今現在、あなたが勤務している薬局は門前医療機関の先生や近隣の医療機関の先生との関係性はいかがでしょうか?うまくやっているでしょうか?

 

調剤薬局の多くは医療機関の近く(隣や向かい)にある、いわゆる門前薬局と言ってもよいでしょう。

その門前の先生と薬局との関係はどうでしょうか?

 

マンツーマン薬局で多いのが、

①薬局と医院の従業員で一緒に勉強会をしている。
②週に1回もしくは月に1回など定期的に訪問している。
③忘年会or新年会を合同で行う。
④特に何もしていない。

 

こんな感じだと思います。

 

もしも門前医療機関の先生との関係が悪い場合、最悪次のようなことが起きる可能性があります。

万が一調剤過誤が起きてしまった時の対応がうまくいかない

⇒患者さんに体調変化が見られた時など先生の協力が得られないと困ります。

 

 

急に先生が院外処方を中止し、院内処方にしてしまう

⇒調剤薬局チェーンなら、その薬局を閉めて他へ異動が可能ですが、1薬局のみ営業している個人薬局だと異動もできません。

 

 

あなたが勤めている薬局もしくは転職先の候補に挙げている薬局は、門前医療機関の先生との関係性はどうでしょうか?

 

この辺もしっかりと転職前にチェックしておいた方が良いと思います。

 

もし、あなたが今後長く調剤薬局で仕事をしていこうと考えているのであれば、万が一のリスクに備えて複数薬局を経営している調剤薬局チェーンへの転職をおすすめいたします。

 

個人薬局への転職を勧めない8つの理由

⇒あなたの薬局は買収する側の薬局ですか?それともされる側ですか?

 

大手調剤チェーンへの転職に強い薬剤師転職支援サイト

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

3つ全てに登録しておいても全て無料です。企業からの求人情報がもらえますし、コンサルタントに相談することも可能です。うちの会社ってどうなの?と聞いてみるだけでも大丈夫です。