ブラック薬局・企業の特徴と見分け方【調べる方法一覧】薬剤師向け
q

ブラック薬局の特徴と見分け方を知りたい薬剤師

うちの薬局はいろいろ問題があるので、ブラック薬局かもしれません。

ブラック薬局かどうかを見分ける方法はありますか?

pharma

ブラック薬局の特徴と見極め方について解説していきます。

自分では気づいていないだけで、ブラック薬局で働いているかもしれませんよ。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

あなたが勤めている薬局は「ブラック薬局」ではありませんか?

「ブラック薬局ではないから働き続けている。」という薬剤師も多いと思います。

pharma

ですが、ブラック薬局ではないと本当に言い切れるでしょうか?

あなたが新卒で今の薬局に入社していたら、他社の薬局と比較することはできていないでしょう。

学生実習で薬局に行ったことがあっても、学生の時の視点と、薬剤師として働いた今現在での視点は明らかに変わっているはずです。

これから解説する項目が、あなたの薬局に当てはまっていたとしたら、『あなたはブラック薬局で働いている』ということ。

この事実をしっかりと認識し、これからのことを考えていきましょう。

一つも当てはまらなければ大丈夫です。

この記事は以下の方向けです。

  • 今の職場がブラック薬局なのかを確認したい薬剤師
  • ブラックではない薬局で働きたい薬剤師

ブラック薬局の特徴

q

そもそも、ブラック薬局の定義ってあるのでしょうか?

pharma

ブラック薬局の定義はありませんが、ブラック薬局の特徴はたくさんあります。

事実、ブラック薬局は確実に存在しています。

ブラック薬局には共通した特徴があります。当てはまる項目が多ければ多い程、その薬局のブラック率は高いということ。

同じところで長く働き続けていると感覚がマヒをしてしまい、何も問題にすら思わなくなってしまっている場合もあります。


あなたが勤務している薬局がブラックなのか、ブラックではないのか、あらためて客観的にチェックをしてみてください。

ブラック薬局の特徴

  • 長時間労働が常態化している・残業が多すぎる
  • 就業規則がない・見ることができない
  • 休みが取れない(法定休暇、有給休暇)
    • 休日出勤が常態化している
    • 週休が取れない
  • 休憩時間が十分に取れない
    • 休憩時間が十分に取れない
    • 休憩時間中の外出は禁止
    • 休憩時間にも薬歴を書かされる
  • サービス残業がある
    • サービス残業させられる
    • タイムカードを押してから仕事をするよう強要される
    • みなし残業代として給料に含まれているので、何時間残業しても残業代が一定
    • 管理薬剤師に残業代が支給されない
  • 薬機法などの法律に違反している
    • 薬機法に違反している
    • 無資格者による調剤(事務による水剤、散剤、軟膏の計量や混合)
    • 薬剤師の人数が配置基準を下回っている
  • 調剤報酬を不正に請求している
    • 処方せんの付け替え
    • 架空請求
    • 大量の未記入薬歴
  • 薬局の人間関係が悪い
    • セクハラ、パワハラ
    • 薬剤師へのいじめがある
    • 事務へのいじめがある
    • 管理薬剤師(薬局長・薬局責任者)の性格がおかしい
  • 薬剤師に対して重いノルマが課せられている
  • 薬剤師の3年離職率が異常に高い
  • 賃金の未払い・遅れがある
  • 社員の給料が安いのに社長や会長の報酬がやたらと高い
  • 社員に健康診断を受けさせていない
  • 研修補助や教育制度が整っていない
    • 研修が実施されていない
    • 教育制度が整っていない
    • 有効な調剤過誤対策が取られていない
    • 薬剤師の質が低すぎる

1つでも当てはまったらブラック薬局です。

ブラック薬局の特徴について詳しく解説していきます。

長時間労働が常態化している・残業が多すぎる

残業が多く、長時間労働が常態化しているのはブラック薬局の特徴の一つです。

薬剤師や事務の人員配置の不足や、業務の非効率化などの理由により定時で帰れることはほとんどありません。

長時間労働は健康面でもリスクが高いため、メンタルに不調を来すことも。

長時間労働が常態化していて残業時間が多すぎる薬局はブラック薬局です。

就業規則がない・見ることができない

就業規則は社員に公開されているでしょうか。

常時みられる状態となっているでしょうか。

就業規則が無い、もしくは自由に見ることができない薬局はブラックです。

また、就業規則があってもその通りに運用されていない場合もブラックと認定して間違いありません。

休みが取れない(法定休暇、有給休暇)

