【薬剤師向け】企業から薬局・ドラッグストア・病院への転職は可能?
womensuitnayami

企業(治験)からの転職を考えている薬剤師

治験の業務に携わっているのですが、毎日の激務に耐えられません。

企業から薬局の転職を考えているのですが、転職は可能でしょうか。

mensuitnayami

MRとして企業で働き続けるのは難しいと感じている薬剤師

MRをしているのですが全国どこに転勤するかわからないですし、最近は早期退職やリストラが増えています。

将来が不安なので今から調剤薬局に転職したいと思うのですが、どうでしょうか。

やっぱり給料は下がりますよね?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師が企業からの転職を考える理由
  • 企業で働いていた経験がある薬剤師の強み
  • 企業から転職を考えている薬剤師におすすめの薬局
  • 企業から転職をする薬剤師向け求人の探し方
  • 企業から薬局・病院・ドラッグストアに転職する際の注意点
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論
企業から薬局や病院、ドラッグストアへの転職が増えています。調剤経験などなくても企業で培われた様々なスキルが医療現場で役に立ちます。薬剤師免許を活かしてさらに活躍できる職場がきっと見つかります。

企業への転職を考えている薬剤師はこちらをご覧ください。

薬剤師が企業からの転職を考える理由

企業で働いている薬剤師が、転職を考えるきっかけとなった主な理由はみなさん同じです。

企業から薬局・病院・ドラッグストアへの転職を考えるようになった理由

  • リストラや早期退職推奨があって将来が不安
  • 土曜日や日曜日の出勤が多すぎて自分の時間が欲しくなった
  • 営業ノルマに耐えられない
  • 出荷停止や回収の案内で怒られすぎて嫌になった
  • 仕事が忙しすぎて体調を崩した
  • 転勤をせずに落ち着きたい
  • 単身赴任をしないで家族と一緒に暮らしたい
  • 自分が望む地域・場所で働きたい
  • 医療の現場で薬剤師免許を活かしたい
  • 患者さんと直接関わる仕事がしたい

こういったきっかけで企業から薬局などに転職を考えるようになったそうです。


あなたにも当てはまることがあるのではないでしょうか。

と同時に大きな不安もお持ちです。

企業から転職したい薬剤師が抱えている不安

  • 薬剤師免許を持っているが調剤経験が無い
  • 直接医療に携わっていない
  • 今よりも年収が下がってしまう

この先を読んでいただければこれらの不安は解消できると思います。最後までご覧ください。

企業で働いていた経験がある薬剤師の強み

企業で働いていた経験がある薬剤師の強み

あなたが企業で働いていた経験は薬局や病院、ドラッグストアに転職しても無駄になることはまったくありません。


その経験は強みでしかありません。

 企業出身薬剤師の圧倒的な強み

  • 高いコミュニケーションスキルを持っている
  • 情報検索・情報収集スキルが高い

高いコミュニケーションスキル

例えば、MRとしてバリバリ仕事をしていたあなたなら、高いコミニュケーションスキルやビジネスマナーがすっかり身についていることでしょう。


近隣の処方元医師への訪問や疑義照会などで医師とやり取りをする場面でもMR時代のスキルが大いに役立ちます。


気難しい医師への疑義照会や訪問もスムーズにできるのではないでしょうか。


他職種との連携でも、患者さんとの間でもそうですがこのコミュニケーションスキルが無いと仕事になりません。


必要な情報を伝える力、相手の情報を聞き出す力が無いと服薬指導をするのは無理です。


企業で働いていた経験のある薬剤師が薬局や病院、ドラッグストアへ転職をするのは成功する可能性がかなり高いと言えます。

 高いコミュニケーションスキルが活かされる場面

  • 医師への面会に慣れている(薬局薬剤師は慣れていません)
  • 処方せん獲得の営業ができる(在宅専門医や有料老人ホームなどの施設に営業をかけることもあります)
  • 難しい患者さんとも打ち解けられる
  • 地域貢献として実施する近隣住民への講演会
  • 他職種連携

