男性の派遣薬剤師っている?男性が派遣薬剤師として働いている理由は?
men?

派遣薬剤師になろうか迷っている薬剤師

男性の派遣薬剤師ってあまりいないみたいですけど、正社員の方が良いのでしょうか?

派遣薬剤師の方が稼げそうだし、いろんな経験ができるので良いと思うのですが。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 男性薬剤師が派遣で働いている理由
  • 男性薬剤師だって派遣で働ける
  • 男性薬剤師が派遣として働く際に気を付ける点
【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト・転職エージェント徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

「男性の薬剤師が派遣で働いている。」

これだけで珍しいと感じる方も多いようです。

確かに、派遣薬剤師は女性のイメージが強いですね。

派遣で働いている薬剤師は女性の方が圧倒的に多いですからそう感じるのも無理はありません。

男性の派遣薬剤師もいるのですが、女性に比べればごく少数。

皆さんは男性の派遣薬剤師と一緒に働いたことはあるでしょうか?

最近では派遣薬剤師の他に、フリーランス薬剤師という働き方もあります。

薬剤師の働き方はどんどん多様化している時代。

正社員として一つの会社に縛られる働き方が古くなるのかもしれませんね。

私は過去に、数名の男性の派遣薬剤師と一緒に仕事をしたことがあります。

なぜ派遣で働いているかなど、いろいろ質問してみました。

結論
男性の薬剤師が派遣で働く理由は様々。

  1. 実家の薬局を継ぐために経験を積むため
  2. 独立して薬局を開業するために経験を早く積むため
  3. 短期間でお金を貯める必要があるため
  4. 人間関係の煩わしさから逃れるため

男性薬剤師が派遣薬剤師として働いている理由

男性薬剤師が派遣で働いている理由

過去、一緒に働いたことのある男性の派遣薬剤師に正社員ではなく派遣を選んだ理由を聞いてみました。

様々な生き方があるなかで、正社員という形に縛られず自由に働いている派遣薬剤師は少し羨ましくも見えました。

  1. 実家の薬局を継ぐために早く経験を積みたいから
  2. 独立して薬局を開業するために経験を早く積みたいから
  3. 短期間でお金を貯める必要があるから
  4. 人間関係の煩わしさから逃れるため

男性が派遣薬剤師として働いている理由は、主に『短期間で経験を積む』、『短期間でお金を稼ぐ』、『人間関係』の3つです。

新型コロナウイルスが流行ってからは派遣薬剤師の数が減りました。

受診を控える患者さんがふえたことにより、多くの薬局で処方せんの受付回数が減ったからです。

そのため、派遣薬剤師の需要が減りました。

派遣薬剤師にはこういったデメリットもあります。

ただ、派遣薬剤師にはそれを上回るメリットもあります。

短期間で経験を積むことができる

派遣薬剤師の派遣期間は通常2~3か月程度です。

最大で3年間同じ職場にいることができますが、そこまで長期で派遣に入る例はまれです。

薬局の正社員薬剤師に比べて、派遣薬剤師の方が経験できる薬局数は圧倒的に多い。

短期間でより多くの経験を積むには、正社員になるよりも派遣薬剤師の方が良いのは間違いない事実です。

一緒に働いた男性の派遣薬剤師は、実家の薬局を継ぐため、将来の独立のために短期間で経験を積んでおく必要あったとのこと。

彼らはしっかりとした目的をもって派遣薬剤師を選択しています。

こういった将来のビジョンがある方にとって、派遣薬剤師は大変魅力的な働き方です。

短期間でお金を稼ぐ

派遣薬剤師の時給は、薬剤師をどれだけ急ぎで欲しいかによってほぼ決まります。

派遣薬剤師の時給はおよそ2,500円~3,500円。

中には4,000円以上の時給を出す薬局もあります。

短期間でお金を稼ぐには、正社員よりも派遣薬剤師の方が適しています。

正社員で年収500万円もらっている薬剤師の時給を計算してみましょう。

年収500万円の薬剤師の時給は約2,400円。

もし、時給3,000円や3,500円で派遣されれば、正社員よりも短期間で大きく稼ぐことができます。

人間関係の煩わしさがない

派遣薬剤師は1つの薬局に数か月しかいませんので、人間関係で悩むことはまずありません。

派遣先に変な薬剤師がいたとしても、派遣期間が終了すれば自分はその薬局からいなくなります。

派遣期間だけ我慢すれば良いのですから、人間関係の煩わしさはありません。

ここが魅力で派遣薬剤師として働く方も結構います。

男性薬剤師だって派遣で働ける

男性薬剤師だって派遣で働ける
女性が多い派遣薬剤師ですが、これまで見てきたように男性薬剤師だって派遣で働くことができます。

自由な働き方ができるのも派遣薬剤師の魅力の1つ。

3か月働いて1か月休むなんて正社員では絶対無理ですが、派遣薬剤師なら簡単です。

また、僻地への派遣なら、派遣期間中の住居付きというのも珍しい事ではありません。

旅行気分で派遣薬剤師として働けますね。

男性だから正社員にならなければならないという考えは、もはや古いと言わざるを得ません。

男性薬剤師が派遣として働く際に気を付ける点

男性薬剤師が派遣として働く際に気を付ける点
男性薬剤師が派遣薬剤師として働くのであれば、しっかりした薬剤師派遣会社に登録することが重要です。

当サイトイチオシの薬剤師派遣会社

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

派遣薬剤師が働きやすい環境にいられるかどうかは、薬剤師派遣会社の力次第。

しっかりとしていて実績もあるファルマスタッフから派遣されることをおすすめします。

力のない派遣会社は薬局の言いなり。

これでは派遣薬剤師が働きやすい環境に身を置くことは不可能です。