個人薬局へ転職するメリットとデメリットとは?【絶対に勧めない】
q

個人薬局へ転職しようと考えている薬剤師

個人薬局の見学に行ったら、社長自らものすごく熱く誘ってくれました。

個人薬局に転職してもデメリットは無いですよね?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト・転職エージェント徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
個人薬局への転職はおすすめしません。

今後、個人薬局の経営は成り立たなくなるリスクが大きいからです。

個人薬局とは、個人で経営している薬局のこと。いわゆる夫婦で経営しているパパママ薬局のことです。


個人薬局は、数店舗程度の小規模な運営で、薬剤師の社長自らも調剤業務に従事しているという特徴があります。


また、社長の奥様など、家族も薬剤師や事務員として働いていることもあります。


個人薬局であっても有限会社や株式会社を名乗っていますので、会社名から判断するのは難しいかもしれません。

これから転職するなら、その薬局は何店舗展開しているのかをよく確認してください。

そして、数店舗程度の個人薬局に転職するのはやめておきましょう。

個人薬局へ転職するメリット

個人薬局へ転職するメリット
最近では300店舗以上展開している薬局の調剤基本料が下げられるなど、大手に厳しい改定が続いています。

だったら個人薬局の方が良いのではと思う方もいるでしょう。

確かに個人薬局へ転職するメリットも無いわけではありません。

 個人薬局へ転職するメリット

  • チェーン薬局よりも給料が高め
  • 転勤や異動が無いからずっと同じ薬局で働ける
  • 調剤基本料1が算定できる

チェーン薬局よりも給料が高め

チェーン薬局に比べると個人薬局の薬剤師の方が年収が高い傾向にあります。

その理由は、『そうしないと薬剤師を採用できないから』。


薬局が儲かっているからではありません。

年収が高いなら個人薬局の方が良いと考える方もいると思いますが、今後もその給料をもらい続けられるかどうかは微妙です。

転勤や異動が無いからずっと同じ薬局で働ける

個人薬局の店舗数は1~数店舗展開というところが多いです。


店舗数が1つなら転勤や異動はありません。

また店舗が複数あったとしても、遠く離れたところに出店することはほとんどありませんので転居を伴う転勤の心配がありません。


ずっと同じ薬局で働き続けることができます。

但し、どこかの薬局に買収されたら異動の可能性ももちろん出てきます。

調剤基本料1が算定できる

グループ薬局300以上のチェーン薬局は調剤基本料1を算定できなくなりました。

これは大手調剤薬局潰しととらえる方もいますが、実際は違います。

国は薬局数を減らす方向へ舵を切っているのです。

そのため次は大手以外の薬局にも厳しい改定となるはずです。

個人薬局へ転職するデメリット

個人薬局へ転職するデメリット
個人薬局へ転職するデメリットについても紹介していきましょう。

これは、現在個人薬局で働いている薬剤師の方のデメリットでもあります。

 個人薬局へ転職するデメリット

  • 将来のポストが少ない
  • 会社の将来性がない(少ない)
  • 薬局数が少ないと経営難に陥りやすい
  • 十分な設備投資がされない
  • 就業規則はあって無いようなもの
  • 知名度や魅力が乏しいと薬剤師が充分に採用できない
  • 社長と一緒に働く
  • もしくは社長の奥さんと一緒に働く
  • 薬局(職場)の人間関係が良くなかった場合、逃げ場が無い
  • 小さい会社で働いていると信用が得られない
  • 産休・育休がない
  • 短時間勤務制度がない
  • 退職金制度がない
  • 福利厚生がない
  • どこかの薬局に買収される

個人薬局への転職だと将来のポストが少ないので昇進は難しい

薬局数が少ないと当然管理薬剤師やその他の役職も少なく、昇進の機会がほとんどなくなってしまいます。


ずっと一般薬剤師のままでいることにもなりかねません。


スキルアップには厳しい環境です。

個人薬局には将来性がほぼ無い

新規開局などの案件も大手チェーン薬局に比べれば取りにくい状況です。事業規模の拡大が見込みにくいです。


また、個人薬局の社長が高齢であれば誰が跡を継ぐかという問題が出てきます。結局は他社へ身売りもしくは合併という形で別の会社の傘下になることでしょう。

経営している薬局数が少ないと経営難に陥りやすい

例えば門前医療機関の先生が高齢で後継ぎがなく閉院してしまった場合、その薬局の経営は一気に悪化します。


大手チェーン薬局のように薬局数が多ければそのうちの1薬局がうまく行かなくなっても影響は小さく済みますが、個人薬局ではそうは行きません。


リスクが分散されていませんから一気に会社存続の危機に陥ります。

個人薬局だと十分な設備投資がされない

調剤機器やレセコンなどの高額備品は故障や機能追加のために、数年毎に定期的に更新していく必要があります。


利益を十分に上げられない薬局は充分な設備投資ができないため調剤室の環境整備も遅れがちに。


その負担はそこで働く薬剤師にのしかかってきます。

個人薬局だと就業規則なんて有って無いようなもの

社長の一声で決まるようなシステムとなっていますから就業規則なんて形骸化しています。


賃金だってどのように計算されているかわかりません。


残業が付かないことだってあり得ます。


pharma

私は個人薬局にいた時は毎日サービス残業でした。

個人薬局だと薬剤師の採用が難しい

薬剤師不足はだいぶ解消されてきましたが、大手調剤薬局チェーンに比べれば個人薬局の薬剤師採用はまだまだ難しいものがあります。だからこそ高い給与を提示して採用活動をしているのです。