高い情報検索・情報収集スキル

企業で働いていると、資料を作成する場面が少なからずあるはず。


薬局では調剤よりも服薬指導を通じた情報提供の比重が高まっています。


あなたが持っている情報検索・情報収集スキルによって、薬局全体の質が向上していくはずです。

 高い情報検索・情報収集スキル

  • 薬局独自の指導せん作成
  • 薬局内DI業務

昇進が早い

うちの会社だけかもしれませんが、企業出身者は昇進が早いという傾向があります。


これらの基礎的な能力が高いからともいえるでしょう。


調剤経験だけでは昇進できません。

企業から転職を考えている薬剤師におすすめの薬局

企業から転職を考えている薬剤師におすすめの薬局

調剤経験が無いからと不安に思う方もいるかもしれません。


調剤経験無しでも大丈夫です。

調剤経験が無くても問題ない理由はこちらにまとめましたのでご覧ください。


調剤経験があっても薬や疾患の知識、コミュニケーションスキルが無い薬剤師ははっきり言って使えません。

 企業からの転職を考えている薬剤師におすすめの職場

  • 教育研修システムが整っているところ
  • 新人の受け入れ態勢ができているところ

この2つのポイントは欠かせないところ。


企業での経験があるとはいえ、医療現場ではゼロからのスタートとなりますから教育研修システムが整っていて新人の受け入れ態勢がすでに整っているところへの転職を強くお勧めします。

具体的には以下から選びましょう。

  • 大病院
  • ドラッグストア
  • 大手の調剤薬局チェーン

大病院の多くは毎年数名の新卒を採用しており、研修システムが構築されています。


ドラッグストアや調剤薬局チェーンの大手なら毎年定期的に新卒を採用していますし、学生の実務実習の受け入れをしていますからしっかりとした教育研修システムが整備されています。


ごく一部の小規模薬局では系統立てた教育研修システムが存在していないところもありますので避けたほうが良いでしょう。

企業から転職をする薬剤師向け求人の探し方

未経験可で求人検索可能です。

20代・30代調剤未経験薬剤師向け求人の探し方

40代調剤未経験薬剤師向け求人の探し方

50代調剤未経験薬剤師向け求人の探し方

企業から薬局・病院・ドラッグストアに転職する際の注意点

企業から薬局・病院・ドラッグストアに転職する際の注意点

年収が下がってしまう可能性が極めて高い


土日休みではなくなる


こういった負の側面も出てくると思いますが、これらを減らす方法があります。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談しながら転職を進めていくことで、多くの求人の中からあなたに合った、しかも好条件を引き出せる求人に出会えます。


土日休み確実、転勤なし、年収ダウン幅を少なくしての転職も可能です。

まとめ

  1. 企業で働いていた経験は医療に役立つ
  2. 調剤経験無しでも問題ない
  3. 教育研修システムが構築されていて、新人受け入れ態勢が整っている職場に転職をするべき
  4. 土日休みの職場もかなりある
  5. 転勤なしの職場もかなりある
  6. 年収ダウンの可能性は高いが薬剤師転職サイトのコンサルタントに好条件の案件を探してもらえればダウン幅は少なくできる

企業から病院、薬局、ドラッグストアへの転職を成功させるには薬剤師転職サイトのコンサルタントに好条件の求人を探してもらいましょう。

 企業からの転職に強い転職サイト・転職エージェント4選

  • マイナビ薬剤師|20代から40代の正社員薬剤師の転職に強い転職サイト。派遣薬剤師でなければまずはここに登録しましょう。
  • ファルマスタッフ|日本調剤のグループ会社。転職支援20年以上の実績あり。派遣やパートの求人も豊富に持っているので女性薬剤師にもおすすめです。
  • リクナビ薬剤師|人材領域のプロであるリクルートが運営する、薬剤師に特化した人材紹介サービス。早さに定評あり。急ぎで転職先を探したいならここ。
  • 薬キャリ|エムスリーグループが運営している薬剤師転職サイト。登録者数No.1 オールマイティに強い。