好条件の【薬剤師急募】の求人は危険?応募して良い求人とダメな求人
q

求人票が気になる薬剤師

求人票の【急募】って、薬剤師がすぐに必要ということですよね。

【急募】の求人に応募して大丈夫でしょうか?

求人票に【急募】と書いてあると、お得なのかな?感じる方もいるのではないでしょうか。

【急募】年収700万円以上可!とか、急募!新卒でも年収600万円出します!!

pharma

このように書いてあると、ちょっと気になってしまいますよね。

確かに、急募の薬剤師求人は相場よりも高い年収が設定されていることがあり、お得なこともあります。

ただし、急募の求人には注意が必要です。

それは急募になっている理由。その理由によっては、ブラック薬局である可能性も。

応募をする前には、薬剤師急募となっている理由を確認しましょう。

pharma

今回は【急募】求人の裏側を見て行きたいと思います。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師が応募してよい急募求人とだめな急募求人
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
【急募】の薬剤師求人には注意が必要です。

年収が高いからと薬剤師急募の職場に転職してしまうと、あなたは後悔することになるでしょう。

なぜなら、忙しすぎて仕事を教えてもらえない、人間関係が悪すぎるなどの大きな問題を抱えている職場である可能性が極めて高いからです。

急募の他にも気を付けた方が良い求人票の文言についてはこちらをご覧ください。

急募の薬剤師求人が出るのは薬剤師が今すぐ必要な時

当たり前の話ですが、薬剤師の求人に急募と書くのは薬剤師が今すぐにでも必要だから。

では、今すぐ薬剤師が必要な状況とはどんな時でしょうか。

薬剤師が今すぐ必要になった状況

  • 薬剤師が産休に入ることになった
  • 旦那さんの転勤が急に決まったため薬剤師が退職する
  • 薬剤師が病気のため長期休暇・休職を取ることになった
  • 薬剤師が事故に遭ってしまい、働けなくなった
  • 退職する薬剤師がいる
  • 入社予定だった新卒が薬剤師国家試験に不合格になってしまった
  • 患者数が増えてきて、薬剤師が足りなくなった

定年や異動は事前に把握できるので薬剤師人員配置の予定を立てるのは簡単です。

しかし、上記の理由での薬剤師不足はどうにもなりません。

近隣店舗から異動できる薬剤師がいれば良いのですが、異動できる薬剤師がいない場合には急募として求人を出すことになります。

但し、薬剤師が今すぐ欲しい全ての薬局が、求人に『急募』と書く訳ではありません。

理由が前向きな薬剤師急募の求人なら応募して良い

【急募】の薬剤師求人には応募して良いものと、だめなものがあります。

あなたは見分けることができるでしょうか?

薬剤師が応募して良い急募求人は、薬剤師急募の理由が前向きなものだけ。

例えば産休や育休の補充や、新規開局や患者数増加による人員補充などが前向きな理由に該当します。

もちろん、あなたの希望に合っていることが大切なのは言うまでもありませんが、前向きな理由での薬剤師急募求人なら応募しても大丈夫です。

常に急募の薬剤師求人に応募してはいけない

転職希望の薬剤師が応募してはいけないのは、常に【急募】の求人。

常に急募と書かれた求人が出ているということは、薬剤師の採用ができていないか、採用した薬剤師が定着できていないということ。

pharma

あなたの家の近所にも、倒産売り尽くしセールを年中やっているお店はありませんか?

この薬局には大きな問題があると考えて間違いありません。

条件が良いからとすぐに飛びつくのは大変危険です。

また、調剤未経験者は【急募】の求人には応募するのはやめておきましょう。

薬剤師急募の職場に転職をしても、忙しすぎて仕事を丁寧に教えてもらえる可能性はほぼゼロです。たとえ条件が良かったとしても、調剤未経験の方が急募の求人に応募するのはやめておきましょう。

独り立ちしている薬剤師なら急募求人に応募しても大丈夫

【急募】の求人は基本的には好条件であり、お得であるのも事実です。調剤経験もあり、一通りの仕事ができる薬剤師なら急募の求人に応募しても問題ありません。詳しく仕事を教えてもらえなくても即戦力として働くことができるからです。

急募の好条件求人を狙って、一気に年収アップができる転職をしてください。

といっても、急募の好条件求人はいつ出てくるかはわかりません。

急募の好条件求人を狙うなら、薬剤師転職サイトへの登録が必要です。

というのも、薬局が薬剤師を採用したい時には薬剤師転職サイトに求人を出すからです。

ハローワークや新聞折り込みではありません。リクルートやdoda、インディードなどの総合転職サイトでもありません。

薬剤師専門の転職サイトに求人を出すのです。

pharma

うちの会社が薬剤師求人を出すのは、マイナビ薬剤師ファルマスタッフアポプラス薬剤師薬キャリエージェントの4社です。

実績があり信頼できてオススメできる薬剤師転職サイト

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

薬剤師転職サイトに登録をしたら、転職を急いでいるとコンサルタントに伝えましょう。

その方が、より好条件の求人を紹介してもらえます。

半年後に転職を予定している薬剤師と今すぐ転職をしたい薬剤師がいたら、今すぐ転職したい薬剤師に先に求人を紹介するからです。

急募の求人に応募するなら強気の条件交渉を

【急募】の求人は今すぐにでも薬剤師を採用したいと言っているようなもの。強気の給与交渉が通る可能性が高いということです。

求人票に記載されている待遇のちょっと上を狙う交渉をしてみましょう。

交渉は苦手という方でも大丈夫。あなたがすでに薬剤師転職サイトに登録をしていれば、交渉事は担当のコンサルタントがあなたに代わって全てやってくれます。

ただ問題は、好条件の【急募】求人案件がいつ出てくるのかわからないこと。

好条件急募の求人案件に応募するためには、普段からアンテナを張っておき、【急募】求人案件がきたらすぐに紹介してもらえる状況にしておくことです。

薬剤師転職サイトに登録し、コンサルタントと密に連絡を取っておけば、公開される前に【急募】の求人情報をもらうという裏技も可能です。

まとめ

  1. 薬剤師が応募してよい急募求人は理由が前向きなもの
  2. 薬剤師が応募してはいけない急募求人は理由が後ろ向きなものや、常に急募の求人
  3. 基本的には急募求人は交渉で強気に出られるので得なことが多い

 交渉力が強い薬剤師転職サイト

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

\とにかく年収アップをさせたい薬剤師におすすめ/