薬局の辞め方と退職の伝え方・切り出し方│薬剤師向け退職術8選
q

退職の切り出し方で悩んでいる薬剤師

退職することを決心したのですが、どうやって辞めたいと伝えればよいのでしょうか?

どのタイミングで誰に伝えれば良いですか?退職願はいつ渡すのでしょうか?

薬局の辞め方を教えてください。

転職をすることを決めたものの、上司に退職を申し出るのが苦痛。

どのタイミングで、なんて話しかければよいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

忙しそうにしていると話かけづらいし、他の人がいるところでは退職の話は出しづらい。なかなかいいタイミングが見当たらない。

今か!と思っても緊張してしまって、結局声をかけられずに終わってしまった・・・。

pharma

私もこのような経験がありましたので気持ちは痛いほどわかります。

この記事では、上司に退職を申し出る際、どのタイミングで何を言えば良いのかを解説しています。

最後まで読んでいただければ、あなたはもう大丈夫。明日の今頃には、退職の申し出に成功してスッキリした気分でいることでしょう。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 上司への上手な退職の伝え方・切り出し方
  • 上司に退職を伝えるときに気を付けること
  • 簡単に辞められる退職術8選
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

上司に伝えるのは、たった一言だけ。あとは勝手に話が進んでいきます。

薬剤師や事務から退職の申し出を受けたことがある、管理薬剤師(上司)の私が直接解説していきます。

【薬剤師向け】上司への退職の伝え方・切り出し方8つのポイント

【薬剤師向け】上司への退職の伝え方・切り出し方8つのポイント

その一言とは、「ちょっとお話があるのですが、お手すきの時にお時間よろしいでしょうか。」

たったこれだけです。

この言葉さえ言えれば、あとは上司が察してくれます。時間をつくってくれて上司から声をかけてくれるはずです。

あとは勝手に退職の話が進んでいくのですが、それでもまだ不安な方もいるでしょう。

大丈夫です。退職の申し出をする際に注意すべき点をもっと詳しくまとめておきました。

これを知っておけば、退職について怖いもの無しです。

  • 誰に言うとよいか⇒直属の上司に
  • いつ言うのがよいか⇒他のスタッフがいない場所で
  • 切り出し方⇒神妙な面持ちで相談という形で切り出す
  • 退職の伝え方⇒他の人に聞こえないように小声で直接伝える
  • 退職を伝える時期はいつがいいか⇒退職を決心したら早めに伝える
  • 退職の理由を聞かれたら⇒不平不満を言うのではなく個人的な退職理由を述べる
  • 退職を引き留めようとしてきたら⇒退職の意思は固いということを見せる

直属の上司に伝える

退職の意志を一番最初に伝えるべきは直属の上司

退職したい旨を伝えるのは直属の上司でなくてはいけません。

1つ飛ばしてもいけません。

絶対にココは間違えないように。
いくら転職の原因が直属の上司であってもです。

あなたが一般薬剤師であれば勤務している薬局長(管理薬剤師)が直属の上司となりますし、あなたが薬局長(管理薬剤師)であればその上のエリア長や部長などに伝えます。

すんなりと今の薬局を辞めたいのであればここは100%守りましょう。ここを間違えると話がこじれてややこしくなります。すんなり辞められるものも辞められ無くなってしまいますから気を付けましょう。

