派遣・薬剤師の転職なら薬剤師のための年収(給料・収入)アップ・転職ガイド

薬剤師の転職方法を転職経験のある管理薬剤師がブログで発信。年収(給料・給与収入)を上げたい薬剤師が転職する前にぜひ見てほしい情報を集めました。

「休日」の記事一覧

薬剤師の有給休暇 転職で消化できる?

土日休みの薬局に転職したい!薬剤師求人の探し方【毎週連休あり】

土日休みの薬剤師求人を探す方法(正社員・派遣・パート)をまとめました。ワークライフバランスという言葉が盛んに言われています。土日休みの職場であれば連休を活かして旅行や趣味にも充分時間が取れます。ここでは「土日休み」の薬剤師求人の探し方をまとめました。

地域支援体制加算算定で休みが取れない。お盆休みや年末年始はどうなる?

地域体制支援加算を算定している薬局の薬剤師向けの記事です。地域体制支援加算を算定している薬局はお盆や年末年始に休んでも良いのか、平日を休みにしたいので地域体制加算を算定しないという選択肢はとれるか?、薬局でできる休みを取れるようにする対策についてまとめました。ぜひご覧ください。

薬剤師の長時間労働について(残業・休日出勤・夜勤他)

薬剤師の長時間労働。残業代等の手当が増えるというメリットはありますがデメリットの大きさは計り知れません。ワークライフバランスの悪化は健康を損なうことにつながります。勉強しない薬剤師の評価は下がる一方。昇給や賞与も低くなります。

薬剤師の夏休みは薬局によって期間と日数に大きな差が。その現実とは。

お盆休みのシーズンとなりましたが、調剤薬局の薬剤師の夏休みはどのくらいとれるのでしょうか?夏休みの期間や日数は薬局によって様々です。同じ会社であってもバラバラです。公立病院の近く薬局の場合と開業医の近隣の薬局の場合では大きく異なります。
薬剤師の転職活動 何を基準にするか

薬剤師が転職を考えるきっかけとなった出来事・要因は何?

薬剤師のあなたが転職を考えるきっかけとなった出来事・要因は何でしょうか?薬局の人間関係が良くない。薬局の給料(給与)が安い。休みが無い・少ない(取れない)。先が見えない・・・。例えば、薬局の人間関係が良くないが理由だった場合、チェーンの薬局に勤めている場合であれば、転職ではなく、まずは異動を希望するべきだと思います。私も経験がありますが、転職ははっきり言って大変です。自分は何を最も重視するかをしっかりと定め、転職支援の力を借りるのが薬剤師の転職において成功する重要なポイントだと考えます。