日本調剤を辞めたい・転職したい薬剤師向け【パワハラ・人間関係】
jimu1 bad

日本調剤薬局を辞めたい薬剤師

日調で働いているのですが、辞めたいと考えています。

別の薬局への転職は可能でしょうか?

pharma

日本調剤を辞めたいという事は、大型店舗で相当忙しく働いているのではないでしょうか?

日本調剤で頑張って働いてきたあなたなら、どこの薬局でもやっていけるはずです。

あなたが今辞めたいと思っているのなら、もう悩まずに一歩踏み出してみましょう。

辞めたいけど、忙しいし迷惑がかかるから辞められないと思っていませんか?

実は、決してそのような事はなく、退職は可能です。

なぜなら、社員には辞める権利があるから。

薬剤師が不足しているとか、シフトが組めなくなってしまうとか、新人が育っていないと言われていてもあなたは退職できます。

本記事の内容
この記事では次のことがわかります。

≫日本調剤の調剤事務を辞めたい
≫日本調剤の人間関係で悩んでいる
≫日本調剤でパワハラを受けている
≫日本調剤で内部告発を考えている
≫日本調剤でボーナスカット・年収ダウン

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
日本調剤を辞めたい、転職したいと思ったらその時が辞め時です。

日本調剤で頑張ってきたあなたなら、他の薬局でも通用するはず。

環境を変えて新たな気持ちで頑張ってみましょう。

日本調剤を今すぐかんたんに辞める方法

日本調剤を辞めたい・退職したい方はこちらを参考にしてください。

≫日本調剤を辞める方法(退職の切り出し方)

≫日本調剤をなかなか辞めさせてくれないときの対処法

本当に今すぐ日本調剤を辞めたい、辞めさせてくれないときには退職代行サービスの利用も検討しましょう。驚くほどかんたんに退職できます。

≫薬剤師が退職代行サービスを使ってみたら

≫薬剤師にオススメの退職代行サービス13選

日本調剤から転職をする手順(流れ)

日本調剤を辞めて転職をするまでの流れを確認しておきましょう。

転職の流れをおおまかに説明すると以下のような手順となります。

転職の流れ

  1. 薬剤師転職サイトへ登録する
  2. 登録した薬剤師転職サイトの担当者からの連絡を待つ
  3. 担当者との面談
  4. 求人の紹介
  5. 職場見学をする
  6. 応募する
  7. 面接を受ける
  8. 内定をもらう
  9. 退職交渉をする
  10. 引き継ぎ・片付け
  11. 転職先に初出勤

転職の流れについてはこちらの記事にまとめてあります。

【日本調剤を辞めたい薬剤師にオススメの転職サイト】

本当にオススメできる薬剤師転職サイトランキング

≫マイナビ薬剤師の詳細
≫ファルマスタッフの詳細
≫アポプラス薬剤師の詳細
≫薬キャリエージェントの詳細

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。
≫複数の薬剤師転職サイトに登録するのは今では常識

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

≫薬剤師が転職で後悔しないための8つの注意点

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

好条件の求人を逃さないためにも登録は本日中に!

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

pharma

どの薬剤師転職サイトに登録したら良いのか迷ったらマイナビ薬剤師ファルマスタッフの2つに登録してください。これであなたは転職に成功できます。

事実、日本調剤から転職している薬剤師は結構多いです。

新卒で入社して定年まで勤務する薬剤師はごくわずか。

実は、薬剤師にとって1つの会社しか知らないことはリスクであることを知っていますか?

日本調剤のパワハラでお悩みの薬剤師はこちらを参考にしてください。

日本調剤の人間関係がしんどい・つらい薬剤師はこちらをどうぞ。

会社の不正がらみで内部告発しようかお悩みの薬剤師はこちらが参考になります。

辞めたいけど辞める決心がつかない、転職まではまだ考えていないという方もいるでしょう。

そんな方は、もし転職をしたらどのような条件で働けるのかを知っておきましょう。薬剤師転職サイトに登録すればすぐに教えてくれます。

≫辞めたいと思ったら今すぐ転職活動をスタートしたほうがよい理由

辞めたいと思い悩みながら仕事を続けるのは辛いものです。まずは他社の条件を聞いて、転職するかどうかの選択肢を増やしておくのがオススメです。

薬剤師が転職を成功させるためには、薬剤師転職サイトに登録し、希望の転職時期を『なるべく早く』にしておくこと。

これで担当者の本気度が変わります。

転職希望時期が早ければ早い程、好条件の求人はあなた優先で紹介されます。

≫薬剤師の転職成功の極意

pharma

転職をすると人生が変わります!

