薬剤師の仕事・職場・転職の悩みや不満・ストレスを解決【まとめ記事】
q

仕事の事で悩みがある薬剤師

仕事のことで悩みがいろいろあります。

相談できる人がいなくて困っているのですが、悩みや不満、ストレスを解決する方法ってありますか?

本来なら先輩や上司が相談に乗ってくれるとよいのですが、忙しそうにしていると話しかけづらいですよね。

その先輩や上司が悩みの種で相談できないということもあるでしょう。

薬剤師の仕事や職場でありがちな悩みやストレスを解決する方法をまとめました。

pharma

あなたの悩みやストレスはこれで解消します。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
薬剤師が持つ仕事上の悩みは皆さん共通しています。そして解決策はあります。
このページでは様々な仕事上の悩みとその解決法の記事をまとめました。参考にしていただき、解決の糸口になればうれしいです。

すでに転職した方がいいかどうか考え始めている方はこちらをどうぞ。

当サイトで最もオススメしている薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる/

薬剤師が持つ全般的な悩み

明日は仕事に行きたくない。いつも休みの日は夕方から憂鬱。

なんか薬剤師の仕事が嫌になってしまった。もう薬剤師なんて辞めてしまいたい。

そんなあなたの悩みを解決します。

仕事に行きたくなくて困っている

仕事に行きたくなくてどうしようもなくなったら、まずは休んでください。休んだって大丈夫です。ちゃんと上の人が何とかしてくれます。

「休まれると困る。薬局の業務が回らない。」なんて言ってくる会社に未来はありません。

もう薬剤師なんて辞めてしまいたい

もう薬剤師なんて辞めてしまいたい。そう思ったら、薬剤師辞めてもOK!

薬剤師免許を取ったからといって、薬剤師として働く義務はありません。

薬剤師をいったん辞めたって大丈夫。やりたくなったらまたやれば良いのですから。

ただ後悔しないように、辞める前には冷静によく考えましょう。

これって五月病?

なんか体がだるい。仕事に行きたくない。

体調を崩した時にはゆっくり休みましょう。

まだ元気なら、今のうちに予防をしておくことが大切です。

薬剤師の職場(薬局・病院)の人間関係の悩み

職場の人間関係の悩み。

これは薬剤師の悩みの中でも最も多いものです。薬剤師が転職する理由の第一位も人間関係の悩みによるものです。

薬局は少人数の薬剤師と事務で構成されていることが多いため、人間関係の問題が発生しやすいと言えます。スタッフ全員が仲良く仕事をしてくれればものすごい力を発揮しますが、一人でも合わない人が出てくると途端にチームの力が落ちてしまいます。

新人の配属や中途採用、人事異動などで変な人(薬剤師・事務)をたった1人入れるだけでチームワークを簡単に崩壊させることができます。

そのくらい薬局スタッフの人間関係は重要なものなのです。

同僚は薬剤師だけではありません。事務から受けるストレスもあります。事務の方がなぜかいろいろ仕切っていることもあるでしょう。これでは誰が管理薬剤師かわかりませんね。

薬局の人間関係が悪化しやすい原因はこれです。

上司(管理薬剤師と合わない)

配属された薬局の責任者(管理薬剤師)と合わなくて毎日が辛い。

自分の上司を選ぶことはできませんから、嫌な上司ともなんとかうまくやっていかなくてはいけません。

それ自体がもうストレスです。

上司からセクハラ・パワハラを受けている薬剤師はこちら。

pharma

上司を選ぶことができないのは本当に辛いですよね。

残念ながら、管理薬剤師の内面を変えることなど不可能です。こちらが対処法を考えてうまく付き合っていくしかありません。

上司(管理薬剤師)が無能、無責任

管理薬剤師はいつも責任逃れをする、仕事を押し付けてきて自分は暇そうにしている。

上司なのに仕事ができない、上司からの指示があいまい、すぐ怒るなど。

そんな、管理薬剤師に対する不満の解決策です。

パワハラを受けている(自分だけすぐ怒られる)

