注目

2.薬局数が増加しているかどうかをチェック

カテゴリー: [転職前の確認ポイント]
記事公開日:2013年8月15日
最終更新日:2016年10月13日

10年後も働ける薬局かどうかを判断するのに、その会社の薬局数(店舗数)の増加数が参考になります。

このような厳しい薬局経営状況の中でもしっかりと薬局数を増やせている会社は、それなりに資金が豊富であり、かつ薬剤師の確保もできていると考えることができます。

10年後も働ける薬局かどうかをこのあたりから判断してみましょう。

 

現在では院外処方せん発行率はほぼ頭打ちとなり、調剤薬局・薬剤師ともに地方を除いてほぼ飽和状態となっています。

今後は薬局、薬剤師のどちらも淘汰されていくことになります。

それは、生き残れる薬局と生き残れない薬局が出てくるということです。

全ての薬局がチェーン調剤薬局になることはないと思いますが、大手の調剤チェーンの占有率はさらに上がっていくことでしょう。

 

もし、近い将来に薬局の責任者を目指すのであれば、薬局数が増えている会社に入らないといつまでたっても責任者にはなれません。。薬局数が増えなければポストができず、昇進が頭打ちとなってしまうからです。

あなたが勤務している薬局はどうでしょうか?転職先の候補としている薬局はどうでしょうか?

薬局数は確実に増加していますか?

調剤薬局チェーン薬局数(店舗数)ランキング(2016-2017)

薬局数がここ数年増えていない会社には次のような要因があると考えられます。

  • 資金不足のために新規開局ができない
  • 現在の薬局数で運営がいっぱいいっぱい
  • 薬剤師不足のために新規開局ができない
  • 医師の新規開業などの情報が不足していて新規開局ができない
  • どこかのチェーン調剤薬局に売却を考えている

ほかにもあると思いますが、厳しい経営状況の中で薬局数を増やせない会社は将来的に衰退していく可能性が高いでしょう。

 

もちろん小規模経営でも地域に根付いていて広く処方箋を受け付けることができる薬局であれば衰退することはありません。

ですが、10年さらに20年という長期のスパンで(薬剤師側から)見たときにはやはり弱い(魅力的ではない)というのは否めません。

 

⇒転職前の確認ポイント3.新卒薬剤師の採用を積極的に行っているかどうか

1.調剤薬局の社長は何を考えているか(薬局の方向性

転職前にチェックすべき10年後も働ける薬局かどうかを見極める7つのポイント

  1. 調剤薬局の社長は何を考えているか(薬局の方向性)
  2. 薬局数が増加しているかどうか⇐今ここ
  3. 新卒薬剤師の採用を積極的に行っているかどうか
  4. コンプライアンスがしっかりしているか
  5. 薬剤師のキャリアパスが複数用意されているか
  6. 在宅に取り組んでいるかどうか
  7. 社員教育に力を入れているかどうか

 

当サイト推奨の薬剤師転職支援サイト

チェックポイントを満たす薬局を本気で探すなら薬剤師転職支援サイトの力を借りるのが最も近道です。

登録から転職まで完全無料!簡単60秒で登録完了! 最短即日求人紹介!

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア
☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪
薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」
薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ

当サイトに掲載の薬剤師転職支援・求人サイト一覧

希望職種・条件別推奨薬剤師転職支援・求人サイト検索

調剤薬局への転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト 病院への転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト ドラッグストアへの転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト 企業への転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト一覧 派遣薬剤師を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト 求人数の多い転職支援サイト 転職お祝い金(転職ボーナス) 各種認定を取得しているおすすめの薬剤師転職支援サイト ママ薬剤師におすすめの薬剤師転職支援・求人サイト

雇用形態で薬剤師転職サイトを選ぶ

正社員 派遣薬剤師 パート薬剤師

条件別薬剤師求人の探し方

高収入薬剤師求人の探し方 土日休みの薬剤師求人の探し方 年間休日120日超の薬剤師求人の探し方
残業が少ない薬剤師求人の探し方 駅から近くて通勤しやすい薬剤師求人の探し方 自動車通勤可能な薬剤師の求人を探す方法
異動や転勤のない薬剤師求人の探し方 研修が充実している薬剤師求人の探し方 産休・育休の実績がある薬剤師求人の探し方
託児所がある薬剤師求人の探し方 未経験ブランク可の薬剤師求人の探し方 住宅補助の手厚い薬剤師求人の探し方
管理薬剤師として転職できる求人の探し方 多くの科の処方せんを受けている薬局求人の探し方 在宅業務ができる薬局求人の探し方
漢方やアロマに力を入れている薬局の求人の探し方 大手チェーン薬局の薬剤師求人の探し方 新卒・第二新卒歓迎の薬剤師求人の探し方

薬剤師が転職を成功させるために(関連記事)

転職には派遣薬剤師やパート薬剤師という選択肢もあります

注目

薬剤師パートの時給はアップ可能。求人票の時給で契約してはいけない理由はこちら⇒パート薬剤師が募集要項や求人票の時給で働いてはいけない理由とは

記事検索

ブログランキング参加中です

ここまで読んでいただきましてありがとうございます。今後も有用な薬剤師のための転職情報を書いていきます。

注目記事一覧
派遣薬剤師のメリットとデメリット 転職の流れを知る 調剤チェーンの特徴 薬剤師転職支援サイトの選び方 ブラック薬局を見抜く方法 マイナビ薬剤師の特徴 薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴 ファルマスタッフの特徴 リクナビ薬剤師の特徴 薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボの特徴 薬剤師転職ランキング2017ページ 薬剤師派遣ランキング2017ページ

当サイト推奨の薬剤師転職支援サイト

 

 

えっ、自分で転職先を探した?その転職ちょっと待って!!

 

転職先の薬局を今探しているところ薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

 

これから転職先を探す(薬局の情報、転職の情報を集める)
↓  ↓

まずは薬剤師転職支援サイトに登録して情報収集から。

希望の条件をコンサルタントに伝えれば条件に合った薬局を探してもらえます。

登録から転職終了まで、すべて無料。

転職を強要されることも一切ありません。

 

給与・休日・残業等自分で聞きづらいことはすべてキャリアコンサルタントに確認してもらいましょう。

 

自分ではちょっと難しい給与の交渉もコンサルタントに入ってもらえば大変スムーズです。

薬剤師転職支援サイトに登録すると、








希望に沿った転職先の薬局を無料で紹介してくれます。

サイトに載らない非公開求人も多数あります。



条件の良い求人はすぐに決まってしまいます。




こんな好条件あるの? あるんです。




未経験でも大丈夫。






お子さんがいる方も安心して働ける職場を紹介してくれます。







多くの薬剤師が利用している実績があります。

 

 

薬局の求人情報が豊富な薬剤師転職支援サイト

 

登録から転職まで完全無料!簡単20秒で登録完了! 最短即日求人紹介!

現状を打破☆チャンスを掴め! 薬剤師転職ならエムスリーキャリア

 

 

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

 

 

薬剤師専門の転職支援サイト マイナビ薬剤師≪登録無料≫

 

薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