≫さぁ、一歩踏み出してみましょう!人生が好転します。

あなたは転職をして今よりも幸せになりたいですか?

当サイトで最もオススメしている薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人最多級/

\薬局見学にも同行可能!/

※どちらも登録から転職まで完全無料&プライバシーマーク取得で個人情報保護も万全です。

まずはこの2社に登録して転職活動をスタートさせましょう。ほぼすべての求人にアクセスできるので、好条件の求人を見落す心配はありません。

≫マイナビ薬剤師の詳細
≫ファルマスタッフの詳細

複数の薬剤師転職サイトに登録して転職活動をするのは常識となりました。
≫なぜあなたは複数の薬剤師転職サイトに登録しないのか

≫複数の薬剤師転職サイトに登録するのは常識に

≫なぜあの薬剤師の年収はたった3か月で100万円もアップしたのか?

q

日本調剤への転職を考えている薬剤師

日本調剤に転職しようと考えているのですがどうでしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 日本調剤の特徴
  • 日本調剤に転職するデメリット
  • 日本調剤に転職するメリット

大手調剤薬局チェーンの日本調剤への転職を考えている薬剤師向けに特徴をまとめました。

結論
全国どこへでも異動可能で、外来がん治療認定薬剤師、外来がん治療専門薬剤師なら給与がアップするのでおすすめです。

日本調剤の特徴(日本調剤に転職したい薬剤師向け)

日本調剤の特徴(日本調剤に転職したい薬剤師向け)

日本調剤を運営している日本調剤株式会社(NIHON CHOUZAI Co.,Ltd.)の本社は東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー37階

店舗数:714(2022年7月1日時点)

従業員数:6,347名(2022年3月期・連結/パート含む)

売上高:2,993億円(2022年3月期:連結)
 

日本調剤は、東証プライム上場の調剤薬局チェーンの大手。

大型門前薬局が多く、すべての都道府県に店舗あり。

日本保険薬局協会(NPhA)を退会し、日本保険薬局政治連盟からも脱退。

地域の薬剤師会にも入らず、完全な独自路線を歩んでいます。

グループ会社には「JG」の日本ジェネリック、長生堂製薬株式会社、株式会社メディカルリソースなど。

株式会社メディカルリソースは医療従事者派遣紹介事業を行っていて、ファルマスタッフを運営しています。

 

 
 

日本調剤の新卒薬剤師基本給

エリア勤務コース:250,000円
・資格手当(薬剤師):35,000円
・地域手当:20,000円 ※配属地による。最大80,000円。
 →地域手当の支給幅を考慮した初任給:250,000円~310,000円

全国勤務コース:270,000円
・資格手当(薬剤師):35,000円
・全国勤務手当:20,000円
・地域手当:20,000円 ※配属地による。最大80,000円。
 →地域手当の支給幅を考慮した初任給:270,000円~330,000円

奨学金返済サポートコース:250,000円
・資格手当(薬剤師):35,000円
・地域手当:20,000円 ※配属地による。最大80,000円。
 →地域手当の支給幅を考慮した初任給:250,000円~310,000円
※別途、奨学金借入金額を36分割した金額を返済手当として最大月70,000円を支給。
 
 

pharma

転勤可能な全国勤務コースは手当が上乗せされています。日調に限らず、薬剤師の偏在解消の目的で他社でも導入している仕組みです。


 
 

日本調剤の中途採用薬剤師給与

  • 全国勤務:月給250,000円〜500,000円(各種手当含む)
  • エリア勤務:月給250,000円〜500,000円(各種手当含む)
  • 外来がん治療専門薬剤師:月給300,000円〜550,000円(各種手当含む)
  • 緩和薬物療法認定薬剤師:月給300,000円〜550,000円(各種手当含む)
  • 在宅医療専任薬剤師:月給250,000円〜500,000円(各種手当含む)
  • 病院勤務(派遣)薬剤師:月給250,000円〜500,000円(各種手当含む)

 ※いずれも経験を考慮し当社規定によるとされています。
 

pharma

大学病院の門前に多く出店していることから、特別な資格を保有している薬剤師には手当が給与に上乗せされます。


 

 

諸手当

通勤手当(全額支給)、家族手当、住宅手当、資格手当、外部認定専門薬剤師手当、地域手当、時間外手当、管理薬剤師手当、休日出勤手当、年末年始出勤手当、ほか

 