労働基準法では「少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければならない」と定められています。

就業規則通りに休みが取れない、完全週休二日制と言われたのに日曜日以外は全て出勤している。

このような状態はブラック認定です。

また、有給休暇の取得が全くできないのもブラック薬局の大きな特徴です。


休憩時間が十分に取れない

休憩時間についても労働基準法で次のように定められています。

「労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければならない」

原則として休憩時間は自由でなければなりません。

休憩時間に調剤や服薬指導、薬歴記載を行った場合には業務と見なされます。

業務をした時間分は別途休憩を与えなければならないとされていますので、それが守られていない場合はブラックということです。

  • 休憩時間中の外出は禁止
  • 休憩時間にも薬歴を書かされる
  • 休憩時間に勉強するよう指示が出される

全てブラックです。

サービス残業がある

残業代が全く支払われない、もしくは一定の時間を超えた分についての残業代は支給されない薬局はブラックで間違いありません。

以下のようなことも全てブラックです。

  • 就業時間後も残って仕事をしているが残業代が支給されない
  • 残業はタイムカードを切ってからするよう言われる
  • 薬歴の記載は残業代には含まれない
  • 残業代の支給は月に10時間分まで

管理薬剤師であっても、労働基準法上の「管理監督者」に該当しなければ残業代は支払われるべき。

管理薬剤師のほとんどは労働基準法の管理監督者に該当していないでしょうから、管理薬剤師に残業代が支払われないのはブラック薬局であると言えます。

薬機法などの法律に違反している

ブラック薬局には法律に違反していることを是正しないという特徴があります。

特に多いのは薬剤師の配置人員の虚偽報告と管理薬剤師が他薬局で調剤業務を行っていることです。

薬剤師1人当たり、1日40枚を超える処方箋を常に処理している状況は、明らかに薬剤師の配置人員不足です。

この状況を放置したまま是正する気がないばかりか、虚偽の報告をしています。

また、管理薬剤師が兼務できるのは学校薬剤師や夜間診療所に付随する薬局などに限られており、兼務届の提出が必要です。

管理薬剤師が自社の他店で勤務しているのは明らかに違反です。

ほかにもこのような事はすべてブラックです。

  • 薬剤師の配置人員が不足している
  • 常勤として働いていない薬剤師を常勤登録している
  • 薬剤師の名義貸しが行われている
  • 管理薬剤師が自薬局以外の店舗で調剤業務を行っている
  • 別の薬剤師の名前で業務を行っている(押印、ログインなど)
  • 無資格者が調剤(水剤、軟膏、散剤の計量や混合)を行っている
  • 保健所や厚生局に虚偽の報告をしている

調剤報酬を不正に請求している

  • 集中率を下げるための処方せんの付け替え
  • 調剤基本料1を算定するためのグループからの切り離し
  • 後発品で調剤したにの関わらず、先発品で請求する
  • 架空請求
  • 要件を満たしていないものの算定(薬歴未記載)
  • 処方せんの2枚切り
  • 門前医療機関の職員の薬代割引

これらはすべて不正請求です。

どれか1つでもやっていたらブラック薬局です。

人間関係の問題(いじめ・セクハラ・パワハラ)

薬局の人間関係に問題がある薬局もブラックと言えるでしょう。

薬剤師や事務に対するいじめや無視。

上司や同僚、部下からのセクハラやパワハラ

少ない人数かつプレッシャーの大きい仕事ですから人間関係が悪くなりがち。

このような人間関係に問題がある薬局はブラック薬局です。

厳しいノルマの存在

自社開発品、プライベートブランドの販売額やかかりつけ薬剤師の同意書取得数など、厳しいノルマが設定されていて、達成できないと罰金もしくは給与減額などが行われている場合にはブラックと言えます。

