転職するなら新卒薬剤師の採用を積極的に行っている薬局が良い理由
q

転職する薬局を検討している薬剤師

転職をするなら、新卒薬剤師の採用を積極的に行っている薬局が良いと聞きました。

なぜでしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 転職するなら新卒薬剤師を採用できている薬局が良い理由
  • 新卒薬剤師を採用できない薬局に転職するデメリット
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
転職2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。

転職に失敗する薬剤師をゼロにしたいという思いで、自らの経験を基に記事を作成しています。
詳しい自己紹介

結論:新卒薬剤師が入ってこない薬局は魅力が無いか、会社としての成長意欲が無いか。圧倒的に知名度が低いだけで本当は良い薬局なのかもしれませんが、そんな状態ではこれから生き残れません。
生き残れる薬局に転職するなら新人薬剤師がコンスタントに入社してくる薬局にしましょう。

転職するなら新卒薬剤師を採用できている薬局が良い理由

  • 薬局数を増やそうと考えている
  • 組織が活性化する
  • 系統立った教育研修システムが構築される
  • 入社時にしっかりと研修を受けた薬剤師が薬局に配属されてくるので、会社の特徴が出やすい
  • 学生に対する知名度がある
  • 学生に選ばれているということは会社として魅力がある

将来の事業拡大を予定している薬局は新卒薬剤師の採用にも力を入れているはずです。

大規模に事業を拡大していく予定が無いとしても、新卒薬剤師の採用が適正に行われていなければ薬剤師の平均年齢がどんどん高くなり、将来的に事業の継続が困難になることも。

重要なのは新卒薬剤師の採用予定人数ではなく、実際に入社した人数です。

ドラッグストアや他の薬局に採用で負けてしまっていて新卒薬剤師の確保ができていないということは、その薬局に魅力がないということです。

学生にとって魅力がない薬局は、転職希望の薬剤師にとっても魅力がない可能性が極めて高いと言えます。

新卒薬剤師を採用できている薬局に対しては次のことがある程度予想できます。

  • 給料が高い(同業と比べて安くはない)
  • 研修システムがしっかりしている
  • 実習に行ったときに雰囲気が良かった
  • 最新の設備が整っている
  • 休日がしっかりとれる
  • 休憩時間がしっかりとれる
  • 適正な薬剤師の人員を配置している
  • ノルマが無い
  • 薬剤師として正しい仕事ができる
  • 人間関係が良い

薬学生と経験のある薬剤師では希望の条件が異なりますが、多くの新卒薬剤師を採用できているということは、それなりに魅力がある薬局(会社)であると言えるでしょう。


新卒薬剤師の採用人数を調べるだけで、転職の失敗を防げる可能性が高まります。

新卒薬剤師を採用できない薬局に転職するデメリット

  • 組織の硬直化に巻き込まれる
  • 転職してもずっと下っ端のまま
  • 変な薬剤師が発生し被害を被る

組織の硬直化に巻き込まれる

薬剤師の採用人数が極端に少ないと、人の入れ替わりが少なくなり組織が硬直化していきます。

そうなると一度悪化した人間関係の修復はまず無理です。


仮に、人間関係が悪くなかったとしても、何年も同じ人と働き続けることはできますか?

転職してもずっと下っ端のまま

転職先の薬局に新卒の薬剤師が全く入ってこなかったらどういうことが起こるでしょうか。


若いあなたはずっと下っ端でこき使われてしまうかもしれません。


面倒な患者さんの対応がすべてあなたに回ってくるでしょう。

変な薬剤師が発生し被害を被る

新卒薬剤師や中途薬剤師の採用ができず、薬剤師が足りない状態が続くとなぜか変な薬剤師が発生します。


ここで言う変な薬剤師とは、薬剤師が足りなくて困っている状況下において発生する、『私が辞めたら困るでしょ?だったら○○してよ。』みたいなわがまま薬剤師のこと。

変な薬剤師が薬局に発生してしまうと、そこで真面目に働いている薬剤師は辞めたくなるはずです。

新卒薬剤師の入社数が少ない→薬剤師不足→仕事が忙しくなる→変な薬剤師が発生する→辞めたいと思う薬剤師が増える→薬剤師が辞める→さらに忙しくなる→辞めたいと考える薬剤師がさらに増える・・という悪循環です。

 まとめ
転職をするなら、新卒薬剤師が定期的に入社してくる会社でないと大変なことになるということがお分かりいただけたでしょうか。

転職の候補にあがった薬局がありましたら、その薬局の新卒薬剤師採用人数を過去3年分くらい聞いてみましょう。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイトのコンサルタントなら、ちょっと聞きづらいようなこともすべてあなたの代わりに聞いてくれます。