薬局長になるには│必要なスキルや条件は?【手段は社内昇格か転職】
q

薬局長に昇進したい薬剤師

薬局長になるにはどのようなスキルや条件が必要なのでしょうか。

どうやったら薬局長になれますか?

具体的な手段を教えてください。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬局長と管理薬剤師の違い
  • 薬局長の業務内容
  • 薬局長になるには
  • 薬局長に必要なスキル
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論
薬局長になるのに必要な条件はありません。社内昇進により任命されれば薬局長になれます。社内昇進は運とタイミングの要素が大きいのでチャンスを逃さないように今から準備をしておきましょう。

薬局長と管理薬剤師の違い

あなたの薬局は管理薬剤師と薬局長は同じ人でしょうか。それとも別の人でしょうか。


薬局によってどちらの場合もありえます。


まずは、薬局長と管理薬剤師の違いを知っておきましょう。


管理薬剤師は薬機法で定められている役職ですが、薬局長は会社独自の役職です。


調剤薬局によって管理薬剤師=薬局長の所もありますし、管理薬剤師が薬局長業務を兼任するところもあります。


そもそも薬局長という役職自体が無い薬局もあります。

詳しい違いについてはこちらをご覧ください。

薬局長の業務内容

薬局長の業務内容としては、管理薬剤師の業務に加えて会社としての仕事内容が加わってくるというイメージです。

  • シフト作成
  • 残業や有給などの労務管理
  • 保健所や厚生局、役所への各種届出
  • 薬剤師会の業務
  • 卸との価格交渉
  • 近隣の医療機関への訪問
  • 本社やエリアマネージャー(ブロック長)に対する報告

通常の調剤業務に加えて管理薬剤師の仕事とこれらの薬局長の仕事がのしかかってきます。

pharma

薬局の規模やスタッフの人数で仕事量は異なりますが、毎日なかなかのハードさです。

薬局長になるには

上司からの任命があれば誰でも薬局長になることができます。


薬局長という役職は会社内での役職ですから、薬局長になるための要件や条件は特にありません。


管理薬剤師とは異なり、薬剤師でなくても薬局長になることは可能です。


20代の新卒でも薬局長になれますし、実務経験が何年必要ということもありません。

但し、薬局長が管理薬剤師を兼任する場合には、当然管理薬剤師の要件を満たしている必要があります。

では薬局長になるにはどうすれば良いのでしょうか。

薬局長になるには、主に2つの方法があります。

 薬局長になるための手段

  • 一般薬剤師からの昇格
  • 転職を機に薬局長になる

一般薬剤師からの社内昇進(昇格)

q

社内昇進なんて簡単にできるのでしょうか?

pharma

社内昇進はタイミングと運です。

あなたにどんなに実績があっても、薬局長のポストが空かないと薬局長にはなれません。


逆に、実績が無くてもポストが急に空いてしまって急に薬局長を頼まれるということもあります。

薬局長になりたいなら、タイミングが来た時に逃すことの無いように常にアンテナを張っておきましょう。

転職を機に薬局長になる

社内昇進が難しい場合には転職を機に薬局長になることをめざしましょう。

薬局数が増えていない、増えていたとしても全て合併によるもの。


このような薬局で働いていると内部昇進で薬局長になることはほぼ不可能です。


いつまでも一般薬剤師として働き続けることになってしまいます。


その場合は、転職を機に薬局長になることを目指しましょう。


数は少ないですが、薬局長を募集している求人があります。


薬局長経験者が優遇されることが多いのですが、中には薬局長経験が無くても可という場合もありますのであきらめず薬局長求人を探してみましょう。


 薬局長求人が探せる薬剤師求人サイト

薬局長に必要なスキル

任命されれば誰でもなれますとは書きましたが、誰でもできるということではありません


薬局長が変な人であったり仕事ができなかったりすると、その薬局のスタッフは大変な思いをすることになります。

やはり必要なのはマネジメント力コミュニケーション力対応力・実行力です。

このようなスキルが薬局長には必要であると思うのですが、私も最初は何の力もありませんでした。


事前にスキルを習得したわけではありません。


結局は経験値。


実際にやってみるのが一番です。実践に勝るものはありません。


とはいえ、スキルを少しでも身に着けておきたいと思うと思います。


あなたの薬局の薬局長が休みの日をうまく活用しましょう。


自分が薬局長になったつもりになって、薬局全体の事を俯瞰で見てみましょう。


いつもとは違った視点で見ることで何か気づくことがあるはずです。


その気づきを日々の業務に活かすことができれば、あなたの評価もうなぎ上りになること間違いなしです。

薬局長の仕事はハードで大変ですが、やりがいも大きい仕事です。

薬局長になると役職手当が付いて年収が大幅にアップします。


私は薬剤師7年目の時に管理薬剤師=薬局長へ社内昇進を果たし、当時の年収は660万円でした。

チャンスが巡ってきたらぜひ薬局長になってほしいと思います。

まとめ

  1. 薬局長になるには、一般薬剤師からの社内昇進(昇格)と転職を機に薬局長になる2つの手段がある
  2. 薬局長に必要なスキルはあるものの、経験によって身に着く部分が大きい
  3. 薬局長が休みの日に自分が薬局長になったつもりで仕事をすると自分の評価も高まって一石二鳥