同僚や先輩、上司からセクハラやパワハラを受けている。こんな時の対処法があります。

パワハラの対処法はありますが、そんな薬局で頑張り続ける意味なんてありません。その職場から早く離れることをおすすめします。

薬局内でいじめ・嫌がらせ行為を受けている

そんなおかしな薬局からはすぐに離れるべきです。あなたは全く悪くありません。悪いのはいじめをしている方です。

薬局内にいるお局様からの嫌がらせにも対処法があります。

仕事ができない薬剤師がいる

薬局内に仕事ができないダメな薬剤師がいるとイライラしますよね。そのせいであなたの仕事が増えてしまうこともあるのではないでしょうか。

そんな仕事ができない薬剤師の対処法があります。

仕事の覚えが悪すぎる新卒薬剤師の対策はこちらをどうぞ。

希望の日に休みが取れない

希望の日に休みが取れないのは辛いですね。プライベートを充実させたいですよね。

年間休日が120日以上の薬局も、土日連休の薬局もあります。


週休3日の薬局もありますよ。

地域支援体制加算を算定していても年末年始だってお盆だって休めます。

育児に理解がない

時短勤務の薬剤師に対して厳しい職場ありますよね。

薬剤師の仕事内容に関する不満・悩み

薬剤師の仕事は常に気を張っていないといけませんからものすごく疲れます。間違いが許されませんから常に神経を使いますね。

限られた時間の中で処方せんや薬歴から情報を読み取り、調剤や服薬指導、薬学管理を行わなくてはいけません。

処方せん通りに薬を集めるだけでなく、処方せん自体が間違っていないか、併用薬は?疾患は?検査値は?腎機能は?肝機能は?などなど様々なことを考える必要があります。

常に集中して神経を使いますので疲れるのは当然と言えば当然です。それなのに薬局内で人間関係などの問題が勃発していると余計に疲れてしまい最悪の環境です。

また。忙しすぎる状況もストレスがかかる原因です。

処方せん枚数や処方内容にも左右されますが、混雑して待合室が患者さんでいっぱいになるなど、自分のペースで仕事ができない時はストレスが溜まりやすい状況と言えます。

投薬ばかりさせられている

投薬ができない薬剤師ははっきり言って不要です。

仕事をしない、できない同僚の薬剤師にイライラ。仕事量が私と明らかに違う。面倒な処方や患者が来るとすぐ逃げて行く・・・。

こんな薬剤師いますよね。同じ給料をもらっているのに自分の方が明らかに多く仕事をさせられている・・・

イライラでストレスが溜まります。

ノルマが厳しい

調剤薬局やドラッグストアの薬剤師にもノルマがありますね。

クレーム対応

薬局で最も多いクレームといえば「待ち時間」に対するクレームです。

薬剤師がいくら頑張って調剤しても待ち時間が長いと文句を言われたり、説明はいいから薬だけ早くよこせと言われたりと薬剤師に対してクレームが入ることは少なくありません。大きなストレスを感じますね。

他にも、薬が入っていないもしくは足りないといったクレームが入ることもあります。
こちらが悪い場合は別ですが、こちらに全く落ち度のない理不尽なクレームの対応はさらにストレスが溜まりますね。

薬剤師の待遇に関する不満・悩み

待遇の悪さもストレスの大きな原因となります。仕事量のわりに給料が少ない、がんばりが評価されない、希望の日に休みが取れない、給料が安い、全然昇給しない、残業が多すぎて毎日帰るのが遅い。

休みは取りやすいと聞いていたのに全然休めない。

これでは仕事を頑張ろうという気が無くなってしまいます。

そんなあなたの不満を解決します。

給料が安い

大学の同期よりも給料がかなり安い。最初は高いと思っていたがなかなか昇給しない。

あんなに苦労して取った薬剤師免許。6年分の学費も結構かかっているのだから、もうちょっと給料がもらえても良いのにと思いますよね。


ボーナスが安い

ボーナスに期待していたのに、たったこれだけ?

