【薬剤師向け】試用期間中の退職・転職は可能?メリットとデメリットも
jimu1 bad

入社してすぐに転職を考えた薬剤師

薬局のイメージが思っていたのと違いました。

こんなに忙しすぎる薬局で働き続けるのは無理です。

まだ試用期間中ですが、退職して転職することは可能でしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師は試用期間中に退職・転職をしてもよい?
  • 薬剤師が試用期間中に退職するメリットとデメリット
  • 薬剤師が試用期間中に転職する際の注意点
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論
薬剤師が試用期間中に退職して転職することは可能です。
試用期間中の退職は薬剤師、使用者双方にとってメリットにもなります。
退職すると決めたのであれば、すぐ行動に移しましょう。

薬剤師は試用期間中に退職・転職をしても良い?

jimu1 bad

薬剤師は試用期間中に退職して転職しても良いですか?

pharma

試用期間中に退職しても問題ありません。

どうせ辞めるなら早い方が良いです。

試用期間とは

試用期間とは、薬剤師に実際の業務(通常業務)を任せてみて、本採用するかどうかを判断するための期間です。


とはいえ、試用期間中であっても正当な理由がない限り、簡単に解雇されることはありません。


但し、経歴詐称が判明した、勤務態度の悪い、無断欠勤が続くなどの理由があれば本採用されないこともあります。


試用期間は1~3カ月程度で設定されていることが多いです。

また、試用期間中の給料などの待遇についてですが、薬剤師の場合は試用期間であっても本採用後の待遇と同じであることがほとんどです。

試用期間中の退職は使用者にとっても良いこと

薬剤師のあなたが試用期間中に退職することは、あなたと使用者(薬局)双方にとって良いことです。


なぜ薬局にとって良いことなのでしょうか。


それは、早い段階で退職してもらった方が後になってから退職されるよりも時間・費用・労力が無駄にならないからです。

薬局はこれからあなたに多くの時間とお金をかけて薬剤師としての教育や研修をしていきます。


教える側の薬剤師の労力も必要です。


多くの事を教えてやっと一人で仕事をできるようになったときに、「辞めさせてください」と言われたらどうでしょうか。


この段階の薬剤師に退職されると、今までかけてきた費用・時間・労力のすべて無駄になってしまい、一番ダメージが大きいのです。

pharma

一通りの教育が済んでから辞められるよりも、試用期間中に辞めてもらった方が相当マシです。

薬剤師が試用期間中に退職するメリット

薬剤師が試用期間中に退職して転職をすることで得られるメリットをまとめてみます。

引き留めに遭う可能性が低い

薬剤師不足の薬局によくある、退職引き留めに遭うことはおそらくないでしょう。


こんな短期間で辞めると言ってきたあなたを引き留めることはしないはずです。


だから大丈夫


心配しないでさっさと退職への行動を起こしましょう。


試用期間中ならまだ重要な仕事を任されていないはずですから、今退職したとしても薬局に大きな迷惑をかけることはありません。

ストレスや心身の不調から解放される

このまま働き続けると心も身体ももっと悪化してしまいます。


早い段階で退職へと動き出せばそれだけでもストレスや心身の不調から解放されるでしょう。

新卒であれば中途ではなく第2新卒扱いになる

あなたが新卒で入社したのであれば試用期間中に退職して転職した場合は第2新卒扱いとなります。


薬剤師の場合は求人がまだたくさんありますのでそれほど問題にはなりませんが、一部の薬局では中途採用をしていないところもあります。


第2新卒ならOKという薬局もありますのでその点ではメリットとなります。


薬剤師が試用期間中に退職するデメリット

薬剤師が試用期間中に退職して転職をすることのデメリットも知っておきましょう。

職歴が残ってしまう

雇用保険等の加入履歴で職歴がわかります。


履歴書にはしっかりと職歴として記載しましょう。


試用期間中の退職だから無かったことにしてしまおうと、履歴書に記載しないと入社後に確実にバレます。


経歴詐称で試用期間中に解雇されてしまうこともありますので気を付けましょう。

短期間で退職することを繰り返すと次の就職に不利になる

試用期間中の退職を繰り返すと次の就職では不利になります。

繰り返さないよう、次の就職は絶対に成功させる必要があります。

薬剤師が試用期間中に退職する方法

試用期間中だからと言って退職を申し出たその日に辞められるわけではありません。


試用期間中であっても退職の方法は通常と同じです。

退職の流れは以下の通りです

  1. 退職の意思を直属の上司に伝える
  2. 退職日の相談をする
  3. 退職届などの必要書類を提出する

詳細はこちらにまとめましたのでご覧ください。

薬剤師が試用期間中に転職をする際の注意点

あなたは入社してすぐの試用期間中に退職するのですから、転職を絶対に成功させなければなりません。


そうでないと、あなたは短期間で転職を繰り返す薬剤師(ジョブホッパー)であると見られてしまいます。

次の転職を絶対に成功させることができるよう、まずは薬剤師転職サイトに登録しましょう。

 試用期間中に転職活動をするあなたにおすすめの薬剤師転職サイト

薬剤師転職サイトに登録するとどうなるか

  • あなたの理想の職場を紹介してくれる
  • 試用期間中に他の薬局を見学しに行くことも可能
  • 試用期間中に他の薬局の面接を受けることも可能
  • 短期間で退職する理由を面接でうまく伝える方法を教えてくれる
  • ブランクを作らずに次の職場へ転職することができる

試用期間中の退職方法のアドバイスがもらえますので一人で悩む必要が無く安心です。


悩みながら転職先を自分だけの力で探そうとすると確実に失敗します。


悩みやストレスで心身が疲れ切っていると冷静な判断ができません。こんな状況で重要な決定をすべきではありません。

薬剤師専門の転職コンサルタント・エージェントの担当者とよく相談したうえで次の職場を決定しましょう。

まとめ
薬剤師が試用期間中に退職をすることは問題ありません。


あなたと使用者(薬局)にとってメリットでさえあります。


試用期間中の退職であれば引き留めに遭う可能性が低いですし、薬局に大きな迷惑をかけることはありません。


早めに退職をして悩みやストレスから心身を解放しましょう。


職歴が残ってしまうデメリットはありますが、短期間での転職を何度も繰り返さなければ就職で不利になることはありません。


ジョブホッパー薬剤師というレッテルを貼られてしまわないためにも、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイト経由で転職活動を行い、転職を成功させてください。