キャリアパス(career pass)とは何か。キャリアプランとの違いは?

キャリアパスとは社内での昇進や昇格のモデルケースのこと。昇進や昇格に必要な能力を本部・本社で作成し、キャリアアップの道筋を提示している場合が多いです。

それに対し、キャリアプランとは人生の道筋の事を一般的には呼びます。

多様な人材を確保したい薬局は薬剤師のキャリアパスを複数用意しています。

というよりは、薬剤師のキャリアパスが豊富な薬局に薬剤師が集まっていると言った方が良いかもしれません。

キャリアパスが多い方が魅力的なのは言うまでもありませんね。

あなたが勤める薬局にはどのようなキャリアパスがあるでしょうか?

薬局薬剤師のキャリアパスの例

一般薬剤師で入社後、数年の経験を経て小規模薬局の管理薬剤師。その後、中規模薬局、大規模薬局の管理薬剤師へ。

新規開局を任されるなどの経験を積み、その地域を統括するブロック長(エリアマネージャー)の様な職に。もっと偉くなりたい人はその上の役員クラスへ。

一般薬剤師→管理薬剤師(薬局長)までは一般的。多くの小規模薬局チェーンではせいぜいここまでです。個人薬局では管理薬剤師にすらなれないでしょう。

大手調剤薬局チェーンの多くにはその先の様々なキャリアパスがあります。

現場からの昇進

一般薬剤師→管理薬剤師(薬局長)→エリア長(ブロック長)→本社勤務(部長職)→取締役→社長

薬局の薬剤師で良くある昇進の流れです。どこまで昇進できるかは本人の能力やポストの空き具合、運によるところが大きいです。

本社(本部)勤務

人事部(教育担当)

社内研修や社内テキスト・マニュアルの作成など薬剤師や事務スタッフの教育全般を行います。

人事部(採用)

薬科大学での会社説明会、中途入社薬剤師の面接など薬剤師の採用活動を行います。

新規事業開拓

保険調剤だけではこの先やっていけないという可能性も。新規事業開拓で会社の柱を作ります。

在宅専任薬剤師

在宅に特化した薬局に異動して在宅専任薬剤師として活躍します。

新規開局案件開拓(営業)

開業医や病院の医師を訪問し、開局案件を開拓していきます。

開発部門

店舗開発、レセコン・調剤機器開発、OTCやサプリメントの研究・開発などを行います。

治験担当薬剤師、専門薬剤師制度がある薬局もあります。

このように様々なキャリアパスがある薬局に勤めていると、自分の意外な能力が見つかる可能性もあります。

キャリアデザインは可能?

いま勤務している薬局にはキャリアパスがたくさんありますか?

この先自分が成長して社会に貢献できる薬剤師となれる環境でしょうか?

やっぱり働く環境は大事。

自分の力だけではどうしようもないこと、変えられない事もあります。

この先ずっとこの薬局に勤務していくのか。

薬剤師としてもっと成長したいが、このままこの薬局にいて良いものか。

昇進したいと思っていてもなかなか機会がない。ポストも無さそうだし。

昇進を勧められているが、私はしたくない・・・。

結婚して出産したら今のままでは忙しくて無理・・・。辞めるしかないのだろうか?


在宅に取り組みたい。けどそんなことうちの薬局ではやっていないし・・。

給料がさっぱり上がらない。他の薬局はどうなの?

休みが全然取れない。有給休暇なんてもってのほか。


などなど。

いろいろな悩みがあると思います。

キャリアパスが一種類のみでは薬剤師の多様なニーズに合っているとは言えませんね。

でも、様々なキャリアパスがあったらどうでしょうか?

悩みが少し解決されませんか?

ファルマスタッフに登録するとキャリアコンサルタントサービスが無料で受けられます。

正社員→正社員の転職、正社員→パート薬剤師、正社員→派遣薬剤師など相談により自分のキャリアプランが立てやすくなったという声が寄せられています。

パート薬剤師で働こうと思っていたが派遣の方が得だということが分かったという声もあります。


自分の力だけではどうしようもないこと、変えられない事もあります。 そんなときは思い切って働く環境を変えてみるのもよいかもしれません。

人と話すことで自分の悩みが解消され、キャリアアップの方向性が見いだせることがあります。

自分の可能性をしぼめていてはいけませんよ。

ファルマスタッフに登録してキャリアコンサルタントサービスを無料で受ける

フォーム内の「その他希望条件など」欄に「キャリアコンサルティング希望」とご記入をお願いいたします。

まだこの先薬剤師としてどうなりたいか見えていない薬剤師は、キャリアパスが複数用意されている薬局を選びましょう。

是非とも良い環境の薬局に勤務し、自分の力を存分に発揮してください。

⇒転職前の確認ポイント6.在宅に積極的に取り組んでいる薬局かどうか

←4.薬局のコンプライアンスが守られ、CSRの取り組みが行われているか

転職前にチェックすべき10年後も働ける薬局かどうかを見極める7つのポイント

  1. 調剤薬局の社長は何を考えているか(薬局の方向性)
  2. 薬局数が増加しているかどうか
  3. 新卒薬剤師の採用を積極的に行っているかどうか
  4. コンプライアンスがしっかりしているか
  5. 薬剤師のキャリアパスが複数用意されているか⇐今ここ
  6. 在宅に取り組んでいるかどうか
  7. 社員教育に力を入れているかどうか

当サイト推奨の薬剤師転職支援サイト

チェックポイントを満たす薬局を本気で探すなら薬剤師転職支援サイトの力を借りるのが最も近道です。

登録から転職まで完全無料!簡単60秒で登録完了! 最短即日求人紹介!

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア
☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪
薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」
薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