薬剤師の転職タイミング│住宅ローンの審査と返済のことも考えて
ppguru

マンションや一戸建ての購入を検討している薬剤師

転職すると住宅ローンの審査に通らないというのは本当でしょうか?

住宅ローンを組むなら転職する前と後のどちらが良いですか?

住宅ローンと転職の関係は非常に重要です。タイミングを間違えると住宅ローンを組めないこともあるからです。

今回は住宅ローンを組むタイミングと転職をするタイミングはどうすれば良いのかを解説します。

住宅ローン以外の転職タイミングについてはコチラ
≫【薬剤師の転職時期】最も有利なタイミング10選│転職活動を始めるなら今

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 住宅ローンを組むのと転職はどちらが先が良いか
  • 薬剤師はどのくらい信用があるのか
  • 勤務継続年数はどのくらい必要か
pharma

この記事を書いている私も現在住宅ローン返済中です。
銀行の住宅ローン審査での体験談をもとに書いていきます。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

薬剤師の転職と住宅ローンはどちらが先が良いか

転職と住宅ローンを組むのはどちらが先がよい?薬剤師が住宅ローンを組む際の注意点

結論:
住宅ローンを組むなら転職した数年後が理想。
急ぐなら住宅ローンの融資を受けてから転職をしましょう。

住宅ローンの審査で重要な要素となるのは、『年収』、『勤続年数』、『在籍している会社の規模』です。

 
このうち、転職のタイミングとして注意が必要なのは『勤続年数』と『会社の規模』。
 
これから住宅ローンを組んで一戸建てやマンションを購入しようと考えている薬剤師は、これらを考慮したうえで転職をしましょう。
  

薬剤師が住宅ローンの審査に通らないのはこんな時

転職直後は住宅ローンの審査に通りにくい

薬剤師に限らず、転職直後は住宅ローンの審査に通りにくいと言われています。

『勤続年数』の項目が原因で審査に通らないからです。

 
 

勤続年数は少なくとも1年以上は必要。

転職直後だと、住宅ローンの審査に通らない可能性がありますので転職のタイミングには注意が必要です。

 

住宅購入を急いでいるなら、転職するのは住宅ローンの審査が通ってから。

融資を受け、返済開始後に転職するなら全く問題ありません。

住宅ローンの審査中に転職してもバレないのでは?と考える人もいますが、必要書類で簡単にバレます。
 
 
審査が最初からやり直しになってしまいますので、住宅ローン審査中の転職は絶対にやめましょう。

 
 

会社の規模が小さいと住宅ローンの審査に通りにくい

住宅ローンを組む時に在籍している『会社の規模』が小さいと住宅ローンの審査に影響が出ることがあります。

会社の規模は従業員数で判断されます。

大手調剤薬局チェーンと個人薬局とでは、信用度が高いのは大手調剤薬局チェーン。

この点も住宅ローンの審査に影響を及ぼしますので、転職をするタイミングには注意が必要です。

 
 

年収が低いと住宅ローンの審査に通りにくい

これも薬剤師に限りませんが、年収の額によって借りられる額は変わります。

仮に希望の額を借りることができたとしても、転職で年収が下がってしまったら返済がきつくなります。
 
転職をするなら年収の面でも十分な比較検討が必要になってきますね。
 
 
 

奨学金の存在

奨学金も借金と同じ。

奨学金を返済中だとその分住宅ローンを借りられる金額が減ります。

住宅ローンを多く借りたい場合は奨学金の返済を完了させる必要があります。

 

車などのローンの存在

車のローンも住宅ローンに悪影響を及ぼす借金です。

車のローン残高が多ければ多い程、借りられる額も少なくなります。

 

薬剤師の社会的信用度は高い?

薬剤師の社会的信用度は高い?銀行から見た薬剤師の社会的信用度は高いです。

銀行から見た薬剤師の信用度は高いです。

  • 薬剤師は国家資格である
  • 職を失うリスクが低い。

このような理由で、銀行は薬剤師の信用度を高く見ています。

社会的信用度が高いので薬剤師は住宅ローンの審査が通りやすい職種と言えます。

 
だからと言って、借り過ぎないように注意しましょう。
 

 

薬剤師が住宅ローンを組む際は今後の年収を十分考慮

薬剤師が住宅ローンを組む際は今後の年収を十分考慮

薬剤師は住宅ローンの審査に通りやすいのは確かですが、注意すべき点もあります。

それは今後の年収の見通しについてです。

 

薬剤師の年収は今後右肩上がりになるでしょうか。

答えはNoです。

その理由は以下の通り。

  • 薬剤師が余ってきている
  • 調剤報酬の改悪で以前ほど薬局は利益が出にくくなっている

これらの理由から薬剤師の年収は上がりにくくなっています。
 
 
自分の年収が今後どうなるかをよく考え、住宅ローンを借り過ぎないように気を付けましょう。

住宅ローンを組む時の年齢にもよりますが、今後年収が下がることも想定しておいた方が安心です。

住宅ローンを組む予定のある薬剤師が転職をする際の注意点(まとめ)

住宅ローンを組む予定のある薬剤師が転職をする際の注意点(まとめ

 
 

まとめ

  1. 住宅ローンを組む予定のある薬剤師は転職のタイミングに注意すること
  2. 特に勤続年数と会社の規模を考慮すること
  3. 薬剤師の年収は右肩上がりに増加していく状況ではないので借り過ぎないように