他のスタッフがいない場所で伝える

退職というデリケートな問題は、他の人達にも影響を及ぼしてしまいます。


他のスタッフへの影響をなるべく少なくしたいと上司は考えるはずですから、退職が確定するまでは内緒にしておくべきです。


他のスタッフに聞かれてしまわないように、上司と1対1で話をしてください。

神妙な面持ちで切り出す

具体的には、「ご相談があるのですが少しお時間よろしいでしょうか?」と切り出します。


神妙な面持ちで言えば上司は察してくれるはずです。

退職の意志を伝える際は、相談という形で切り出す

最初の段階は、上司に退職したい旨を伝えることが目的です。


決して以下のように言ってはいけません。


「辞めさせていただきます」
「○月○日までに辞めます」
「辞めてもいいですか?」
「すでに上には伝えてあります」

退職の伝え方はとても大事です。この伝え方で退職までの流れがスムーズにいくかどうかが決まると言っても良いでしょう。

他の人に聞こえないように小声で直接伝える

メールや電話、チャットではなく直接対面で伝えてください。


薬局が狭いから話すと他のスタッフに聞かれてしまうからと、LINEやfacebookなどのSNSで退職の申し出をしてはいけません。

退職の意志は早めに伝える

退職の意志は早めに伝えましょう。


就業規則によりますが、最低でも1ヵ月前までには退職の意志を申し出る必要があります。


余裕をもって退職したい日の2か月前くらいには伝えた方が良いでしょう。


あなたの抜けた穴を埋めるために代わりの薬剤師を連れてこなくてはいけません。引き継ぎの期間も必要です。なるべく早めに退職の意思を伝えましょう。

理由を聞かれたら、不平不満を言うのではなく個人的な退職理由を述べる

退職の申し出をしたらそのあと上司は辞めたい理由を聞いてきます。


100%聞いてきますのであらかじめ退職の理由をまとめておきましょう。


給料に対して不満が理由でも、休みが取れないのが理由でも、薬局内の人間関係が理由であっても、正直に伝える必要はありません


不満を伝えるとそれを引き留めの材料とされてしまいます。


その不満に対して上司から改善策を提示されたらどうでしょうか。


すんなり辞められなくなってしまいますね。

このまま、この薬局にいるのは絶対に無理であるという理由を伝えましょう。

退職の意思は固いということを見せる

先ほど、相談という形で切り出すというように書きました。


退職しようかどうしようかを相談するのではありません。


いつ辞めさせてもらえるかについて相談するのです。


上司に退職を切り出した時点で、あなたが退職をすることはもう決まっているのです。


退職の申し出をしたときに上司から引き留められた場合はこちらの記事に対策をまとめました。

とにかく退職の意志は固いこと、この薬局にいては自分にとって退職理由が解消されない事をしっかりと上司に伝え続けます。


迷いを見せるとそれが引き留め工作の材料にされてしまいます。


退職の意志は固いから引き留めてもムダですよという気持ちで対応してください。


転職の決意は固まっていて何を言われても変わらないという強い気持ちを伝えます。


もし他の薬局への転職が決まっているのであればこの時点で伝えても良いでしょう。

上司に退職を切り出してからの流れ

上司に退職を切り出してからの流れ

 上司に退職を切り出してからの流れ

  1. 上司からの退職引き留め
  2. 退職日の相談・決定
  3. 退職届の提出
  4. 担当業務の引き継ぎ
  5. 退職日(貸与されていた物品の返却)

上司からの退職引き留め

あなたが優秀であればあるほど、必要な人財であればあるほど、上司からは辞めないでほしいという退職引き留めがあるはずです。

退職引き留めの対処法についてはこちらにまとめました。

もし、引き留めがなかったら退職日の決定に進みます。

※なんとなく辞めそうな薬剤師というのは上司から見ればだいたいわかります。


もしその薬剤師から退職の申し出があった場合には引き留めないということが薬局長(管理薬剤師)とその上司との間で既に話がついていることがあります。


本当に必要な薬剤師は引き留めますが、問題がある薬剤師の場合は向こうから辞めますというのを待っています。


引き留めが大変だと思っていたのにすんなり退職できました

退職日の相談・決定 退職日の決定時に少しだけ譲歩する

引き留めは無理だとわかったら、今度は退職日をなるべく伸ばしてほしいという要請が来るはずです。


そんな時にはその要望に少しでも応えてあげましょう。

就業規則の通りに○月●日で辞めさせて欲しい!と退職の権利を主張して強気に出ても良いのですが、揉めずにすんなりと辞めたいのであれば相手の要望に少し譲歩してあげましょう。

退職願・退職届の提出

退職日が上司との間で決定してから退職届を提出します。


退職届には退職日を記載する欄があるはずですから、退職日が確定してからでないと書けません。


会社に退職届のフォーマットがある場合もありますので上司に確認しましょう。

いきなり上司に辞表を提出するということは絶対にしないように。


退職届は、退職が決まってから提出するものです。


この頃には薬局のスタッフに対してあなたが退職することが公表されます。

担当業務の引き継ぎ

薬局内で担当している業務を次の薬剤師に引き継ぎます。


漏れなく引き継げるよう、今まで自分でやってきた業務内容をしっかりとまとめておきましょう。

退職日(貸与されている物品の返却)

退職の日までは気を抜かず、しっかり働きましょう。

有給休暇を消化する関係で、退職日よりも最終出勤日が先になることが多いと思います。

会社から貸与されている物は最終出勤日に全て返却しておきましょう。

薬剤師が最終出勤日に返却する物の例

  • 白衣
  • 社員証
  • 印鑑
  • その他会社から貸与されている物品

但し、保険証は最終出勤日に返却しないでください。

保険証は退職日まで有効です。病院に受診する可能性もあるでしょうから手元に置いておきましょう。

退職日過ぎてから郵送で返却すれば大丈夫です。

【薬剤師向け】退職の切り出し方伝え方のまとめ

  1. 退職の意志は早めに伝える
  2. 直属の上司に伝える
  3. 他のスタッフがいない場所で伝える
  4. 神妙な面持ちで切り出す
  5. 退職の意志を伝える際は、相談という形で切り出す
  6. 他の人に聞こえないように小声で直接伝える
  7. 理由を聞かれたら、不平不満を言うのではなく個人的な退職理由を述べる
  8. 退職の意思は固いということを見せる

このポイントを意識しておけば問題なく退職できるはずです。

とはいえ、上司もいろいろ。すんなり退職を認めてくれない場合もあるでしょう。

「代わりの薬剤師を連れてこい」とか、「辞めるつもりなら給料は払わない」などと脅してくる社長もいると聞いています。

退職交渉がどうにも進まなくて困ったときには、退職代行サービスも活用しましょう。

薬剤師も利用可能な退職代行サービス

これで、ある程度、退職についての心配は無くなったことでしょう。

さぁ、転職先探しをこれから始めようと思ったあなた。

自分の力だけで転職先を探すことはやめてください。その転職、確実に後悔します

自分で転職先を探すのではなく、薬剤師転職サイトに登録をして転職のプロからのサポートを受けましょう。薬剤師なら完全無料です。

pharma

私の1回目の転職は大失敗。それは薬剤師転職サイトを使わなかったから。転職で後悔したくないなら薬剤師転職サイトの利用は必須です。

オススメの薬剤師転職サイト

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。