

調剤は忙しいし、自分のペースで仕事ができないのが嫌という方もいるでしょう。調剤ミスを起こしてしまい、怖くてもう調剤はできないという方もいるかもしれません。

実は調剤はもうやりたくない、OTCのみを扱えるドラッグストアで働きたい。そのように考える薬剤師が増えてきています。

ドラッグストアは給料が高く、特に若い薬剤師に人気の職場となっています。大手企業が多く、福利厚生が充実しているのも人気の理由。さらにパート薬剤師の時給は2,000円以上と高く、人気があるのもうなずけます。

しかし、土日や夜間に働ける薬剤師でないとパートでは採用されにくいのが現実です。

pharma

この記事ではOTCのみを扱いたい薬剤師が、パートで採用される方法、OTCのみの職場で働く注意点について解説していきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • ドラッグストアのOTCのみパート薬剤師の求人は人気
  • ドラッグストアで薬剤師パートOTCのみ希望の注意点
  • ドラッグストアで希望通りの条件で働きたいなら
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
パート薬剤師でドラッグストアOTCのみ希望は人気の求人で、午前中のみはほぼ不可。

土日や夕方から夜間にも勤務可能にするなどの工夫が必要です。穴場の狙い目はスーパーマーケットやディスカウントストア。意外と求人が出ています。

但し、調剤未経験のままだと将来的に厳しくなることが予想されますので、その点についても十分検討しましょう。

OTCのみパート薬剤師求人は人気のためスーパーマーケットやディスカウントストアも候補に

OTCのみパート薬剤師の求人は人気

調剤無しでOTCのみ希望のドラッグストアパート求人は薬剤師にとって人気があり、求人が出てもすぐに埋まってしまいます。

ではどうすればよいか。OTCのみを扱うならドラッグストアと考えてしまいがちですが、ドラッグストアだけを狙っていてはだめです。

狙い目はスーパーマーケットやディスカウントストア、電器店。スーパーやディスカウントストア、電器店で薬を売っているのを見たことがあるのではないでしょうか。しかも資格者不在で販売できず、シートがかけられていることも目にしたことがあると思います。

OTCのみの店舗で働きたい薬剤師が狙うならこのようなお店です。

ドラッグストア・スーパーマーケット・ディスカウントストアでパート薬剤師として採用される方法

なるべく店舗側の希望に沿った働き方ができる薬剤師が採用される傾向にありますので、午前中だけ働きたいという希望ではまず採用されません。

採用されるためには、1日の勤務時間を長くするか、夜間や土日にも勤務できるように面接でアピールしましょう。

パート薬剤師の面接準備

薬剤師パートでOTCのみ希望の注意点

薬剤師パートでOTCのみ希望の注意点

調剤はやりたくないからという理由だけで、OTCのみのドラッグストアを希望するパート薬剤師は注意が必要です。

OTCのみのドラッグストアでは薬剤師パートの募集が少ない

そもそも、OTCのみのドラッグストアでは薬剤師パートの募集はほとんどありません。

すでにいる薬剤師と登録販売者のみで人員が足りているからです。

登録販売者さえいれば、ほとんどの医薬品を販売することができるのですから、薬剤師を何名も置いておく必要はありませんね。

ドラッグストアで希望の求人が見つからない場合には、スーパーマーケットやディスカウントストアの求人も探してみましょう。

調剤併設店舗の増加

OTCだけやりたいと思って入社しても、実は調剤部門に回されてしまうといったこともあります。

調剤経験があれば、併設店舗へ異動させられてしまうこともあるでしょう。

調剤を絶対にやりたくないなら、調剤部門とOTC部門がきっちり分けられているドラッグストアにするべきです。

登録販売者がいれば薬剤師は不要に?

今後の規制緩和で、登録販売者だけで全ての医薬品を販売できるようになってしまうかもしれません。

そうなったら、OTC専任の薬剤師は不要になり、調剤部門へ回されてしまうでしょう。

調剤部門が無ければ時給減もしくはクビという事もあり得ます。

調剤未経験のままだと今後が不安

調剤未経験だからOTCのみのドラッグストアが良いと考えている薬剤師も多いかもしれません。

いまなら、まだ調剤未経験でも調剤部門に採用されることは可能です。

この先、調剤経験の無い薬剤師は正社員でもパートでも採用されることは無くなっていくことでしょう。

薬剤師パートがOTCのみの店舗で希望通りの条件で働くための方法(まとめ)

まとめ

  1. OTCのみ薬剤師パートは募集が少ないので高倍率。スーパーマーケットやディスカウントストアも候補に入れる
  2. ドラッグストアでOTCだけやりたいなら調剤部門と完全に分離している所にするべき
  3. 調剤未経験は今後のキャリアプランにとって損失

ドラッグストア(OTCのみ)の薬剤師パート求人はあるものの、店舗数に比べて求人数自体が圧倒的に少ないのが現状です。

人気がある求人ですので、平日のみ働きたいという薬剤師はまず採用されません。せめて1日の勤務時間を長くするか、夜間や土日にも勤務可能とする工夫が必要です。ドラッグストアが無理でもスーパーマーケットやディスカウントストアなら求人が出ていることも。そちらも検討しましょう。

パート薬剤師こそ薬剤師転職サイト経由での仕事探しがお得です。求人探しから時給交渉など、あなたに代わって全てしてくれます。

職場の雰囲気や責任者の性格など、知っておきたい情報を調べてもらえます。

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師専門の求人サイトを使って探してもらうのが最も効率的な仕事探しの方法です。

こちらの条件を伝えてドラッグストアなどと交渉してもらいましょう。

求人票に載っていなくても採用されることも十分考えられます。


\ママ薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト/

\パート薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト/