【薬剤師1年目で辞めたいと思ったら】不安・悩み解消法
q

薬剤師辞めたいと思っている1年目の薬剤師

4月に入社したばかりの薬剤師1年目ですが、もう薬剤師辞めたいです。

仕事をあまり教えてくれないし、溶け込めません。

もう辞めたいと考えているのですが、1年目で転職しても大丈夫でしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師1年目で辞めてもよい?
  • 薬剤師1年目で辞めたいと思う理由
  • 薬剤師1年目の不安と悩み解消法
【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト・転職エージェント徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
薬剤師1年目が悩むのは当然。辞めたいと思うのも普通の事です。

知っておいて欲しいのは1年目の新人薬剤師でも転職できるということ。

転職という選択肢があると知っておくと少しは気持ちが楽になりませんか?

不安や悩みを解決する具体例も提示していきます。

新卒薬剤師に対して悩んでいる、指導薬剤師の方はこちらをご覧ください。

もう薬剤師として働きたくないと思ったらこちらをどうぞ。

薬剤師1年目で辞めても大丈夫

薬剤師1年目で辞めても大丈夫(無理をしてまで我慢する必要なし)
ちなみに、薬剤師1年目で転職しても問題ありません。

今の職場にはいられない。このままでは体を壊してしまう。





そういう場合は辞めても大丈夫です。体を壊してまで働く必要なんてありますか?


薬剤師1年目で転職しても大丈夫です。その理由はこちらにまとめました。



試用期間中の退職・転職でも大丈夫です。

まだ転職するかどうか決めかねている。

転職しようかどうか迷っている。

転職までは考えていないけど不安や悩みを解消したいと思う新人薬剤師の方はぜひ最後までお読みいただければと思います。

薬剤師1年目で辞めたくなるのはなぜ?

薬剤師1年目で辞めたいと思うのは当然

薬剤師1年目で辞めたくなる最大の原因は、チェーン薬局における配属先ガチャ。

就職活動中に配属先となる薬局の情報を十分に得ていたでしょうか?

入社前に配属予定の薬局を見学させてもらったでしょうか?

内定をもらった後に配属先が決められた方がほとんどだと思います。

これでは、「そんなはずではなかった」、「思っていたのと違う」というミスマッチが起こるのも無理はありません。

どうしても就活中の学生側は情報不足になりがち。

なぜなら知り得る(与えられる)情報の大部分は採用する側が作ったものだからです。

薬学生の就職活動はおおむね以下のような手順で行われていると思います。

  • 会社説明会
  • 合同企業説明会
  • インターンシップ
  • 自己分析
  • 業界研究
  • 仕事研究
  • エントリー
  • 入社試験・面接
  • 内定
  • 配属先決定
  • 国家試験
  • 入社

この中で、自分自身で感じられる機会があるのはインターンシップくらいでしょう。

OB・OG訪問でその会社について深い話を聞けていれば違うかもしれませんが、就職活動で得られる情報だけではやはり不足しています。

薬局実習でその会社に行っていれば、もう少し詳しく知ることができたかもしれません。

このような状況では、入社してみたら話と違ったという「ミスマッチ」が起きるのは仕方がないことなのです。

どこの店舗に配属されるかわからない時点で入社を決めるのですから、配属先の店舗、薬局が自分に合うかどうかについてはもう運の領域。

配属先ガチャで当たりを引かないと、薬剤師1年目から辞めたくなるという事態に陥ります。

新人薬剤師の不安や悩みを解決する方法

新人薬剤師の不安や悩みを解決する方法

新人薬剤師は誰もが不安を持ちながら仕事をしています。

仕事上の不安が全く無い新人薬剤師はいません。

全く不安が無い薬剤師の方が、自信過剰という意味においてちょっと危険です。

では、新人薬剤師はどういったことで悩んでいるのでしょうか。

多くの新人薬剤師が1年目で感じる不安や悩み

  • 病気や薬の事を覚えられるか不安
  • 日々の業務を覚えられるか不安
  • 仕事を教えてもらえない・聞けない
  • 仕事を覚えられない
  • 体力的にきつい
  • 精神的にきつい
  • 休みの取りやすさなどの待遇、勤務地が話と違った
  • 薬局の人間関係が悪い
  • 給料・賞与が安い

このような点で悩んでいる新人薬剤師は非常に多いです。

あなたもいくつか当てはまる点があるのではないでしょうか。

ここからは、これらの不安や悩みを解消する方法を解説していきます。

新卒薬剤師の不安や悩みを解決する手順

新卒薬剤師の不安や悩みは以下の手順で解決していきます。

  1. 自分の不安や悩みを全て紙に書き出してみる
  2. 不安や悩みを分類する

自分の不安や悩みを全て紙に書き出してみる

まずは自分の不安や悩みを全て紙に書き出してみましょう。

どのくらい書けたでしょうか。

不安や悩みの例を挙げてみます。

 新卒薬剤師が悩みがちなことの一例

  • 人間関係が良くない
  • 単科の門前なので知識が不足しそう
  • 給料・賞与が安い
  • 新人研修が無い(少ない)
  • 休みが取れない
  • 残業が多くて辛い
  • 有給休暇を自由に取れない
  • 仕事が忙しすぎて辛い
  • 配属先が話と違った
  • 薬局内の人間関係
  • 薬局長が苦手
  • 先輩薬剤師が苦手
  • 仕事を教えてもらえない・聞けない
  • 残業が多すぎる
  • 通勤が大変だった
  • 休憩が取れない
  • 薬を覚えられない
  • 患者さんと何を話してよいかわからない
  • 薬を間違えたらと思うと不安
  • 他職種とのコミュニケーションがうまくとれない
  • 先輩薬剤師にすぐ怒られる
  • いやがらせ、いじめを受けている
  • 理不尽に怒られる
  • セクハラ、パワハラを受けている

どのくらい出てきたでしょうか。

紙に書き出すだけで、頭の中が整理されます。

書き出して客観的に見てみると、悩みや不安が少し軽くなったのではないでしょうか。

書き出した不安や悩みを分類する(会社の問題・職場の問題・自分の問題)

次は、書き出せた悩みや不安を、次の3つの原因ごとに分類してみましょう。

  • 会社の問題
  • 職場の問題
  • 自分の問題

会社が原因となっている悩みや不安の解消法

新卒薬剤師が持つ悩みや不安のうち、「会社の問題」に分類されるのは主に次のようなものがあります。

  • 給料・賞与が安い
  • 新人研修が行われない
  • 休みの取りやすさなどの待遇や配属先が当初の話と違った

 給料や賞与についての不安や悩み

初任給の額は公開されていたと思いますが、実際に生活してみるとやっぱり少なくてきついということもあるでしょう。奨学金の返済が重い薬剤師も今は結構多いです。


ですが、新卒での調剤薬局に転職したとしてもそれほど大きな差はありません。もちろん勤務地や制度の違いで月額数万円の差が出ることはあります。

昇給についてですが、どのようにして昇給額が決定されるかをまず知ることから始めましょう。


期末の評価によって決まるのか、年功序列によって決まるのかノルマの達成度合いで決まるのか、社内の試験によって決まるのか。

なるべく昇給が多くなるような働き方をしていきましょう。

近い将来管理薬剤師になることができれば管理薬剤師手当が支給されます。


管理薬剤師になれれば年収が一気に数十万円アップします。

そこを目指すのも一つの選択肢にあげましょう。

また1年目の夏の賞与は満額でることはありません。

4月入社だと賞与算定期間の勤務日数が少ないからです。

初回の夏のボーナスは出ないのが基本です。

仮に出たとしてもお小遣い程度でしょう。

冬のボーナスに期待してください。

 新人研修についての不安や悩み
新人の薬剤師にとって新人研修が十分行われなかったのはものすごく不安だと思います。
ですが、もう悩んでいてもしかたありません。

座学だけでは学べないことが薬局にはたくさんあります。
指導薬剤師やほかの先輩薬剤師にとにかくわからないことを質問していきましょう。

実践あるのみです。

家では薬学専門書たくさん読んで知識をインプット。そして薬局では患者さんに対してその知識をアウトプットしていくことが大切です。


それ以外の、会社が原因である問題を解決するには、「昇進して自分で会社を変えていく」か、「転職をしてこの会社から去る」の2つしか方法はありません。

個々の職場(薬局)が原因となっている悩みや不安

個々の職場(薬局)が原因の悩みや不安はさらに、「人間関係」「労働環境」に分けられます。

人間関係の問題

  • 理不尽に怒られる
  • 嫌がらせ、いじめを受けている
  • セクハラ、パワハラを受けている
  • 仕事を教えてもらえない
  • 人間関係がよくない
  • 仕事を教えてもらえない・聞けない
  • 薬局長が苦手
  • 先輩薬剤師が苦手

人間関係が原因となっている悩みや不安の解決策

  • 自分が変わる
  • 職場を変える

人間関係の問題の解決は難しいです。

というのも、相手を変えることはほぼ無理だから。

結局は自分を変えるか職場を変える(異動もしくは転職する)かの2択です。

理不尽に怒られる、嫌がらせ、いじめを受けている、セクハラ、パワハラを受けているについては社内通報などの制度をすぐに活用します。


労働環境の問題

  • 残業が多くて辛い
  • 仕事が忙しすぎて辛い
  • 有給休暇を自由に取れない
  • 通勤時間が大変だった
  • 休憩が取れない

 労働環境の問題が原因となっている悩みや不安の解決策
新卒薬剤師が職場の労働環境をすぐに変えることは難しいでしょう。

この問題については、職場を変える(異動もしくは転職する)しか方法はありません。

体を壊してまで今の薬局で働き続ける意味ははっきり言ってありません。すぐに休みをもらうべきです。休みをもらえないからと言って無理をしてはいけません。

自分の問題

  • 先輩薬剤師にすぐ怒られる
  • 薬を覚えられない
  • 患者さんと何を話してよいかわからない
  • 薬を間違えたらと思うと不安
  • 他職種とのコミュニケーションがうまくとれない
  • 単科の門前なので知識が不足しそう

こういった悩みや不安についてはほとんどの場合、経験を積むことと勉強することで自然と解消されていきます。

 自分の問題が原因で悩みや不安が生じている場合の解決策
経験不足を補うには積極的に仕事に取り組む。

知識不足を補うにはとにかく勉強。

仕事の進め方のコツを知っておくだけで、怒られる頻度を減らすことができます。

しっかりメモを取って理解する

  • 話を聞こうとはするが頭に入っていない
  • 話を聞いている間ついつい別の事を考えてしまう
  • 指示の内容をメモしない
  • 指示をメモしても期限(締め切り)を書かない
  • 指示をメモしてもあとから見返して自分で何のことかわからない
  • 指示をメモしても見返さない
  • 細かい部分が気になって全体を把握できない
  • 指示の意味が理解できていないのに質問して確認しない
  • 上司から「理解できたか?」の質問に対し、理解できていないのに「ハイ」と返事する

しっかりメモを取り、そのメモをみて復習する。

それでもわからなかったら再度質問をする。

これだけでたいていの事はできるようになるはずです。

こうならないように注意しよう

  • そもそも何をすればよいか理解できていないので何もしない(できない)
  • 確認すれば良いのにしないでそのまま放置している
  • 頭で考えているだけでなかなか行動に移さない
  • やらなきゃと考えているうちについつい別の事を考えてしまう
  • 頭で考える事すらしないで行動に移してしまう
  • 考えたことが形になっていない(メモ等に残っていない)のでまた同じことを考える
  • 他の業務との優先順位(緊急性・重要性)がつけられていない
  • 他の業務と同時進行していると片方がおろそかになる
  • 後回しにして案の定忘れる
  • 何から手を付けてよいのかわからないから何もしない
  • 早くやれと言われないとやろうとしない
  • 途中経過を上司に報告しない
  • 別の仕事が入ると頼まれた仕事の事が頭から抜ける
  • 終わっていないのに終わったと思い込んでしまう
  • そもそもどこが仕事の完了かがわかっていない
  • 終わったのに完了の報告をしていないので終わったことになっていない
  • 上司から仕事ができていない理由を聞かれて適当に答える

人間関係についての悩み解消については、薬局の人間関係が最悪で辛い!薬剤師側の原因と解決策3つ薬局の人間関係を良くする方法6選【薬剤師ができる】をご覧ください。

給料・賞与については、薬剤師の年収を比較する際に注意すべき5つのポイント【正しく比べて】をご覧ください。正しく比較することが大切です。

薬剤師1年目で辞めたいと思ったら 不安・悩み解消法(まとめ)

薬剤師1年目で辞めたいと思ったら 不安・悩み解消法(まとめ)
会社の問題→給料や賞与についての悩みは、評価制度を意識した働き方と管理薬剤師への昇進を目指すことである程度は解決可能。
それでも無理ならもっと年収が高い薬局へ転職することを考えましょう。

職場の問題→人間関係の問題は即離れること。まずは異動を直訴。無理ならば転職です。

自分の問題→経験を積む、知識を増やす。仕事のコツを覚える。

繰り返しになりますが、全く不安や悩みがない薬剤師の方がちょっと異常かもしれません。

新人のうちはみんな不安で悩みます。

でも大丈夫。

その悩みや不安はかならず解決できます!

\マイナビ薬剤師への登録はこちらから/

保有求人数最大級
20代から40代の転職に特に強い

\ファルマスタッフへの登録はこちらから/

正社員・パート・派遣全てお任せ
じっくり相談したい薬剤師におすすめ
薬剤師転職支援22年の実績!全国12拠点

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

出張面談対応だから地方在住でも安心
薬剤師転職サポート27年の老舗で実績十分

\薬キャリエージェントへの登録はこちらから/

薬剤師登録者数No.1
即日最大10件求人紹介!

\リクナビ薬剤師への登録はこちらから/

最短3日で転職可能!
急いで転職したい薬剤師におすすめ