50代女性薬剤師の転職
50代女性薬剤師の皆様へ。 お疲れ様です。
子育てしながら仕事と家庭を両立させている方、子育てが終わったのでフルタイムの仕事でバリバリと頑張っておられる方もいらっしゃると思います。
薬剤師の教育担当で本社勤務の方、エリアマネージャーとして各薬局を飛び回っている方もいらっしゃるでしょう。
50代女性薬剤師の悩みや不満はどのようなものが多いのでしょうか?
薬局に勤務している50代女性薬剤師の方からは仕事が忙しすぎる、残業が多くて帰りが遅いという声が多いように感じます。
50代女性薬剤師の場合、職場への悩みに加えて定年後への不安といった中高年特有の理由を抱える方も少なくありません。50代女性薬剤師のあなたは職場に対してどのような不満や悩みをお持ちでしょうか?

50代女性薬剤師の悩み・不満

50代女性薬剤師の市場価値・転職状況について

50代の薬剤師求人は他の世代に比べて少ない状況です。
採用側はなぜ若い薬剤師を採用したがり、50代の中途薬剤師を積極的には採用しないと考えているのでしょうか。

人件費が高い

当然20代の若手薬剤師と同じ給料にするわけにはいきませんので人件費が高くついてしまいます。

定年まで短い

定年まで数年で退職してしまうので採用するなら若い薬剤師と考えています。

スタッフの年齢バランス

若い薬剤師が中心の薬局の場合、業務は年下に教えてもらうことになります。謙虚に教えてもらえる姿勢の薬剤師なら良いのですが、プライドが高い薬剤師だとギクシャクしてしまう可能性があります。
また、管理薬剤師のほうが年下になるということで何か問題が起きてしまうのではないかと心配しています。

体力的な厳しさ

在宅業務や残業を伴う長時間労働などに対応できるかどうかを心配しています。

新しいことを覚えるのが遅そう

電子薬歴、タブレットを使用したオンライン服薬指導など薬局でもIT化が進んでいます。こういった最新機器を使いこなせるかどうかを心配しています。

ここで書いた条件に当てはまらない50代薬剤師なら十分に転職は可能です。

こういう50代女性薬剤師なら転職は十分可能

  • コミュニケーションスキルが高い
  • 豊富な薬学知識を持っている
  • 協調性がある
  • 謙虚に学ぶことができる
  • 物腰が柔らかい
  • 年下から学ぶのも苦ではない
  • 若いスタッフに嫌がることをしない

転職によって得られるもの

正しい手順に沿って転職すれば、求人数が少ない中でも希望に近い薬局に転職することは十分可能です。

柔軟な勤務体系

勤務時間を自分の希望に合わせて働くことができます。パート薬剤師、派遣薬剤師を選択すればさらに自由度の高い勤務が可能です。

50代女性薬剤師の転職注意点

中途薬剤師を採用する立場から書きますと、よほど良い人でない限り50代女性薬剤師を採用しません。
50代で調剤経験が無い薬剤師の薬局や病院への転職はまず無理です。
転職活動は困難を極めるでしょう。ですが、薬剤師転職サイトへ登録して無料の転職コンサルタントの力を得れば困難を乗り越えは十分可能です。

安心材料

薬局によっては定年年齢を65歳や70歳と高く設定しているところもあります。そういう薬局であれば50代の薬剤師も積極的に採用するでしょう。

スキルや知識、豊富な調剤経験を持っていて謙虚で年下にもコミュニケーションがしっかり取れる薬剤師であれば正社員での転職も可能です。
とはいえ、50代薬剤師の求人数は圧倒的に数が少ないので転職の際には薬剤師転職サイトに登録して専門のコンサルタントをつけることが必要でしょう。
正社員薬剤師としてでなく、パート薬剤師、派遣薬剤師も扱っている薬剤師転職サイトであればさらに可能性がアップします。派遣薬剤師としても紹介してくれる薬剤師転職サイトへの登録をおすすめします。
薬剤師転職サイトのコンサルタントを味方につければ、転職成功の確率がアップ!

50代女性薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト

↓ファルマスタッフへの登録は↓

ファルマスタッフ ファルマスタッフの特徴
↓薬キャリへの登録はこちらから↓

薬キャリ 薬キャリの特徴
↓マイナビ薬剤師への登録は↓

マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師の特徴