出戻り転職のメリットとデメリット【調剤薬局薬剤師にはリスク高い】
q

保険をかけて転職したい薬剤師

転職をしようと思うのですが、もし今の薬局の方が良かったらまた戻ってくることって可能なのでしょうか。

men?

前の薬局に転職して戻りたい薬剤師

転職しなければよかったと後悔しています。前の会社の方が良かったのですが、今から戻ることって可能でしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 出戻りの転職が可能な条件
  • 出戻り転職のメリットとデメリット
  • 意図せず出戻りとなってしまわないようにする方法
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:出戻り転職はおすすめしません。薬剤師にとってリスクが高すぎます。あなたは気にならないかもしれませんが、周りはそうではありません。

出戻り転職が可能な条件

前の薬局に戻りたいと言っても、それを受け入れてくれるかどうかは別問題です。


出戻りの転職が可能な条件は以下の通りです。

 出戻りの転職が可能な条件

  • 前の薬局が出戻りを認めている
  • 円満な退職であった
  • 薬局にとって必要な人材であった
  • 他のスタッフが嫌と言っていない
  • 出戻りでも気にしないメンタルの強さ

前の薬局が出戻りを認めている

出戻りを禁止しているところはそれほど多くはありません。そういう規定がないところがほとんどですが、一度退職した薬剤師の再入社を認めていない薬局もあります。


前の薬局に戻りたい場合は確認が必要です。

円満な退職であった

退職時に揉めたり迷惑をかけていたら、あなたを再び受け入れてくれる可能性はほぼゼロです。

薬局にとって必要な人材であった

あなたが前の薬局に戻りたいと言っても、薬局が要らないと言えばそれまでです。


薬局にとって必要な人材だったでしょうか。

他のスタッフが嫌と言っていない

あなたが前の薬局に戻りたいと言っていて、会社が再入社OKとしていても、その薬局のスタッフが嫌と言えば再入社の可能性は絶たれます。


この点においては、出戻り転職を希望している薬剤師の方が立場は下であることを十分理解しておきましょう。

面接や採用試験だけでは、この薬剤師がどんな人なのかを完璧に知ることは不可能です。よほどひどい印象の薬剤師でない限り入社できます。


しかし、出戻りの場合は薬局にどんな薬剤師なのかすべて知られているので入社させないという選択がしやすく、出戻りを希望する薬剤師にとって不利な状況です。


こういう面では出戻りの転職をすることには一定のリスクがあると言えるでしょう。

出戻りでも気にしないメンタルの強さ

あなたは気にしなくても、周りはそうではありません。


いろいろ聞いたり言ってきたりするでしょう。それを嫌だと感じないメンタルがあれば出戻りの転職も問題ありません。

pharma

戻ってきてほしいか戻ってきてほしくないかは、その薬剤師の働きぶりとスタッフとの人間関係次第です。

薬剤師が出戻り転職をするメリット

知らない薬局に転職するくらいなら、よく知っている前の会社に戻りたいと思うのは当然ですし、理解できます。


実際に、別の薬局へ転職するよりもメリットはあります。

 薬剤師が出戻り転職をするメリット

  • 勝手がわかっているから安心
  • 知っている人がいるから安心

前にいた薬局なら、仕事のやり方はわかっているし、知っている人がいる。


これだけでストレスはだいぶ軽くなります。

それでも出戻りの転職をおススメしません


デメリットが大きすぎます。

薬剤師が出戻り転職をするデメリット

退職したときと同じ状態に戻れるわけではありません。


その事をよく理解しておきましょう。

退職前と同じ条件で雇用してくれるわけではない。

給与やその他条件は、他の中途採用者と同じになることがほとんど。


在籍していた時の評価が引き継がれることはなく、ゼロからのスタートとなります。


給与交渉の余地はないと考えておきましょう。

同じ薬局でもスタッフの入れ替わりがある

あなたがいなかった数年の間にスタッフが入れ替わっているかもしれません。


在籍していた当時の部下や同僚が管理薬剤師になっているかもしれません。

全員が出戻りをよく思っているとは限らない

スタッフ全員が出戻る薬剤師を喜んで迎えるとは限りません。


少なくとも、あなたが辞めたことで負担が増えたと感じている薬剤師はよく思わないでしょう。

pharma

本当に戻ってきてほしい人には、『いつでも戻ってきてね』と退職するときに伝えますが、言われていなければそう思われていないという事です。

方針やルールが変わっている

仕事の進め方や方針がガラッと変わっている可能性があります。


思っていたのとまったく違っていたということもありますから、十分に確認しておきましょう。

また辞める可能性があるという目で見られる

どうせまた、嫌になったら辞めるのではという目で見られることは避けられません。


出戻ってきたうえに短期間で辞めようとすれば何を言われるか。


もうやめられないというプレッシャーが付きまといます。

もっと良い薬局があるはずなのに見えていない

前の薬局に戻りたいということは、今の薬局と前の薬局の2つを比べているだけではないでしょうか。

もっと広い視野で転職先の候補を探してください。

多くの薬局を比較検討した結果、やっぱり前の薬局が良かったというのなら戻るのも良いでしょう。


でも不満があって辞めたのであれば、またその不満が再燃してくるはず。


そうなると、もっと良い薬局なんてもうどこにもありません。

出戻りを考えるのではなく、今の薬局や前の薬局よりもさらに良い薬局に転職をするということを考えてみてください。


前の薬局に戻るには自分自身で直接連絡を取る必要がありますから、薬剤師転職サイトの転職コンサルタント・エージェントによる給与交渉や条件交渉は使えません。

こういった意味でも出戻りでの転職はリスクが高く、また損をする可能性が高いので注意しましょう。

pharma

本当に前の職場に戻るしかないのでしょうか。
リスクが高い出戻りの転職をしなくても、他に薬局はたくさんあります。
勝手がわからないから不安、知っている人がいたほうが良いと思うなら転職せずに今の職場に留まりましょう。

意図せず出戻りとなってしまわないように

意図せずに出戻りとなってしまうことがありますので、転職を考えている薬剤師は注意が必要です。

 意図せず出戻りとなってしまった薬剤師の例

  • 転職先が、前の会社のグループ会社だった。
  • 転職先の薬局が転職元の薬局と合併した・傘下に入った

このように、意図せずとも結果的に出戻りとなってしまうことがあります。

自分だけで転職活動をしてしまうと、こういうリスクに気づくことはかなり難しいです。

意図せず出戻りとなってしまわないためには、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイトに登録して転職活動を行ってください。

薬剤師転職サイトを利用して転職活動をすれば、薬局業界に詳しいコンサルタント・エージェントが、どこの薬局がどのグループに属しているか、どことどこの薬局が業務提携を結んでいるかなどの情報を教えてくれますから、意図せず出戻りとなってしまうことを防げます。

また、転職をする際には出戻りとなる可能性も考えて、揉めることなくきれいに退職しましょう。

薬局業界は結構狭いです。

保険をかけるような転職は失敗する

『転職に失敗したら今の薬局に戻ればいいや』と安易な考えで転職することは避けましょう。


保険をかけておくような考えで転職すると確実に失敗します。


そう簡単に前の薬局に戻れるほど甘くはありません。


転職は気軽にするものではなくて真剣にするものです。

 真剣に転職活動をしたい薬剤師が使うべき薬剤師転職サイト