薬局見学では事務を見よ
q

薬局見学に行く予定の薬剤師

雰囲気の良い薬局で働きたいと思うのですが、どうやったら見抜けるでしょうか。

薬局見学でわかりますか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬局見学で薬局の雰囲気を見抜くコツ
  • 事務さんが伸び伸び働いている薬局は薬剤師にとっても働きやすい
【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

転職を考えているけど、また雰囲気の悪い薬局だったら嫌だな。

求人票には雰囲気良いと書いてあるけどあてにならないし。

薬局見学に1回行ったくらいで雰囲気を感じ取れるだろうか。

いろいろ心配があるかと思います。

この記事を読み進めていただければ、1回の薬局見学で薬局の雰囲気を見抜くコツがわかります。

これであなたの転職も成功に近づきますよ!

 

結論
雰囲気を見抜くコツは事務スタッフ。薬局の事務が活き活きと働いている薬局ならまず間違いありません。

薬局見学で雰囲気以外のチェックするポイントについては別ページにまとめてありますのでご覧ください。

店舗見学で薬局の雰囲気を見抜くコツ

店舗見学で薬局の雰囲気を見抜くコツ
転職前には店舗見学に行くと思いますが、ただ何となく行ってはいけません。

見るべきポイントを頭にいれて、しっかりとチェックをしてきましょう。

薬剤師転職サイトの担当者から、チェックすべき薬局のポイントをレクチャーされたと思います。

もしもレクチャーを受けていなかったとしたら、それは単なる丸投げ。

別の薬剤師転職サイトへ変更しましょう。

担当者が店舗見学にも同行してくれる薬剤師転職サイトはこちらです。

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け

\アポプラス薬剤師の登録はこちら/

※転職サポート27年の実績。安心して転職したい方向け


店舗見学で雰囲気を見抜くコツはこの3つ

  • 店舗に入った瞬間の感じ
  • 事務スタッフの働き方
  • 孤立している人の有無

店舗に入った瞬間の感じ

薬局に限らず、例えば雑貨屋さんや喫茶店などのお店に入った瞬間に感じる雰囲気ってありますよね?

ドアが開く音に反応して「いらっしゃいませ」と明るい声をかけてくれる。

それだけでも何となく明るい雰囲気を感じることができます。

薬局も同じです。

店舗に入った瞬間にどう感じたか。

この第一印象がものすごく重要です。

神経と研ぎ澄ませた状態で店舗に入りましょう。

事務スタッフの働き方

店舗に入ったらまずは受付の事務スタッフと挨拶を交わします。

ここでの接遇も見るべきポイント。

店舗見学に来ることを知らされているでしょうか。

報告、連絡、相談が行き届いた薬局なら案内するなり担当者を呼びに行くなりするはず。

あたふたしているようであれば、何も聞かされていない証拠です。

 

孤立している人の有無

担当者が来るまで待っている時間があったら、薬局の中をじっくり見ましょう。

薬剤師でも、事務でも孤立している人はいないでしょうか。

斜に構えているのか、無関心を装っているのか。

皆の会話の中に入っていない孤立している人。

忙しいのに何もしないでボーっとしている人。

こういう人がいるとチームとしてうまく薬局運営ができません。

じっくりと中の様子を見渡しましょう。

店舗見学では誰と話すのが正解か

店舗見学で本音を語ってくれやすいのは誰か

店舗見学は調剤室内で薬剤師との会話になりがちです。

薬局見学で話をしてくれるのは、多くの場合その薬局の管理薬剤師。

エリアマネージャー的な人(会社によって役職名は異なります)が出てくることもあるでしょう。

見学者であるあなたを採用したいという気持ちが強いのはこの順番です。

  1. エリアマネージャー
  2. 管理薬剤師
  3. 一般薬剤師
  4. 事務スタッフ

これはセールストークになりやすい順番でもあります

本音を語ってくれやすいのはさっきの逆。

つまり、

  1. 事務スタッフ
  2. 一般薬剤師
  3. 管理薬剤師
  4. エリアマネージャー

となるわけです。

本音を聞き出すためにはエリアマネージャーや管理薬剤師の話はそこそこに。

今後同僚となるかもしれない、一般薬剤師とたくさん話をしましょう。

ここで、セールストークではない「本当の話」をがんばって聞きだす必要があります。

薬局の残業時間や忙しさ、その会社の教育研修システムなどはここで確認しておいてください。

しかし、薬局の雰囲気をしっかりつかむにはまだ十分ではありません。

薬局で働いているのは薬剤師だけではありません。

事務さんです。

事務さんが伸び伸び働いている薬局は薬剤師にとっても働きやすい

事務さんが伸び伸び働いている薬局は薬剤師にとっても働きやすい
薬局の事務さんを見れば、その薬局の雰囲気がわかります。

事務さんが笑顔で生き生きと仕事をしているか、それとも暗い顔で嫌々仕事をしているのか。

事務さんと薬剤師は連携が取れているか

スタッフ間のコミニュケーションはどうか

薬局の顔ともいうべき事務さんが、素敵な笑顔で働けているならその薬局はうまく行っている証拠。

注意:素敵な笑顔かどうかは、患者さんがいない所でチェックしてください。

患者さんの前では営業スマイルになっていることもあります。

患者さんが切れた時間帯にチェックしましょう。

 

雰囲気の悪い薬局の特徴

薬剤師が事務に命令をする、

事務ばかりが忙しそうに動いていて、薬剤師はおしゃべりをしている。

何をするにも無言でお礼の一言もない

こういう薬局は薬剤師と事務の連携が取れず、調剤過誤や患者さんからのクレームが増える原因にもなります。

結局、居心地が悪くなってまた辞めたくなってしまうでしょう。

店舗見学で薬局の雰囲気を見抜くコツ【事務さんを見よ】(まとめ)

店舗見学で薬局の雰囲気を見抜くコツ【事務さんを見よ】(まとめ)

この薬局に転職して大丈夫かどうか判断に迷ったら、事務さんを見ましょう。

事務さんを見ればその薬局がうまく行っているのかいないのかが一目瞭然です。

もちろんどんな薬剤師がいるか知ることも大切ですが、薬局全体の雰囲気を見るにはやはり事務スタッフを見るべき。

事務スタッフが活き活きと働けている薬局なら、薬剤師にとっても働きやすいのは間違いありません。

事務が薬剤師に対して萎縮することなく、協力し合って仕事ができる薬局の雰囲気が悪いはずがありませんから。

まとめ

  1. 店舗見学に行ったら一般薬剤師や事務スタッフとたくさん話をする
  2. 本音を語ってくれやすいのは一般薬剤師と事務
  3. 事務スタッフが活き活きと働いている薬局は良い薬局

繰り返しになりますが、店舗見学のポイントのレクチャーも無く1人で行かされたなら転職サイトを変えることも検討しましょう。

担当者が店舗見学にも同行してくれる薬剤師転職サイトはこちらです。

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け

\アポプラス薬剤師の登録はこちら/

※転職サポート27年の実績。安心して転職したい方向け