薬剤師の転職面接対策【自己紹介・質問・服装・持ち物などこれで完璧】
q

今度薬局の面接の予定がある薬剤師

薬局に転職するのですが今度面接があります。
自己紹介で何を言えばよいでしょうか。
質問は何かありますかと聞かれたたら何を聞くと良いのでしょうか。
服装とか持ち物は何が必要ですか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師の転職面接の流れ
  • 面接前に準備しておくこと
  • 面接時の服装や持ち物
  • 面接同行してくれる薬剤師転職サイト

転職後の初出勤の持ち物や服装についてはこちらをご覧ください。

自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:「どういう薬剤師が患者さんに求められているか」を考えてみれば、面接でどう振る舞うべきかがわかります。
印象の良さ、安心感を与える話し方、話の分かりやすさに注意しましょう。
いろいろ作りこんでもボロが出るだけです。嘘は絶対にダメです。
30分程度の面接でわかるのは薬剤師としての知識量ではなく、コミュニケーション力と印象だけです。

薬剤師の採用面接の流れ

 面接の流れ

  • 自己紹介
  • 薬局・業務内容の説明
  • 面接官からの質問
  • 逆質問

自己紹介

氏名、簡単な経歴、自分の強みをを分かりやすく簡潔に1分程度で話します。あまり長々と話す必要はありません。この後面接官から質問がたくさんきますので。


もし聞いて欲しいような内容があればここでちょっとだけ餌をまいておくのも良いでしょう。

薬局・業務内容の説明

事前に薬局見学を受けている場合は薬局・業務内容の説明は面接内では省略されます。

面接官からの質問

面接官からくる質問についてはこちらにまとめました。

何を聞かれるかはパターン化されています。

まれに、いじわるな質問をしてその対応を見るという面接官もいますが、会社のイメージが悪くなるという理由で最近ではほぼ行われません。

逆質問

面接の終盤でほぼ100%来るのが、「何か質問はありますか?」です。

特にありませんはNG
興味がない、やる気がない、入社する気はないと思われてしまいます。

事前に薬局、会社のことを調べたが薬局見学や面接を通してもわからなかったことを聞くというスタンスが理想です。

会社のホームページに載っているようなことを聞くようでは準備不足であることが露呈します。

面接前の準備

応募する薬局の情報を調べる

薬剤師の場合、面接前に薬局見学をしていることが多いので、面接前に情報収集をする必要性は高くないかもしれません。

もし薬局見学はしていなくていきなり面接という場合は、最低でも薬局(会社)のホームページは必ずチェックしておきましょう。


また、薬局周辺の医療機関を調べておくとどういった処方せんを応需しているのかがわかります。

想定質問に対する答えを準備する

聞かれることは大体決まっています。その内容の答えを事前に用意しておきましょう。

面接時の服装や必要な持ち物

薬剤師の転職面接と言っても、一般の面接と同じです。基本的な社会人としてのマナーがあれば問題ありません。

服装

面接時の服装は男女ともに基本的にはスーツ着用。パートの面接でも普段着は避けましょう。
面接の時間が仕事終了後などの場合でスーツで臨むのが難しい場合でも、医療従事者としてふさわしい清潔感のある服装・ヘアスタイルを心がけましょう。

持ち物

転職面接に特に必要なものはありません。ボールペンとメモ帳程度をすぐに取り出せることができれば大丈夫です。

面接同行サービスが可能な薬剤師転職サイト

ここまでいろいろ書いてきましたが、薬剤師転職サイト経由での転職であればここまでのことを全く知らなくても転職対策ができます。


面接対策のサポートを受けることもできますし、転職サイトのコンサルタントが面接に同行してくれるサービスもあります(もちろん無料)


こういった至れり尽くせりの無料サポートを転職希望の薬剤師は利用できますので、転職について少しでも心配なことがあるのであれば薬剤師転職サイト経由で転職しましょう。

面接同行可能な薬剤師転職サイト