【薬剤師の転職は結婚・妊娠・出産がきっかけ】転職せざるを得ない薬剤師が多すぎる
NEWq

結婚する予定の薬剤師

今の薬局では妊娠してもサポートしてくれなさそうだし、出産後も復帰できそうにありません。

薬剤師は女性が多いのに、こんなに働きにくいとは思ってもいませんでした。

どうすればよいでしょうか?

結婚や妊娠、出産を機に転職をする女性薬剤師がかなり多い状況です。

もともと辞めたいと思っていた所に、ちょうど良い退職理由ができたのもあるでしょうが、一番は職場の理解が得られないこと。

『出産後も働きたいと思っていても復帰させてもらえない。』

『復帰しても時短で働けない。』

『復帰するなら別の店舗になる』

『復帰後はパートじゃないと無理』

このように言われた女性の薬剤師がいます。それもかなりの数です。

女性薬剤師の妊娠や出産に対する理解の無さが、結婚や妊娠、出産を機に転職をする女性薬剤師の増加につながっています。

pharma

結婚、妊娠、出産後も今の職場で働き続けられるかどうかを見極める方法についてまとめました。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 結婚をきっかけに転職しても大丈夫
  • 妊娠・出産をきっかけに転職しても大丈夫
  • 妊娠・出産後も安心して働くには
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論:結婚・妊娠・出産をきっかけに転職しても大丈夫。

妊娠・出産後も安心して働くにはしっかりと転職先を見極め、理解のある薬局を探しましょう。

結婚をきっかけに転職しても大丈夫

薬剤師が結婚を機に転職をすることはよくあります。

 結婚をきっかけに転職をする薬剤師が多い理由

  • 夫の職場の近くに引っ越すから
  • 子供が欲しいから(妊活)
  • すでに妊娠している
  • 結婚を機に仕事から少し離れたい

一番多いのはこれです。

『結婚を理由に退職すれば辞められる』
『結婚が良いタイミングだった』
『結婚が理由なら角が立たない』

おめでとう!と歓迎されて退職できるのは結婚(寿退社)と定年退職だけです。

このタイミングを逃すまいとして退職・転職をする女性薬剤師は多いです。

結婚しますので退職しますと言われてしまえば、退職を引き留めることはできませんよね。

妊娠・出産を機に転職をしても大丈夫

女性薬剤師に多い悩みの1つに「育児に対して職場の理解が得られず働きづらい」「子供がいるとフルタイムで働くのが難しい」があります。

2018年6月号の日経DIに「薬剤師の出産と子育て」という特集記事が載っていました。

薬剤師の女性比率は2016年時点の調査では61.2%(厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師調査)。

東京都の調査では都内の薬局に勤める薬剤師の女性比率は約75%という結果が出ています。

女性薬剤師のキャリアプランに大きくかかわってくる出産・育児に対して悩みを持つ薬剤師が多いことがこの日経DIによる調査で浮き彫りになっていますね。

女性薬剤師の出産前の働き方

出産前の働き方は?(子供がいると回答した女性薬剤師)

正社員(フルタイム)77.0%
パート勤務         15.0%
派遣社員           0.9%
専業主婦           7.4%
その他             0.5%

子供が生まれる前は正社員で勤務していた女性薬剤師が77%と多数を占めていました。

女性薬剤師の出産後の働き方

出産後の女性薬剤師の働き方

現在の働き方は?(子供がいると回答した女性薬剤師)

正社員(フルタイム)35.9%
正社員(時短勤務)16.5%
パート勤務       42.0%
派遣社員        1.5%
専業主婦        3.1%
その他          1.1%

しかし、出産後の働き方では正社員フルタイムは半分以下の35.9%まで下がっています。時短勤務とパート勤務を合わせると約6割。

出産を境にして勤務時間を減らしている傾向が見えてきます。

!

出産後の正社員フルタイム勤務がだいぶ減ってますね。


pharma

その理由についても載っていました。

出産を機に働き方を変えた(変えざるを得なかった)薬剤師の声

「フルタイムで働きたいが、通勤と保育園のお迎えを考えると時短勤務にせざるを得ない。」

「出産時は産休も取れない状態で、辞めるしかありませんでした。(薬剤師として)復職してからも、なかなか休みを取れず、有給は年間で3日も取れればいい方です。」

「正職員として復帰したが保育園などに預けられる時間の制約もあり、やむなくパート勤務に変えた。」

pharma

このあたりは社会的な問題にもなっていますね。

出産・子育てと転職の関係について、興味深いデータもありました。

出産・子育てを機に転職した経験は?

転職経験がある     50.6%
転職したことはない 49.4%

t

半分以上の薬剤師が出産や子育てを機に転職をしているんですね。


q

出産したら今までのように同じところで働けないのでしょうか?

出産・子育てを機に転職をした理由

仕事より子育てを優先させたかった

勤務条件(勤務地、勤務時間、業務内容など)が合わなくなった

職場の理解が得られなかった

pharma

転職をしたくてするのではなく、転職せざるを得なかったというのが本当のところの様です。


t

そうなんですね・・・

出産・子育てを機に転職しなくてはならないのは薬局側の問題が大きい

育休や時短勤務の制度が整っていても実際に使えない、使おうとしたが上司や職場同僚からの理解が得られないため転職せざるを得なかったという声も載っています。

時短勤務の期間が終わるタイミングで異動を命じられた