薬剤師の退職率・離職率が異常に高い

新卒で入社してきた薬剤師はどのくらい残っているでしょうか。

「3年後には半分以上退職していた・・・。」

こんな話も聞かれます。

薬剤師は女性が多いので、結婚や出産を機に退職することもあります。

その分を差し引いて考えなければなりませんが、それでも3年で半数以上が退職していくのはブラック薬局と言えます。

賃金の未払い・遅れがある

決められた給料日に賃金がしっかり振り込まれているでしょうか。

賃金の未払いや遅延が発生しているのは資金繰りが悪化している表れ。

経営がうまく行っていない証拠です。

早めに転職を考えるべきです。

社員の給料が安いのに社長や会長の報酬がやたらと高い

個人薬局や同族経営のチェーン店にありがちです。

社長をはじめ役員がすべて同族(家族や親戚)で占められている会社では、役員報酬を高く設定して現金の流出を不正でいます。

社員の給料も高いなら良いですが、自分たちの懐をだけを肥やそうとしている会社はブラックです。

社員に健康診断を受けさせていない

毎年1回、健康診断を受けるよう指示されているでしょうか。

事業者は、労働安全衛生法第66条に基づき、労働者に対して、医師による健康診断を実施しなければなりません。また、労働者は、事業者が行う健康診断を受けなければなりません。

社員に健康診断を受けさせていない会社はブラックです。

教育・研修制度が整っていない

薬剤師や事務に対する教育・研修制度が整っていない薬局もブラックです。

  • 新人研修が実施されていない
  • 薬剤師・事務に対する研修が実施されていない
  • 管理者研修が実施されていない
  • 調剤過誤防止に対する研修(安全管理研修)が実施されていない
  • 医療安全管理体制が整備されていない
  • 業務手順書がない

教育研修を個々の薬剤師に任せてしまうと、能力にばらつきが出てしまい質の低い薬剤師だけになってしまうことも。

薬局は職員に対して安全管理研修を行い、事故防止の対策を取る必要があります。

社員に対して必要な研修を実施していない薬局も確実にブラックです。

ブラック薬局の見分け方

ブラック薬局から早く逃げ出して、ちゃんとした薬局に転職をしたい。


そう思うのは薬剤師にとって当然のこと。


でも次の会社もブラックだったら困りますね。


その薬局がブラックなのかホワイトなのかを見分ける方法はあるのでしょうか?

その薬局がブラックかどうかを入社前に見分けることは非常に難しいのですが、ブラックの匂いがするかどうかの判断は十分可能です。


様々な手段を使って、入社する前にブラック薬局かどうかを見分けましょう。

 ブラック薬局の見分け方

  • 薬局のWEBサイト(ホームページ)でブラック薬局かどうかを見分ける
  • 薬局の求人票でブラック薬局かどうかを見分ける
  • 【薬学生向け】会社説明会でブラック薬局かどうかを見分ける
  • 薬局見学でブラック薬局かどうかを見分ける
  • 面接でブラック薬局かどうかを見分ける

薬局のWEBサイト(ホームページ)でブラック薬局かどうかを見分ける

薬局を経営している会社のWEBサイト(ホームページ)をよく読んでブラック薬局かどうかを見分ける方法があります。


詳細はこちらのページにまとめましたのでご覧ください。

求人票でブラック薬局かどうかを見分ける

薬局から出されている薬剤師の求人票を使って、ブラック薬局かどうかを見分ける方法があります。


詳細はこちらにまとめました。

【薬学生向け】会社説明会でブラック薬局かどうかを見分ける方法

会社説明会でブラック薬局かどうかを見分けることができます。

  • 会社説明会に若手の薬剤師が来ていない
  • 来ているのは上の人ばかり
  • やたらと熱い
  • 超体育会系
  • 大きな夢をやたらにアピールしてくる

具体的なデータを示さず、抽象的なワードで熱く語ってくる薬局はブラック率が高いです。

薬局見学でブラック薬局かどうかを見分ける方法

ブラック薬局かどうかを見分けるには、薬局見学が最も有効です。

薬局見学でブラック薬局かどうかを見分けるポイントは大きく分けて2つあります。

  1. 薬局スタッフ(薬剤師・事務)
  2. 建物・設備・清掃

薬局スタッフ(薬剤師・事務)

薬局見学では、まずは薬局スタッフの働き方を見てください。

  • 薬剤師、事務に表情が無い
  • 患者さんが入ってきても挨拶しない
  • 奥の方で誰かが怒られている声が聞こえる
  • 殺伐としている
  • 全員がピリピリしている
  • 患者さんが途切れたタイミングでも私語がない
  • 薬剤師の服薬指導が常に上から目線
  • 卸やMRに対して横柄な態度をとっている

当てはまればブラック薬局である可能性が極めて高いです。


スタッフにストレスが溜まっていて、人間関係に問題があります。

薬局見学の際には、ぜひその薬局で働いているスタッフに話を聞いてみましょう。直接話ができるまたとないチャンスです。

  • 管理薬剤師(薬局長)の性格
  • 休みは取れているか
  • 休憩は取れているか
  • 残業はどのくらい?

