「人間関係」タグの記事一覧

薬剤師の転職はメリット・デメリットと不満解決の可能性を十分比較

おすすめ記事 不満とその解消法 円満退職の方法 薬剤師転職サイト 調剤薬局M&A 転職しないで年収アップ 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師の転職メリットとデメリット。転職でその不満本当に解決する?薬剤師の転職はメリット・デメリットと不満解決の可能性を十分比較してから決めましょう。このページには薬剤師が職場で不満をもち、転職を考えるようになってから、転職をするべきかどうかの判断方法、転職をする際の流れについて記載してあります。

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。

かかりつけ薬剤師 不満とその解消法

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。どうしたらよいでしょうか?少人数のスタッフで働くことが多く、人間関係による不満は薬剤師の退職理由として少なくありません。まずは異動を願い出る、対応してくれなければ転職を検討するという流れが理想でしょう。

薬剤師の転職と住宅ローンについて

薬局の規模

転職しようとしている薬剤師のあなた。将来の住宅ローンの事を考えたことがありますか?薬剤師が転職先の薬局を決めるときに考慮する条件項目ベスト7。転職するときに住宅ローンの審査の心配をする人はあまりいないでしょう。でもこれから一戸建てやマンションの購入を予定している人は注意が必要です。住宅ローンの審査項目には、借り入れ時の年齢や完済時の年齢、健康状態の他にも勤続年数、年収、勤務先の規模などがあります。勤続年数、年収、勤務先の規模は転職によって大きく変動する項目です。勤続年数が短かったり、勤務先の規模があまりにも小さいと借りられる額が同じ年収の人と比べて少なくなることもあります。また、個人経営の薬局で展開している薬局数が少ないと何かあった時に解雇の可能性が高まります。⇒個人薬局に転職した薬剤師Aさんの悲惨な話。目先の年収アップで転職先の薬局を決めずにさまざまな視点から薬局を選びましょう。

小規模個人薬局への転職は?チェーン薬局より給料高くて良さそうですが。

小規模(個人)薬局

個人薬局への転職は?チェーン薬局より給料高くて良さそうですが。個人薬局への転職を勧めない8つの理由。医療費削減のために調剤報酬がどんどん減らされている昨今。今までと同じ仕事をしているだけではどんどんと薬局の収入は下がっていきます。個人薬局でも、例えば立地が格段に良かったり、門前医療機関との関係が良好で経営がうまく行っているところももちろんありますが、個人薬局への転職には注意が必要です。個人薬局への転職を勧めない8つの理由①将来のポストが少ない②会社の将来性がない(少ない)③薬局数が少ないと経営難に陥りやすい④十分な設備投資がされない⑤人手不足になった時採用が難しい⑥社長と一緒に働く⑦もしくは社長の奥さんと一緒に働く⑧人間関係が良くなかった場合、逃げ場が無い。実際には、大手チェーンよりもすばらしい個人薬局はたくさんあります。自分ひとりで転職活動を始めてしまうと、その薬局の事を良く分からないまま入社を決めてしまい、絶対に後悔します。良いチェーン調剤薬局を見つけるのと、良い個人薬局を見つけるのとでは、後者の方が断然難しい。調剤薬局への転職を失敗しないためにも、無料の転職支援サイトを有効に活用しましょう。

薬局を辞める前に上司や同僚、同期の薬剤師にまずは相談を

不満とその解消法 転職

現在勤めている薬局に不満があり、転職を考えている薬剤師へ。仕事をやめようと考える前にまずは周りの人に相談を。上司に言いづらければ同僚や同期の仲間に。同じ会社でも薬局によって人間関係も違えば雰囲気も全く違うことだってあります。せっかく入社して仲間もできたのに、今いる薬局だけを見て嫌になって辞めてしまうのは大変もったいない。会社を辞めることはいろいろな面で損失となる場合があります。転職をすると多くの場合生涯賃金が低くなります。(よほど良い給与体系の薬局に転職できれば取り戻せますが。)転職ではなく、社内異動ならそのような損失は少なくとも回避できます。薬剤師のための転職ガイドと言っておきながら転職を薦めない内容となってしまいましたが、それだけ転職というものにはパワーを消費します。私も2回調剤薬局→調剤薬局の転職をしましたが、どちらも大変でした。今勤めている薬局はいい会社なので辞めるつもりはありません。転職したからこそ良い会社に入れたということかもしれませんが、軽い気持ちで転職するのはあまりおススメできません。いまの薬局が嫌で嫌で仕方が無いと考えている薬剤師さん。転職せずにすむ方法をまずは考えてみることから始めてみてはいかがでしょうか?