調剤機器で転職先の薬局を選んではいけない3つの理由
q

薬局見学に行った薬剤師

転職先候補の薬局へ見学に行ったら調剤機器が全部最新式のものでした。

これなら仕事がしやすそうに見えたので、ここに転職しようと思います。

大丈夫ですよね?

pharma

そんな悩みを持つ薬剤師に回答していきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 調剤機器の良さで薬局を選んではいけない3つの理由
  • 設備だけで転職先の薬局を選ぼうとした薬剤師が失敗した訳
  • 薬局見学で調剤機器を見てくる時の注意点
【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

今の職場と比べて最新設備が導入されている薬局に行ってみると、確かに惹かれますよね。

PTP払出機や自動鑑査システムなどが導入されていれば間違いが減るだけでなく、薬剤師の仕事も楽になるのではないかと思うでしょう。

最新型の薬局に惹かれるのはよくわかりますが、転職先を決めるには薬局の設備よりももっと大切な点があります。

最新設備が導入されているというだけで転職先を決めてはいけません。

結論
薬局の設備だけで転職先を選んではいけません。

仕事に不満が出てくるのは、一緒に働く人が原因であることが圧倒的に多い

一緒に働く人達とうまくやっていけるイメージが持てるかどうかが最も重要です。

ここがクリアできないなら、その薬局に転職するのは止めましょう。

調剤機器の良さで薬局を選んではいけない3つの理由

調剤機器の良さで薬局を選んではいけない3つの理由

転職活動で薬局を探す時、条件に合った会社の薬局をいくつか見学させてもらいます。(私も薬局を探している間に8薬局見学しました。)


どうせなら余計な作業が少ない薬局で働きたいですもんね。


あなたが見学に行った薬局には次の設備が整っていたとします。

  • 電子薬歴(タブレット型)
  • 散剤監査システム
  • 錠剤監査システム
  • 最終鑑査システム
  • 二次元バーコードを読み取れるレセコン
  • 自動錠剤分包機
  • 軟膏自動混合器
  • 自動水剤分注機
  • 自動PTP払出機
  • 自動散剤分包機(Vマスや円盤ではなく、計量から分包までやってくれる)

どれも最新設備です。


この薬局にしようと思ってしまったあなた。その転職は確実に失敗します。

調剤機器が新しくて良いものが揃っているというだけで転職先の薬局を選んではいけません。

その理由は次の通りです。

 調剤機器で転職先の薬局を選んではいけない3つの理由

  • 最初はどの調剤機器も最新だから
  • 調剤機器を使用するのは結局のところ人(薬剤師)
  • 調剤機器がいくら最新式でも人間関係による不満が圧倒的に多い

最初はどの調剤機器も最新だから

当たり前ですが、導入当初はどの調剤機器も最新です。

中古品や型落ち品、他薬局から移動してくるものあるでしょう、

調剤機器にも耐用年数がありますので、基本的には定期的に新品を導入して更新をしていきます。


最新の調剤機器が導入されていることも大切ですが、定期的に調剤機器が更新されるかも大切です。

最初こそ最新式の設備を導入したが、その後は定期的に更新せずに壊れるまで使い続けるような薬局も多いからです。

調剤機器を使用するのは結局のところ人(薬剤師)

