薬剤師の年収1000万以上可能な調剤薬局の求人は今ならまだあります。

薬剤師の年収が1000万を越えることは無い。と書かれているサイトがインターネット上にありますが、そんなことはありません。

現実に、薬剤師の年収1000万円以上可能な薬局の求人が存在しています。

本文記載時、下記の薬剤師転職サイト内の求人情報には年収1000万円可能な薬剤師求人案件が存在しています。

マイナビ薬剤師

ファルマスタッフ

薬キャリ

年収1000万円が可能な薬剤師求人とは

年収1000万円可能というのはどういう事でしょうか。

薬局薬剤師の求人の給与欄の例を挙げてみます。

薬剤師給与:正社員 年収1000万円

求人票にこのような記載があれば、入社したらあなたの給与は年収1000万円です。

正社員薬剤師:年収500万円~1,000万円 ※経験・能力等を考慮の上決定

『給与交渉』によるところが大きいと思いますが、その会社の給料体系の沿った形での年収決定となるでしょう。転職して入社した時年収の上限が1000万円ということです。

正社員薬剤師:年収450万円~600万円 (将来的には1000万円可)

入社時の年収は『給与交渉』の結果、450万円から600万円の間で決まります。将来的には1000万円可というのはどの程度なのかは詳しく聞いてみないと不明です。

一般薬剤師なのか、管理薬剤師なのか。それともエリアを統括するマネージャーなのか。過度な期待は禁物です。

高収入の管理薬剤師として転職する方法

正社員薬剤師:年収500万円~800万円 役職によっては1000万円台可

入社時の年収は500万円から800万円の間で決まります。今までの調剤経験や前職の給料、あとは『給与交渉』の結果次第という所です。

役職によってはと記載があればまず一般薬剤師では無理です。

その役職が管理薬剤師なのか、マネージャーなのか。それとも取締役レベルなのかは確認しないとわかりません。これもあまり期待しない方が良いでしょう。

薬剤師契約社員:年収1000万円

この場合、すぐに年収が1000万円となります。ただし、契約社員なので雇用期間に定めがあります。それが1年なのか2年なのか。今後定年まで1000万円が続くわけではありません。

短期間だけでも1000万円がどうしても欲しい薬剤師にとっては良いと思いますが、キャリア形成には不向きです。

このように、薬剤師の求人票に年収1000万円の文字があったとしても入社した全員がすぐに1000万円もらえるわけではありませんので充分注意しましょう。一般薬剤師も可能なのか、それとも管理薬剤師のみなのか。

通常の月給制なのか年俸制で1000万円(ボーナス・残業代込)なのか。

※年俸制:ボーナスを含めた給与を12等分して毎月支払われます。

退職金が賃金に上乗せの前払いということもありますでこの点も要注意。

ではどのような場合に年収1000万円が可能となる(可能性が上がる)のでしょうか。

薬剤師が年収1000万円に近づくための4つの方法

  1. 薬局薬剤師としての経験を積む(年数も経験も知識も全て)
  2. 少なくとも管理薬剤師になっておく
  3. 1000万円可能な薬局の特徴を知る
  4. 転職で『給与交渉』を行う

1.薬局薬剤師としての経験を積む(年数も経験も知識も全て)

経験・前職の給与を考慮という記載があれば、調剤の経験が長ければ長いほど、現在の給与が高ければ高いほど年収1000万円に近づきます。

2.少なくとも管理薬剤師になっておく

管理薬剤師には一般薬剤師では行わない様々な業務があります。

保健所や厚生局への届出、卸との価格交渉、レセプト管理、薬機法への対応、調剤報酬改定の対応、スタッフの勤怠管理、シフト作成等多くの仕事があります。これらを問題なくこなせる知識と経験があれば転職には大変有利となります。

各薬局に1名のみであるためポストに限りがあるので、なりたくてもなれない場合もありますが、声がかかったらチャンスです。ぜひ経験しておきましょう。

3.1000万円可能な薬局の特徴を知る

年収1000万円を出す薬局とはどのような薬局でしょうか。

儲かっていて仕方ない薬局でしょうか。

いいえ。違います。薬剤師が足りないから仕方なく高額給与を提示しているのです。

薬剤師がなぜ足りないのか。

ここが重要です。

高額給与提示薬局の特徴

  • 薬局が僻地にある。交通の便が悪く、生活が不便なので薬剤師が集まらない。
  • 薬剤師が1人辞めただけで業務が回らなくなってしまう個人薬局や小規模薬局。
  • 激務、残業の多さ、人間関係の問題ですぐ薬剤師が辞めてしまう。
  • M&Aや新規出店で薬剤師が足りない。
  • 薬剤師の産休、退職が発生したのでとにかく急いで薬剤師が欲しい。

 

高額な給与が提示されている場合は、なぜ周辺の相場よりも高い給与を提示しているのか。その背景(理由)を知っておく必要があります。

楽して高収入を得られるほど甘くはありません。それでもよければ転職先の候補に入れましょう。

4.転職の際に『給与交渉』を絶対に行う

※経験・能力等を考慮の上決定 とある場合、給与交渉によって年収が大きく変わります。

では、ここで言う経験とは何でしょうか。ただ働いていた年数ではなくどのような職場でどのような仕事をして一体何ができるのか。

「薬剤師としての経験」をどう相手に伝えるかが大事になってきます。

前職の給与から大幅アップを勝ち取るにはどのように交渉すればよいのか。交渉術に長けている薬剤師なら良いですが、苦手な薬剤師の方が多いでしょう。

ここは優秀なプロのキャリアコンサルタントを味方につけることが成功への近道です。

キャリアコンサルタントは給与交渉だけでなく、条件の確認なども行ってくれます。

なぜ高額給与を提示しているのか。その理由など聞きづらいことはすべてキャリアコンサルタントに聞いてもらいましょう。

転職したあとに問題に気づき、「そんなはずでは無かった・・・」と言っても後の祭り。

転職前にすべて条件をクリアにしておくことが転職成功の秘訣です。

優良なキャリアコンサルタントを味方にして、年収1000万円の近道へ

↓全て無料 約20秒で登録可能です↓

 

ちなみに、薬剤師の年収が900万円や800万円、700万円可の求人案件もあります。

例)ファルマスタッフ 薬局の求人検索結果

年収1000万円可⇒全国で8件

年収900万円可⇒全国で17件

年収800万円可⇒全国で232件

年収700万円可⇒全国で1,194件

年収600万円可⇒全国で13,576件

年収500万円可⇒全国で25,455件

 

年収600万円までは簡単に年収アップが可能。700万円以上となると急に求人数が減少します。

「年収1000万円」にこだわらなければもっと働きやすい薬局が見つかると思います。

自分が働く薬局に求める条件は何なのか。休みの取りやすさ、残業の少なさ、通勤のしやすさ、人間関係の良さなどなどいろいろあると思います。

高収入が第一条件でないのであれば、年収についてはある程度幅を持っておいたほうが良い薬局が見つかるはずです。

薬局の求人案件が多い薬剤師転職サイトを利用して自らが希望する条件に一番近い薬局を探していきましょう。

薬剤師転職サイトのおすすめは?(薬局への転職ならココ)

薬剤師転職サイト比較ランキング

『給与交渉』に強いキャリアコンサルタントがいる薬剤師転職支援サイト