その他手当

時間外手当(1分単位で支給)、通勤交通費(全額支給)、住宅手当、家族手当、ほか

●外部認定専門薬剤師手当
外来がん治療認定薬剤師をはじめ、会社が認める7つの外部認定資格のいずれかを取得した場合、月額50,000円の手当を支給。

●社内認定資格手当(薬剤師ステージ制度“JP-STAR”)
15ステップアップ研修や研修認定薬剤師、疾患別社内認定などの取得・修了状況に応じて与えられる「スペシャリスト薬剤師」としてのステージ認定に応じて、月額5,000円または10,000円の手当を支給。

⇒初任給の比較は薬剤師の初任給比較 大手調剤薬局チェーン版をご覧下さい。

 

 

昇給・賞与

昇給:年1回(4月) ※勤務成績に基づいておこなう
賞与:年2回(7月、12月)支給

 

福利厚生:退職金制度、定期健康診断、財形貯蓄、社内預金、団体定期生命保険、社宅制度、白衣、シューズ貸与、従業員持株会、保養施設、薬品使用料支給制度、JTB ベネフィット福利厚生サービスほか

勤務時間

実働8時間(週40時間のシフト勤務)

労働時間と拘束時間についてはこちらにまとめました。
 


 
 
 

休日・休暇

週休2日制(日・祝、その他1日)
年次有給休暇(法定に準じた日数分を付与)、慶弔休暇、夏季休暇2日、その他休暇

その他休暇:慶弔休暇(結婚休暇、配偶者出産休暇、忌引休暇)、産前産後休暇、育児休業、介護休業、介護休暇、子の看護休暇、裁判員休暇

退職金制度:有 ※3年以上勤務者対象、退職一時金・確定拠出年金

ここまで、日本調剤薬局募集要項より

日本調剤の退職金制度についてはこちらをどうぞ。

日本調剤に転職するデメリット

全国に店舗があるので、転勤は覚悟しておくべき。

どうしても自宅から通いたいという方はエリア勤務コースを選択するしかありません。

薬剤師会に入会していないので、県によっては学校薬剤師や輪番制などの業務に携われないこともあります。

pharma

これだけ大きい会社ですから、薬剤師会のような組織に入らなくても問題ないのでしょう。

日本調剤に転職するメリット

薬剤師の教育環境は十分整っているようですから、その点は心配いりません。

外来がん治療専門薬剤師と緩和薬物療法認定薬剤師には月額50,000円の手当が支給されますので、保有している方はおすすめです。

また、全国に店舗がありますので異動がしやすいというメリットも。

例えば旦那さんが転勤となった場合でも、仕事を辞めずに異動で対応できる可能性が高いです。

 
 
 

まとめ

  1. 全国転勤の覚悟は必要
  2. 日本全国に店舗があるのはメリットにもデメリットにもなる
  3. 外来がん治療認定薬剤師、外来がん治療専門薬剤師は月額5万円手当支給あり

 
 
 
※当サイトではこの会社への転職を推奨しているわけではありません。

転職を否定しているわけでもありません。

薬剤師一人一人で良いと感じるところ、悪いと感じるところは様々です。

また、各薬局によっても状況はだいぶ異なります。

あくまでもこういう会社があるという参考程度にご覧ください。

中途採用の条件を詳しく聞きたい、転職相談を受けたい

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイト経由がオススメ

新卒の場合は給与が決まっていますが、中途の場合は経験や能力によって変わります。

個人で直接申し込むのではなく、薬剤師転職サイト・エージェント経由での転職をおススメします。

 

年収や条件などの交渉は、プロのコンサルタントに任せた方が成功率が上がります。

 
日本調剤(日調)への転職ならこちらの薬剤師転職サイトがおすすめ

本当にオススメできる薬剤師転職サイトランキング

≫マイナビ薬剤師の詳細
≫ファルマスタッフの詳細
≫アポプラス薬剤師の詳細
≫薬キャリエージェントの詳細

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。
≫複数の薬剤師転職サイトに登録するのは今では常識

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

≫薬剤師が転職で後悔しないための8つの注意点

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

好条件の求人を逃さないためにも登録は本日中に!

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

pharma

どの薬剤師転職サイトに登録したら良いのか迷ったらマイナビ薬剤師ファルマスタッフの2つに登録してください。これであなたは転職に成功できます。

\調剤薬局への転職に強い転職エージェント/