薬剤師パートの仕事内容【正社員との違いは?在宅は?かかりつけは?】
ppguru

パート薬剤師の仕事内容について知りたい薬剤師

パート薬剤師の仕事内容は正社員の薬剤師と何か違いはあるのでしょうか?

前の薬局のパート薬剤師さんは全然仕事をしませんでしたけど・・・。

パート薬剤師の仕事内容は正社員とは違うのか。今まで正社員で働いていた方が初めてパートで働く時には気になる点だと思います。

パート薬剤師にもっと仕事をお願いしたいと考えている正社員薬剤師や管理薬剤師の方もいるでしょう。

薬局薬剤師の仕事内容はパート薬剤師も正社員薬剤師も基本的には同じ。患者さんに対する責任も変わりません。

その会社の社員である以上、パートであろうが正社員であろうが仕事内容は同じです。

pharma

ただ、ほんの一部仕事内容に違いがあります。その点について解説していきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
パート薬剤師の仕事内容は、基本的に正社員薬剤師と同じです。

患者さんに対する責任も同じです。在宅にももちろん行くこともあります。

ただ、週の勤務時間によっては要件を満たせず、かかりつけ薬剤師や管理薬剤師にはなれません。

パート薬剤師の仕事内容は基本的に正社員と同じ

パート薬剤師の仕事内容は基本的に正社員と同じ

パート薬剤師も正社員の薬剤師も仕事内容は同じです。パートの薬剤師だから責任が無いとか、この仕事は正社員の薬剤師しかできないという事はありません。

処方せん鑑査、調剤、最終鑑査、投薬(服薬指導)の全てが仕事内容です。もちろん、在庫管理や発注の作業も入ってきます。

パートだろうが正社員だろうが、患者さんから見れば同じ薬剤師。仕事内容に違いは無いのです。

pharma

こんなパート薬剤師はいないでしょうか?

「パートだから私には責任ない」とか、「パートだからこの仕事はしない」と言っている薬剤師が。

こういうパート薬剤師はいずれ不要と言われるでしょう。

ただ、勤務時間やシフトによってはできない仕事もあると思います。

pharma

例えば、閉局前に帰るパート薬剤師は、閉局後に行う発注作業はできませんね。

このように、やむを得ずできない仕事もあるでしょうが、基本的にはパート薬剤師の仕事内容は正社員の薬剤師となんら変わりはないという事です。

パート薬剤師もかかりつけ薬剤師になれるが要件に注意

パート薬剤師もかかりつけ薬剤師になれるが要件に注意

基本的に仕事内容は正社員と差は無いのですが、週の勤務時間によってはかかりつけ薬剤師にはなれません。

 かかりつけ薬剤師の算定要件

  1. 薬局勤務経験が3年以上あること
  2. 勤務先の薬局に週32時間以上勤務していること
  3. 勤務先の薬局に1年以上在籍していること
  4. 薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定薬剤師を取得していること
  5. 医療に関わる地域活動に参加していること

※育児休暇や介護休暇で時短勤務をしている場合、週24時間以上かつ週4日以上勤務であれば要件として認められるようになりました。

勤務時間が週32時間未満のパート薬剤師は、かかりつけ薬剤師の算定要件を満たすことができませんので、かかりつけ薬剤師には残念ながらなれません。

パート薬剤師と正社員の仕事内容に差が生じるのは、かかりつけ薬剤師になれるかどうかです。

パート薬剤師でも管理薬剤師になることは可能

パート薬剤師でも管理薬剤師になることは可能

ではパート薬剤師が管理薬剤師になることはできるのでしょうか。

管理薬剤師になるための要件を満たしていれば、パートでも正社員でも関係なく管理薬剤師になることが可能です。管理薬剤師になるのに、雇用形態は関係ありません。


ただし、週の勤務時間があまりに短いや、他の薬局でも勤務している場合には保健所から指摘されます。

また、地域支援体制加算を算定するためにはその薬局で、週32時間以上勤務していることが要件となります。

パート薬剤師も在宅に行きます

パート薬剤師も在宅に行きます

薬剤師パートが気になる仕事内容といえば、在宅でしょう。パート薬剤師だって在宅業務をやります。

在宅は正社員の薬剤師だけで、パート薬剤師は在宅をやらなくて良いという事はありません。もちろん、患者さん宅への訪問時間が合わずにできないこともあるでしょう。

その時には、別の患者さんの在宅を担当することになるはずです。

どうしても在宅をやりたくない薬剤師はこちらが参考になります。

【パート薬剤師の仕事内容】責任は?在宅は?かかりつけ薬剤師は?(まとめ)

パート薬剤師の仕事内容まとめ

 パート薬剤師の仕事内容(まとめ)

  • パートも正社員の仕事内容も責任も基本的に正社員薬剤師と同じ
  • 勤務時間が週32時間未満だとかかりつけ薬剤師の算定ができない
  • 要件を満たせばパート薬剤師でも管理薬剤師になれる
  • パート薬剤師も在宅に行きます

pharma

パート薬剤師の仕事内容はある程度つかめたでしょうか。


ppgood

はい、わかりました。では、これからパート求人を探します。「パート 薬剤師 地名」で検索っと


pharma

あっ!その方法でパート薬剤師の求人を探すと絶対に損をします。


ppguru

えーっそうなんですか!?


パート薬剤師求人の正しい探し方は、薬剤師転職サイトを使うこと。薬剤師転職サイトを使えば、あなたの希望通りの求人が見つかります。

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。



\ママ薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト/

\パート薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト/

\正社員におすすめの薬剤師転職サイト/