新卒・第二新卒薬剤師の転職は問題なし!歓迎される求人検索方法
NEWq

転職を考えている第二新卒薬剤師

入社の時の話と全然違うんです。

採用担当者は良い事ばかり言っていたけど、実際に入社してみたら嘘ばかりでした。

早く辞めたいのですが、さすがに入社してすぐ転職するのはダメでしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト・転職エージェント徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

入社してみたら、就活の時の話と全く違った。

こう思う薬剤師は少なくありません。

就活の時には採用担当者や一部の社員と話をするなどして職場の雰囲気を感じていたと思います。

でも実際に入社してみたらイメージしていたものと全く違った。

それもそのはず。

就活で得られた情報は、採用する側が上手く出している情報だけ。

だから、入社してみたら実は違ったということになるのです。

結論
新卒・第二新卒の薬剤師はむしろ転職すべき。

若い薬剤師の方が採用されやすいので、迷っているくらいなら転職したほうが将来的にもお得です。

新卒薬剤師・第二新卒薬剤師でも嫌なら我慢せず転職したほうが得

新卒薬剤師・第二新卒薬剤師でも嫌なら我慢せず転職したほうが得

薬科大学、大学薬学部を卒業して薬剤師国家試験に合格。

希望をもって就職した勤務先がブラックだった・・・。

いじめの横行、超体育会系でついていけない・・・。

先輩薬剤師からの言葉がきつい・・・。

忙しすぎて仕事をちゃんと教えてもらえない・・・。

会社説明会で聞いていたのと全然違う・・・。

メンタルが今にもやられそう・・・。

もう仕事に行きたくない・・・。

このように感じている新人薬剤師は少なくありません。

あなたもそうではないでしょうか。

どこの薬局もひどい職場ということはありません。

たまたまあなたが配属された薬局がひどいという事。

もっと働きやすい職場はたくさんあります。

転職は今からでも全然遅くありません。

むしろ、薬剤師3年目くらいまでに転職をしておいたほうが良いくらいです。

というのも、若いうちに転職をしておくと色々な経験ができます。

一つの会社しか知らない薬剤師は、そのルールが全てと思い込んでしまう危険性が。

それは大変危険な事です。

なるべく多くの会社、多くの薬局での勤務を経験しておくと知識に幅ができます。

多くの経験や知識を持っている薬剤師は、どんな場所・場面においても活躍できることでしょう。

新卒薬剤師・第二新卒薬剤師は採用されやすい

新卒薬剤師・第二新卒薬剤師は採用されやすい

薬剤師は転職を若いうちにした方が得です。

多くの経験を積めるという点以外にも得な事がたくさんあります。

若い薬剤師は採用されやすい

その最大の理由は、若手の薬剤師は採用されやすいということ。

年齢を重ねる毎に採用されづらくなります。

これはどの薬局でも同じ傾向。

転職するなら、若いうちの方がお得です。

若いうちの方が変化への対応力が高い

年齢を重ねてくると変化に対応しづらくなります。

20代と40代を比べてみると変化への対応が早いのは圧倒的に20代。

pharma

これは若いうちにはあまり気づけないことですが、40代になった私が言うのですから間違いありません。

まだお得な理由はあります。

家族を持ってからの転職は大変

結婚をして家族を持ってからの転職は、引っ越しや住所変更など結構大変です。

ひとり身なら引越しも簡単。

 

このような理由から、薬剤師が転職するなら早いうちの方がお得だと言えるのです。

新卒・第二新卒の薬剤師求人の正しい探し方

新卒・第二新卒の薬剤師求人の探し方

NEWq

求人票に新卒、第二新卒歓迎と書いてあるところから選べば大丈夫ですよね?


pharma

そうとも限りません。


NEWq

どうしてですか?


pharma

大事なのは、誰が歓迎しているのかということです。

新卒や第二新卒薬剤師の入社を社長や人事部が歓迎していたとしても、現場の薬剤師は歓迎していないことは多々あります。

それは、即戦力の薬剤師なら歓迎だが、忙しすぎて教える暇がないという理由から。

求人票に新卒・第二新卒薬剤師歓迎と書いてあっても鵜呑みしてはいけません。

そのまま応募するのは大変危険です。

求人票を見て自分で応募をするのではなく、薬剤師転職サイトに登録したうえで本当に新卒薬剤師や第二新卒の薬剤師を歓迎してくれるのかをコンサルタントに調べてもらってから応募しましょう。

新卒・第二新卒歓迎の薬剤師求人(調剤薬局・病院・ドラッグストア・企業)は以下のサイトで検索することができます。

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師なら、「新卒も応募可能」の薬剤師正社員求人が検索可能です。

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

ファルマスタッフ
ファルマスタッフ なら「新卒可」の薬剤師正社員の求人検索が可能です。

\ファルマスタッフへの登録はこちら/


アポプラス薬剤師のサイトでは新卒・第二新卒関連の求人を検索することはできません。登録した後に新卒や第二新卒歓迎の求人を紹介してもらえます。

\アポプラス薬剤師の登録はこちら/

薬キャリ
薬キャリ のサイトでは新卒・第二新卒歓迎の求人検索はできません。登録した後に新卒・第二新卒歓迎の薬剤師求人を紹介してくれます。

\薬キャリエージェントへの登録はこちら/

薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ
薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ のサイトでは新卒・第二新卒歓迎の求人検索はできません。登録した後に新卒・第二新卒歓迎の薬剤師求人を紹介してくれます。

\お仕事ラボへの登録はこちらから/

派遣では即戦力となる薬剤師が求められます。

経験の浅い新卒薬剤師が派遣薬剤師となるのはかなり難しいこと。

実際に新卒でもいいから派遣してほしいという職場はゼロに等しいのでまずは正社員として転職してしっかりと経験を積むのが良いでしょう。

転職するなら薬剤師転職支援サイト経由で。

求人情報だけではわからない本当のところがわかります。

入社してみて違った・・・となるのはもう嫌ですよね。

どんな職場なのか。人員構成はどうなのか。

給料はいくらなのか。

残業はしっかりつくのか。

聞きづらいこともコンサルタントがあなたに代わってすべて聞いてくれます。

 薬剤師転職サイトに登録しなくても転職できるけど・・・
薬剤師の求人はまだまだたくさんあります。コンビニよりも多い数の薬局の中から自分の希望通りの薬局を探し出せますか?それはちょっと厳しい、誰かに手伝ってほしいと思いますよね。

この記事で紹介した薬剤師転職サイトならすべて無料であなたの転職活動をサポートしてくれます。

別に転職サイトに登録しなくても転職できます。薬剤師の求人はたくさんありますし。でも私は自力で転職活動をして大失敗しました。


(転職したいだけなら自力でもできますが、自分の希望通りの薬局に転職したいなら薬剤師転職サイト登録したほうが成功率は高まります。)


この記事を読んでいる方は大丈夫かと思いますが、自力で転職活動をして後悔しないようお気を付けください。

 転職に失敗したくない新卒・第二新卒薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト



 希望条件別薬剤師求人の探し方