薬局の人間関係が最悪で辛い!【耐える?良くする?脱出する?】
q

薬局の人間関係が最悪で辛い薬剤師

薬局内の人間関係がギスギスしていてもう嫌になります。

陰口を言っていたり、必要な事を伝えなかったり。

こんなんじゃ仕事になりません。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬局の人間関係を良くする方法
  • 人間関係が最悪な薬局で耐える方法
  • 【悪用厳禁】ある薬剤師を追い出す方法
  • 最悪な人間関係の薬局から脱出する方法
【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト・転職エージェント徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

薬局は人間関係が悪化しやすい環境にあります。

その理由は主に以下の通り。

  • 薬剤師と事務の2つの職種がある
  • 仕事上間違えることができないためピリピリしやすい
  • 組織が硬直化しやすい

雰囲気が悪い職場で働くほど大変なことはありません。

まず、薬剤師には『薬を間違えてはいけない』というプレッシャーが常にかかっています。

患者さんからの「早くして!」というプレッシャーもあるでしょう。

それらのプレッシャーに加えて、最悪な人間関係という余計なストレスがかかってくるのです。

これでは、心身共に悲鳴をあげるのも無理はありません。

仕事に行きたくないなと思っていても、薬剤師が少ないから休めない、休ませてもらえない。

pharma

この状況は正直きついです。

特に薬局は薬剤師と事務という2つの職種が一緒にかつ、少人数で働く職場です。

一部の薬剤師が事務に対して横柄な態度を取っているのも事実。

管理薬剤師がそのような態度を取っている薬局もあるでしょう。

さらに状況を悪化させているのが、地域支援体制加算やかかりつけ薬剤師の算定要件。

これのせいで転勤や異動が極端に少なくなっています。

かかりつけ薬剤師の要件の確認です。

  • 保険薬剤師として3年以上の薬局勤務経験がある
  • 当該保険薬局に週32時間以上勤務している
  • 当該薬局に6か月以上在籍している
  • 医療に係る地域活動の取組に参画していること
  • 研修認定を取得している

このうち、当該保険薬局に週32時間以上勤務している当該保険薬局に6か月以上在籍しているの2つ要件があるために異動や転勤、薬局の兼務が減っています。

せっかく同意書を取得したのにその薬剤師が異動してしまったらかかりつけ薬剤師指導管理料が算定できませんからね。

これは、嫌な薬剤師と今後長期間にわたって働き続ける可能性が高いということです。

もしあなたが、人間関係最悪な薬局に入ってしまったら、どうすればよいのか解決策を書いていきます。

結論

薬局の人間関係を良くして頑張りたい(まだ元気はある)

薬局の人間関係を良くして頑張りたい(まだ元気はある)

薬局の人間関係を良くする方法はあります。

ですが、これはまだ元気がある薬剤師向けの話。

すでに人間関係で悩んでいる、薬局の人間関係は改善しそうもないという場合は読み飛ばして次に進みましょう。

すでに元気がない薬剤師がこれをやろうとするともっと疲れてしまいます。

一般職の薬剤師ができる、薬局の人間関係を良くする方法6選にまとめました。

もしあなたが管理薬剤師で、部下同士の人間関係が悪くて困っているならこちらが参考になるかもしれません。




薬局の人間関係は最悪だが耐えられる(それ以外に困っていることは無い薬剤師向け)

薬局の人間関係は最悪だが耐えられる(人間関係以外には満足している薬剤師向け)

薬局の人間関係は最悪ではあるものの、あなた自身に危害が加わっていないので耐えられる。
人間関係以外の部分(待遇など)には満足していて別に困っていないなら、この人間関係は仕事だけのものとして割り切りましょう。
別に薬局のスタッフ全員と仲良くなる必要も無いですし、仕事上最低限のコミニュケーションさえ取れれば問題ありません。
待遇面で不満もないし、休みもしっかり取れる。
他に困っていることが無ければ人間関係はこういうものとしてそのまま働き続けましょう。

あの薬剤師さえいなくなれば平和が訪れる(追い出す方法)

あの薬剤師さえいなくなれば平和が訪れる(追い出す方法)
【悪用厳禁】特定の薬剤師を追い出す方法

  • ある特定の薬剤師だげが暴言を吐く、態度が悪い、事務に対して横柄な態度を取る
  • この薬剤師さえいなくなれば薬局に平和が訪れる
  • その人以外はみんな仲が良い

