「年収アップ」タグの記事一覧

投資家薬剤師となって年収をアップさせる方法

転職しないで年収アップ

薬剤師が投資家となって年収をアップさせる方法(株式投資、FX、不動産投資)です。今までに貯めたお金を銀行口座に眠らせておくのではなく、そのお金に働いてもらって年収をアップさせていきます。超低金利時代の今、銀行にお金を置いておくだけではさっぱり増えません。ここは1つお金に働いてもらいましょう。

薬剤師が転職をせずに年収をアップさせる方法

目次 転職しないで年収アップ
転職せずに年収アップ

せっかく人間関係も良いし働きやすい環境の薬局なのだけれど給料が安い・・・。でも良い職場だから転職はしたくないという薬剤師へ。当サイトは「薬剤師のための年収(給料・収入)アップ・転職ガイド」ですが、転職しなくても年収をアップさせる方法をいくつか挙げてみました。薬剤師転職をしなくても年収をアップさせる手段はいくつもあります。

薬剤師の転職失敗談 これをやると絶対に転職を失敗する必読8つの実例記事

ブラック薬局 小規模(個人)薬局 薬局の規模 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師が転職をするにあたり、これをやるとほぼ確実に失敗に近づくという実例記事をまとめました。転職は大変です。1回で確実に成功させましょう。当サイト運営者の転職失敗体験、個人経営もしくは小規模チェーンへの薬局への転職、年収が希望額以上というだけで転職先を決める、深く検討せず薬局の求人票や募集要項の情報のみで転職先を決める、実際に薬局へ足を運ばない。薬局見学をしない、配属予定ではない薬局しか見学しない、転職活動をしているうちに考えがぶれる(譲れない条件を譲った)、薬剤師が転職を失敗しないためには。こんな薬局への転職は「ダメ。ゼッタイ。」

薬剤師の転職スケジュール 12月開始のメリットデメリット

転職の時期 転職先の探し方

薬剤師が転職活動を12月に開始するメリットとデメリットについてまとめました。薬局の繁忙期直前には採用活動が活発化します。需給の関係から好条件の案件が期待できますが、12月開始では遅い可能性があります。エムスリーキャリアとリクナビで転職活動を同時進行させる手段。

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い 給料や年収に交渉の余地も

転職先の探し方

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い。給料や年収に交渉の余地も。薬局では急に薬剤師不足になって困ることがあります。薬局の採用部門ではこんなときどうするか。エムスリーキャリアやリクナビ薬剤師などの薬剤師転職支援サイトのコンサルタントに、「急いでいるので条件交渉可能」と伝えて薬剤師を引っ張ってきてもらうようお願いします。相場よりも良い条件でないと薬剤師は集まりませんから、他薬局に採用で負けないように良い条件を提示します。薬剤師転職支援サイトに登録し、転職支援コンサルタントと密に連絡を取っておけば、公開される前に急募の求人情報をもらうという裏技も可能です。

薬剤師の求人情報の見方 転職後の本当の年収はいくらか

年収 給料

薬剤師の求人情報の見方 本当の年収はいくらでしょうか?薬剤師求人情報内の年収欄の記載例年収400万円~600万円(※経験・能力による)、年収400万円~600万円(応相談)、年収400万円~、年収600万円以上可、~650万円。ある地域の調剤薬局の一般薬剤師(正社員)の求人情報の年収欄を抜粋してみました。薬局薬剤師の実際の年収は求人情報だけではわからない。転職を希望する薬剤師の経験年数・能力がわからなければ、会社側も「あなたには年収○○○万円出します」とは当然のことながら言えません。

薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法

年収

薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法。年収1000万円が可能な薬剤師求人とは。調剤経験や前職給与を考慮ってどういうこと。年収1000万円には給与交渉が必須。薬剤師の年収1000万以上可能な調剤薬局の求人は今ならまだあります。薬剤師が年収1000万円に近づくための4つの方法。