思っていたよりも全然安い。企業に勤めている友達はもっとたくさんボーナスが出ているのに。

休みが取れない

薬局が忙しすぎて休みが取れない。薬剤師を増やして欲しいのに全然増やしてくれない。こんな時にやるべきことはこちらです。

残業時間・拘束時間の長さに対する不満・悩み

勤務時間と拘束時間が長すぎる。昼休みだって呼ばれて仕事をすることもあるし。

残業時間、労働時間が多いと精神的にも肉体的にも疲れます。一時的なものであれば乗り切れますが長期にわたって残業時間・労働時間が多い状態が続くと体が持ちませんね。

薬歴記入のための残業がほとんどでしょうか。薬歴を速く書くコツがあります。

異動を強要されている

異動するように命じられたけど、あの店舗には行きたくない。断ってもよいのでしょうか。

異動を断っても平気です。

管理薬剤師をやってくれと頼まれているがやりたくない

管理薬剤師をやってくれと頼まれたのですが、あまりやりたくないのです。断れますか?

別に昇進を断ったって平気です。

今の職場を辞められなくて困っている

転職しようと思っているのですが、今の職場を辞められなくて困っています。

どうやったら辞められるのでしょうか?

簡単に退職できる方法があります。

人事評価に対する不満・悩み

目標設定っていったいどうすれば良いの?

忙しすぎて日々の仕事で手一杯。目標のことなんてできない。

人事評価が不公平。

なんで私より仕事をしていない人の方が給料高いの?

そんな不満を解決します。

目標設定をどうしたらよいかわからない

薬剤師の目標設定で意識すべき8つのことをまとめました。目標設定の例も書いてあります。

良い評価を取るには何をすればよいの

薬剤師が良い人事評価を得るにはコツがあります。


人事制度が変わることに対する不満

他社と合併したせいで人事制度が変わってしまいました。

結果的に給料が上がりにくくなるみたいです。

人事制度の変更の目的は人件費削減です。


管理者ならではの悩み

一般職の薬剤師にはあまり関係のないものですが、管理薬剤師となるとさらに別のストレス要因が加わってきます。

  • 部下の仕事ぶりが悪い
  • 部下が辞めると言い出す
  • シフトの作成で揉める
  • 部下同士の仲が悪い
  • ノルマ(売上、受付回数、利益など)

薬の管理よりも人の管理の方が大変。というか人の管理なんてできないと思った方が良いでしょう。

女性は感情、男性は理屈で動くといわれていますが、薬剤師に関してはそう簡単にはいきません。

忙しい時に限ってなぜそれをやらせる・・・管理薬剤師の不満やストレスは最高潮に。

薬剤師が持ちがちな様々な不満や悩みの記事をまとめました。

ほとんどの不満や悩みは異動や転職で解決可能。悩み過ぎずに今の薬局から適切な距離を取ることも大切です。

転職しない方がいいのか、転職した方がいいのかの答えはこちらで。

 調剤薬局への転職に強い転職サイト・転職エージェント4選

  • マイナビ薬剤師|20代から40代の正社員薬剤師の転職に強い転職サイト。派遣薬剤師でなければまずはここに登録しましょう。
  • ファルマスタッフ|日本調剤のグループ会社。転職支援20年以上の実績あり。派遣やパートの求人も豊富に持っているので女性薬剤師にもおすすめです。
  • アポプラス薬剤師|クオール薬局グループが運営。出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ。
  • 薬キャリ|エムスリーグループが運営している薬剤師転職サイト。登録者数No.1 オールマイティに強い。

ストレス解消法

とにかく怒らない(イライラしない)こと。

怒らないと決める事です。

嫌な相手のことを嫌と思えば思うほど気になってしまいますので視野に入れないことが一番です。
そして嫌な相手が自分の理想通りに変わってくれるなどと思わない事。

相手を変える事なんて絶対にできません。

でも自分を変えることはすぐにできます。

怒る(イライラする)かどうかを決めているのは嫌な相手ではなく自分自身です。

嫌な人に対して怒る(イライラする)ということはその人の影響下にあなた自身が置かれている(自分で置いている)ということ。

そんなことで良いですか?
自分が怒らないと決めれば相手がどんな行動を取ろうと関係ありませんね。

嫌な人のことでイライラしていても何の解決にもなりません。

もう嫌な人の事を考えてイライラするのをやめてもっとプラスになることで脳内を満たしましょう。

そんなくらいじゃストレス解消しないというあなた。

その場所から逃げることも必要です。

体を壊してまでその薬局で働く必要なんてあるのでしょうか?

もう、我慢しなくてよいのではないですか?

 逃げるときは冷静に


もう薬剤師として働きたくないと思ったらこちらをどうぞ。