魅力を付けられるとすれば給料だけということでしょう。


薬剤師の採用がうまくいかない限り、薬剤師不足の状態での業務が続きます。


この負担もやはり現場で働く薬剤師にかかってきます。

薬局数が少ないと、他薬局からの支援(ヘルプ)も期待できませんね。

個人薬局だと薬剤師社長と一緒に働かなくてはならない

尊敬できるような素晴らしい薬剤師の社長さんなら問題ありません。


が、そうではなかった場合・・・社長と同じ薬局でずっと働くというのは大変なストレスです。

pharma

私は個人薬局での勤務時代、社長から業務とは関係ない仕事(社長の家のこと)を頼まれました。もちろん無給で。

薬剤師社長の奥さんと一緒に働くほどの苦痛はない

薬剤師は薬剤師と結婚しやすいという統計があります。

社長が薬剤師であればその奥様も薬剤師である可能性が高い(約3割)ですね。

社長の奥様が薬剤師だったら、社長だけでなくその奥様とも一緒に働くことになるでしょう。


社長(薬剤師)と社長夫人(薬剤師)と共に働くことを想像できるでしょうか。

仮にもう1薬局経営していたとしても管理薬剤師は社長夫人でしょう。この人も尊敬できるような人であれば良いのですが、そうではなかった場合・・・。部下であるあなたが社長夫人に意見するのはまず無理ですよね。

pharma

冗談の様ですが個人薬局への就職転職にはこういうことだって起こりえます。体験談です。

個人薬局の人間関係が良くなかった場合、逃げ場が無い(転職しかない)

個人薬局で働いていて人間関係が良くなかった場合、もう逃げ場がありません。

同期もいないし、上司は社長の奥さんもしくは社長です。考えただけでも恐ろしいですね。

個人薬局からはそう簡単に辞められない

個人薬局は基本的に薬剤師不足。


人間関係の悪化や給料への不満、職場環境への不満があって辞めたいと思ったとしても、あの手この手で引き留め工作にかかってくるでしょう。


社長や社長夫人と2対1での面談を想像してみて下さい。


あなたは耐えられますか?

個人薬局で働いていると信用が得られない

薬局やその親会社が東証プライム上場企業だと、そこで働く薬剤師には「信用」が付きます。


会社の規模が小さい個人薬局では信用が付きません。


この信用、薬剤師だとあまり気にしたことが無いかもしれませんが、世間一般では結構重要です。


勤務している会社の規模により、住宅ローンを借りるときの金利に差が付きます。

産休・育休がない


産休や育休は会社の制度ではありませんが、取れると思っていたら取れなかったということが実際にあります。

短時間勤務制度がない

退職金制度がない

退職金制度自体が無い個人薬局もありますので注意しましょう。


福利厚生がない

福利厚生はあって無いようなもの。あっても使わせてくれるかどうかは社長次第です。

どこかの薬局に買収される

買収してくれる薬局があればまだ良いですが、なければ廃業です。


このように、個人薬局へ転職することのデメリットの方がたくさんあります。

個人薬局への転職を勧めない理由

医療費削減のために調剤報酬がどんどん減らされている昨今。今までと同じ仕事をしているだけではどんどんと薬局の収入は下がっていきます。薬局の収入が下がれば会社の利益も減る方向になるのは当然のことです。

個人でやっている薬局(チェーンではなく、2~3薬局を経営する小規模薬局)の経営は厳しくなっていることが多いのではないかと思います。M&Aや譲渡などでチェーン薬局傘下に入るところも少なくありません。

個人薬局でも、例えば立地が格段に良かったり、門前医療機関との関係が良好で経営がうまく行っているところももちろんありますが、個人薬局への転職には十分に注意が必要です

個人薬局は給料が高めに設定されているとはいえ、将来にわたってその給料がもらえるとはかぎりません。

個人薬局への転職はリスクが大きすぎます。


個人薬局でも良いところはもちろん多いのですが、ひどいところも多いです。良い~ひどいの幅が広いです。社長の色が強く出るからでしょう。


薬局チェーンであれば、マニュアルや設備、ルールがある程度一定に整備されていますし、研修も一律で行いますから質が一定です。


チェーン薬局への転職のリスクは小さいと言えるでしょう。


もちろん、薬局の責任者やスタッフによって差が出ますが、個人薬局ほどの大きな差はありません。人事異動もありますからね。

店舗数の多い大手チェーン薬局やドラッグストアの薬剤師求人を探す方法

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師なら、「店舗数30以上」の条件で薬剤師求人を検索できます。

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

ファルマスタッフ
ファルマスタッフ なら「大手チェーン」の条件で、薬剤師求人を検索できます。

\ファルマスタッフへの登録はこちら/


アポプラス薬剤師では「大手チェーンや店舗数」の条件での薬剤師求人検索はできません。登録をした後に希望を伝えましょう。

\アポプラス薬剤師の登録はこちら/

薬キャリ
薬キャリ も「大手チェーンや店舗数」の条件での薬剤師求人検索はできません。登録をした後に希望を伝えましょう。

\薬キャリエージェントへの登録はこちら/

薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ
薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ は、「大手企業」の条件で薬剤師求人を検索することが可能です。

\お仕事ラボへの登録はこちらから/

個人薬局関連の記事一覧です。





 希望条件別薬剤師求人の探し方