本当のところを聞いておくと、ブラックかどうかの判断に役立ちます。

薬局見学の時間が閉局後や休日であったり、薬局スタッフと会わせない、話をさせない薬局もかなり怪しいです。


たとえスタッフと話ができたとしても、その横で管理薬剤師が『余計なことを言うなよ!』と睨みを利かせているようなら、そのスタッフの話は信用しないほうが良いでしょう。

建物・設備・清掃

薬局見学では、人の他に「物」もしっかりと見てきてください。

  • 清掃が行き届いていない
  • 整理整頓がされていない
  • 薬が乱雑に置かれている
  • 床に薬を直に置いている
  • 調剤機器が古い
  • 調剤機器が汚れている
  • 調剤機器などの設備投資が十分にされていない

整理整頓ができないほど忙しいのか、気にもしないのかはわかりませんが、こういった薬局はブラック率が高めです。

薬局見学に対応してくれた管理薬剤師(薬局長)やその上司はどのような人でしょうか。

この薬局長の下で働いていけそうですか?

生理的に無理ということもあるでしょう。今後のストレスになることがほぼ確実ですから、その薬局への入社は避けるべきです。

面接でブラック薬局かどうかを見分ける

面接する社員の態度が悪い薬局はブラックです。

圧迫面接をしてくる、常に上から目線。このような薬局に入社するのはやめましょう。

 

こちらが質問をしたときに誠実に答えてくれるかどうかでよく見極めることが可能です。

ブラック薬局で働き続けると大変なことに

ブラック薬局で働き続けるのはやめましょう。

薬機法を守っていないようなブラックな薬局で働き続けると、あなたの薬剤師免許が大変なことになる恐れがあるからです。

最悪の場合、薬剤師としての業務停止や免許の取消の処分が下されることになります。

それでもあなたはリスクが高いブラック薬局で働き続けますか?

もらえる給料が少し高くても、ブラック薬局で働きつづけるのはやめましょう。

新卒で今の薬局に入社し、他の薬局の状況を知らない

この記事を読んで、うちの薬局がブラックだという事に気づいた

ブラックとは気づいていたが我慢して働いている

あなたは大丈夫でしょうか?

いま働いている薬局が「ブラック薬局」であることがわかったら、早く逃げないと、ブラック企業に搾取され続けます

今ならまだ間に合います。

逃げる準備を始めましょう。

ここまで説明してきた、「ブラック薬局の特徴」と「ブラック薬局の見分け方」を使えばある程度ブラック薬局を除外できるはず。

ですが、ブラック薬局かどうかをもっと確実に見分けるためには、薬剤師転職コンサルタントの力が必要です。

 ブラック薬局を避けて転職するなら

  • マイナビ薬剤師|20代から40代の正社員薬剤師の転職に強い転職サイト。派遣薬剤師でなければまずはここに登録しましょう。
  • ファルマスタッフ|薬局大手の日本調剤のグループ会社。派遣やパートの求人も豊富に持っているので女性薬剤師におすすめです。
  • アポプラス薬剤師|クオール薬局グループが運営。出張面談対応だから地方在住の薬剤師でも安心して転職活動ができます。
  • 薬キャリ|エムスリーグループが運営している薬剤師転職サイト。薬剤師登録者数No.1 の転職サイトです。
  • 無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。
    ※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。
    ※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

薬剤師転職サイトを利用しなかった私の1回目の転職はブラック薬局行の片道切符でした。


2回目の転職では薬剤師転職サイトのコンサルタントと共に慎重に企業・薬局研究をしたのは言うまでもありません。


 転職失敗回避の方法には失敗例を知ることが大事

薬剤師がこれをすると絶対転職を失敗する・・・必読8つの実例

もしあなたがブラック薬局で頑張っていたとしても、そこで得られるのは理不尽な状況に少しだけ耐えられた経験だけ。

ブラック薬局で頑張るメリットはありません。

ブラック薬局から逃れたいけど、辞めさせてもらえない。

そんな薬剤師向けに、正しい薬局の辞め方があります。