薬剤師の転職で面接同行は使うべき?メリットとデメリットを解説
q

面接が不安な薬剤師

転職を考えているのですが、面接がものすごく不安です。
採用面接に一緒についてきてくれるとありがたいのですが、そんなサービスなんてないですよね?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師転職の面接同行サポートとは
  • 面接同行のメリットとデメリット
  • 面接同行サービスが可能な薬剤師転職サイト・転職エージェント
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:面接が不安なら面接同行を利用すべき。ただ、コロナの影響で転職エージェントの面接同行を断られることも。
最強の味方を引き連れて面接に行けるのはとても心強い。

薬剤師転職の面接同行サポートとは

面接同行とは読んで字のごとく、転職の採用面接に転職サイトのエージェント・コンサルタントが同行・同席してくれるサービスのこと。


面接を1人で受けなくて済みますので大変心強いですね。

この面接同行のサービスを実施している薬剤師転職サイトは以下の4つです。

面接同行のメリット

薬剤師転職サイトのコンサルタント、エージェントが面接に同行してくれる面接同行サービスのメリットは以下の通りです。

 面接同行のメリット

  • 面接での緊張が和らぐ
  • 面接の雰囲気がよくなる
  • 面接での質疑応答で助け舟を出してくれる
  • 給与や休日などの条件交渉がしやすい
  • 言った言わないの問題が起こらない
  • 面接同行を利用した薬剤師の口コミ

面接での緊張が和らぐ

面接同行の一番大きなメリットは、安心感。面接に至るまで親身に対応してくれたあなた専任のコンサルタント・エージェントが面接に付き添ってくれるので、緊張がほぐれ、大切な面接でも余裕が持てます。

余裕があると本当の自分を上手に表現できるのでアピールもうまくいくことでしょう。

面接の雰囲気がよくなる

面接会場に入ってすぐの第一印象はとても大切です。コンサルタント・エージェントが最初にあいさつや紹介をして場の雰囲気を和ませてくれます。面接の流れにつまったとしてもうまく誘導してくれますので安心です。

また、第三者が同席することで採用する側の一方的な面接や圧迫面接を防ぐことにもつながります。

面接での質疑応答で助け舟を出してくれる

面接で不安になるのは、「どんな質問が来るのだろう?」とか「きちんと答えられるかな?」というものだと思います。
でも面接同行ならそんな心配は無用です。

面接官からの予想外の質問や答えにくい質問に戸惑ってしまったときや言葉に詰まってしまったときには、さりげなくコンサルタント・エージェントが助け舟を出してくれますから安心してください。

給与や休日などの条件交渉がしやすい

休日出勤はできるだけ避けたいといった希望があったとしても、面接時には言いづらいという人も多いかもしれません。聞きづらい給与面や休日の設定、勤務時間などについての交渉も、同行したコンサルタント・エージェントが対応してくれます。

面接の場で急に異なる条件を相談された場合も、面接に同行してくれるコンサルタント・エージェントは事前に転職希望者の要望をしっかり理解した上で面接に同席していますので、不利な条件にならないよう、交渉・調整をしてくれます。

希望とはちょっと違ったけど、つい了承してしまった・・・
こちらの要望をあまり伝えられなかった・・・
疑問に感じることがあったけど聞けなくて後悔した・・・

といった後悔をすることがなくなります。

特に、休みや給与等については面接の際に切り出すのは難しいと思います。でもコンサルタント・エージェントなら交渉のプロですから、条件の確認・交渉をスムーズに進めてくれます。

言った言わないの問題が起こらない

コンサルタント・エージェントが面接に同行していれば、面接のときに説明したはずとか了承してもらったはずという問題が起きません。

『聞いていた話と違う』といった事態にならないためにも面接同行は役に立ちます。

面接同行を利用した薬剤師の口コミ

「面接にも同行してくれて、残業が無いよう念押しをしてくれたり、自分では伝えきれなかった部分を補ってくれたり、様々なサポートをしてもらいました。」

「転職について何もわからない状態で不安でいっぱいでしたが、最初の段階で直接アドバイザーの方とお会いしてお話できたことで安心できました。
面接にも同行していただき、話に詰まってしまったときも助け船を出してくださり本当に助かりました。
現在、転職先では充実した日々を送っています。
本当にありがとうございました。」

「各企業への面接時にも同行して頂きました。慣れない場所へ面接に行く時に緊張がほぐれて、いい面接ができたと思います。」

面接同行のデメリット

面接同行のデメリットはほとんどありませんが、強いて上げるとすれば次の2つです。

 面接同行のデメリット

  • 希望しても面接同行してもらえない場合もある
  • 第三者の面接同行を断られることもある

希望しても面接同行してもらえない場合もある

全員が面接同行サービスを受けられるわけではありません。時間帯や地域によってはコンサルタントの都合が合わずに面接同行のサービスが受けられない場合もあります。事前にしっかりと打ち合わせをしたうえで面接の日程を組んでもらえば心配ありません。

また、一部の薬剤師転職サイトでは面接同行そのものを実施していません。面接同行を受けたいなら次の4つから選んでください。

採用側に面接同行を断られることもある

病院や薬局、ドラッグストアなどの採用する側が、第三者の面接同行は禁止としている場合もあります。その場合は面接同行をあきらめましょう。

面接同行を利用するときの注意点

非常に心強い面接同行ですが、次の注意を守って利用しましょう。

 面接同行を利用するときの注意点

  • コンサルタント・エージェントに頼りすぎてはいけない

コンサルタント・エージェントに頼りすぎてはいけない

以前面接官をしたとき、質問をするたびに同席しているコンサルタントのほうを向いて自分では全く答えない薬剤師がいました。

これでは自分の考えとか思いは何もないの?と思われてしまいます。

面接でコミュニケーションをとれない薬剤師が患者さんとコミュニケーションをとれるわけがありません。
そう思われてしまわないように面接ではしっかりと自分の言葉で話すことが大切です。

面接同行であって面接代行ではありません。

面接同行を使って転職を成功させた薬剤師は多いです。転職活動という不安を抱えながら、1人で面接に臨むよりも、リラックスした状態でサポートまで受けられる面接同行なら、格段に転職成功率が上がることでしょう。

コンサルタント・エージェントが応募先への勤務条件交渉なども行ってくれるため、転職活動での失敗や後悔も少なくなるはずです。切り出しにくい給与面の話もしっかりできるから、納得したうえで希望の職場を探せます。

転職をする際、必ず通過しなければならない面接という大舞台。だれもが緊張する場面に、信頼できるコンサルタント・エージェントが同行してくれたら、大きな安心感があります。

とはいえ、転職を希望し、成功を勝ち取るのは自分自身であることを忘れてはなりません。

そのうえで、実績のある薬剤師転職サイトを選び、信頼関係を結ぶようにしましょう。マイナビ薬剤師は事前面談にも力を入れており、面接同行においても定評があります

面接同行サービスが可能な薬剤師転職サイト

面接対策のサポートを受けるだけでなく、担当者が面接についてきてくれる面接同行サービス(もちろん無料)を活用して転職を成功させましょう。


こういった至れり尽くせりの無料サポートを転職希望の薬剤師は利用できますので、転職について少しでも心配なことがあるのであれば以下のサイト経由での転職をおススメします。

面接同行を利用可能な薬剤師転職サイト