この3つの条件を満たしているなら、追い出す方法があります。

それは、証拠となる映像や音声を記録すること。

患者さんに対しての態度が悪いなら、投薬中に患者さんが映り込まないように録画する。

スタッフに対して暴言を吐く場合には常に録音をしておく。

録画や録音したデータには日時も記録しておきましょう。

これらのデータがある程度蓄積されたら、管理薬剤師を通じて薬局開設者(社長)へ報告します。

該当する薬剤師が管理薬剤師であるならば、その上の上司に報告をします。

ここまですれば会社はさすがに動かざるを得ません。

このような小型のペン型マイクも販売されていますので、準備しておくと良いでしょう。

追い出し実行するには同僚間での協力が不可欠。

追い出したい薬剤師に味方がいる場合には問題がこじれてしまいますので避けるのが賢明です。

あくまでもその人以外はみんな仲が良いという場合にのみ実行してください。

繰り返しますが、悪用は厳禁です。

薬局の人間関係が最悪でもう耐えられない薬剤師向け

薬局の人間関係にはもう耐えられない(仕事に行きたくない、早く脱出したい薬剤師向け)

薬局の人間関係が辛くてもう無理。

もう耐えられないし、追い出すとかもできない。

そんな状況でも大丈夫です。

あなたには異動もしくは転職という選択肢が残っています。

上司(管理薬剤師)に相談する

まずは現状について上司である管理薬剤師に対し、人間関係で悩んでいてもう耐えられないと相談しましょう。

あなたのために何かしらのアクションは起こしてくれるはずです。

それが管理薬剤師の仕事ですから。

万一、何もしてくれない場合にはその薬局責任者は無能ということです。

その場合はその上の上司に伝えましょう。

異動希望を出す

管理薬剤師がもみ消そうとする、その上の上司も何も対応してくれない。

このような場合には異動希望を出しましょう。

直接人事部に電話をしてもかまいませんし、社内に相談窓口などあればそこに連絡をするのも良いでしょう。

病院を受診する

万一、うつ状態になってしまっているなど心身に不調を来してしまっているなら心療内科等を受診しましょう。

医師が休職すべきと判断した場合には診断書が出されます。

この診断書を会社に提出してゆっくり治療に専念してください。

pharma

早いうちに受診すればひどくならずに済みますので、心身に不調があるなら早めに受診してください。

転職する

相談したにもかかわらず会社が動かない。

異動が認められない場合には、『転職する』という切り札を使いましょう。

無理をしてまでその薬局に勤めなければならない理由が特になければさっさと転職を考えるべきです。

人間関係で悩んでいることを相談したのに、何も動いてくれないような薬局で働き続ける意味は全くありません

人手不足であろうが関係ありません。

薬剤師の手配をするのは上の人達の仕事。

もうそんなことを気にせず、転職活動を始めましょう。

\マイナビ薬剤師への登録はこちらから/

保有求人数最大級
20代から40代の転職に特に強い

\ファルマスタッフへの登録はこちらから/

正社員・パート・派遣全てお任せ
じっくり相談したい薬剤師におすすめ
薬剤師転職支援22年の実績!全国12拠点

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

出張面談対応だから地方在住でも安心
薬剤師転職サポート27年の老舗で実績十分

\薬キャリエージェントへの登録はこちらから/

薬剤師登録者数No.1
即日最大10件求人紹介!

\リクナビ薬剤師への登録はこちらから/

最短3日で転職可能!
急いで転職したい薬剤師におすすめ








薬局の人間関係が最悪で辛い!【耐える?良くする?脱出する?】

薬局の人間関係が最悪で辛い!【耐える?良くする?脱出する?】

薬局の人間関係が辛い!どうすべきかのまとめ
あなたが取るべき選択肢はこの4つです。

  1. 薬局の人間関係が良くなるように頑張る(まだ元気な時)
  2. 人間関係が最悪な薬局で耐える(自分に危害が及ばない場合)
  3. 【悪用厳禁】ある薬剤師を追い出す方法(この薬剤師がいなければ平和が訪れる)
  4. 最悪な人間関係の薬局から脱出する(異動・転職)

人間関係の悪い薬局で仕事をしたくないのはみんな同じ気持ちです。

私だって、嫌です。

転職する薬剤師の理由で最も多いのは『人間関係』が原因と言われています。

もしあなたが、薬局の人間関係で悩んでいるのなら早めに行動しましょう。

悩んでいるだけでは解決しません。

その間に体調が悪くなってしまうのが一番よくありません。

辛くて大変だと思いますが、行動することであなたの未来は変わります。

\マイナビ薬剤師への登録はこちらから/

保有求人数最大級
20代から40代の転職に特に強い

\ファルマスタッフへの登録はこちらから/

正社員・パート・派遣全てお任せ
じっくり相談したい薬剤師におすすめ
薬剤師転職支援22年の実績!全国12拠点

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

出張面談対応だから地方在住でも安心
薬剤師転職サポート27年の老舗で実績十分

\薬キャリエージェントへの登録はこちらから/

薬剤師登録者数No.1
即日最大10件求人紹介!

\リクナビ薬剤師への登録はこちらから/

最短3日で転職可能!
急いで転職したい薬剤師におすすめ

もう薬剤師として働きたくないと思ったらこちらをどうぞ。