調剤機器だけで調剤がすべて完結するわけではありません。

調剤機器を使うのは薬剤師。

いくら最新式の設備であっても薬剤師にとって使いやすいものでなければ意味がありません。

手でやった方が早いし楽という理由で使われなくなった機器もあるのではないでしょうか。

薬剤師にとって本当に使いやすい調剤機器でなければ意味がありません。



薬局の規模や処方内容に合った調剤機器が導入されていないと、かえって薬剤師の負担が増えることになってしまいます。

調剤機器が便利でも一番不満が溜まるのは人間関係

少しくらい調剤機器が古くて使いづらかったとしても、そのことが原因で転職を考える薬剤師はいません。


仕事をしていて不満が蓄積してくるのは人間関係が圧倒的多数。


だからこそ、転職先の薬局を決める際に優先すべきは薬局内の人間関係です。

これは間違いのない事実です。

設備の良さで薬局を選んだ薬剤師が転職に失敗した訳

設備の良さで薬局を選んだ 薬剤師が転職に失敗した訳
設備の良さを重視するあまり、その他のチェックが疎かになって転職に失敗した薬剤師がいます。

なぜその薬剤師は転職に失敗したのでしょうか。

見学した薬局と配属される薬局が違った

見学した薬局は最新式の調剤機器が導入されていましたが、配属された薬局の調剤機器は旧型の物ばかり。

これでは設備の良さで選んだ意味が全くありません。

薬局側の作戦なのか、配属予定先が変わってしまったのかは知る由もありません。

地域のモデル薬局的なところだけを見学させておいて、実際の配属店舗は見学させない薬局チェーンもありますので気を付けましょう。

入社したら配属される予定の店舗を見学させてもらいましょう。

pharma

私は転職活動中に8社の薬局を見学しました。

7社は配属予定先の店舗を見学できましたが、1社だけは配属先未定ということで地域の基幹的な薬局だけの見学でした。

どういう理由があるかわかりませんが、配属先の薬局を見せたくなかっただけかもしれませんね。

調剤機器は最高でも人間関係が最悪

クリニックと薬局の同時開局。

計算され尽くされた調剤室の配置と広さ。

そして最新の調剤機器と電子薬歴などが完備。



この薬局へ転職した薬剤師が6か月でやめました(うちの薬局から100mほどにある薬局で、薬の小分けによく来てました)。


原因はそこの薬局長(管理薬剤師)。


どんなに最新設備で働きやすい調剤室であったとしても、結局は人間関係で不満が出るのです。

事実、その薬剤師は設備の良さに気を取られてしまい、薬局長や他のスタッフの人柄や人間関係まではよく見なかったそうです。

確かに調剤機器が最新であれば働きやすいでしょう。

調剤報酬はモノからヒトヘと評価が移っています。

調剤はなるべく機械に任せるというのは理にかなっています。

調剤機器をうまく利用すれば調剤過誤を減らすことにもつながります。

でも調剤機器だけではだめなのです。


最新設備が整っていて、きれいな薬局であればここで働きたいなと思ってしまうかもしれません。

誰だって、汚くて狭くてごちゃごちゃしている調剤室にいたくないですからね。


繰り返しになりますが、結局は人間関係です。

調剤機器がいくら最新ですごい設備が整っていても人間関係が最悪だったらどうでしょう。

その薬局で働き続けるのはきついですよね。

薬局見学で調剤機器を見てくる際の注意点

薬局見学で調剤機器を見てくる際の注意点

同じ会社の複数の薬局を見学させてもらいましょう。

複数が無理であれば、配属予定の薬局を見学させてもらってください。


1つの薬局を見ただけでその会社のイメージを膨らませすぎないように気を付けましょう。


同じ会社内の薬局であっても、薬局の大きさや構造、設備は大きく異なります。

調剤機器で転職先の薬局を選んではいけない3つの理由(まとめ)

調剤機器で転職先の薬局を選んではいけない3つの理由(まとめ)

結局は誰と一緒に働くか。

これに尽きます。

いくら設備が最新式であっても人間関係が最悪なら不満が溜まります。

人間関係が良ければ多少の設備の古さは気にならないでしょう。

薬局見学では調剤機器よりも、どんな人が働いているのかを重点的に見てきましょう。

薬局見学の際には、1人で行ってはいけません。

薬剤師転職サイトの担当者と同行するのがベスト。

自分1人では気づけなかった点も見抜いてくれます。

薬局見学に同行してくれるのはファルマスタッフ

pharma

転職希望の薬剤師とファルマスタッフの担当者がうちの薬局に見学に来ました。
ファルマスタッフの担当者もたくさん質問をしてきましたし、メモを取っていました。
転職希望者の大きな力になってくれるのは間違いありません。

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け